【注意】アマゾン身バレ危機への対処法!本名がバレる!?

アマゾンの「ほしい物リスト」が、新規に保存を実行すると名前が本名に書き換わる仕様に改められていることが発覚。

ほしい物リストを公開しているアマゾンユーザーの間で騒ぎになっています。

その対応策なども見ていきましょう!

スポンサーリンク

身バレするってどういうこと?何が変わったの?

従来ニックネームでの公開が可能だったアマゾンのほしい物リストが、新規に保存を実行することで、アカウントサービスの「サインインとセキュリティ」に登録されている名前に書き替わってしまうというものです。

アマゾンがいつの間にか仕様を変更していたということです。どうやら2018年1月中旬ごろにはもうその仕様に変更されていたようです。

たいていは本名が登録されていることから、実質的に身バレの危機に瀕することになります。

では、応急処置的にどうすればいいのか?

身バレ防止対策は?(応急処置)

他人のほしいものリストを「リストに追加」するとアマゾンのアカウントに登録された名前が表示されます。
デフォルト設定はアカウント作成時に登録した名前になっています。

名前の変更はアカウントサービス>サインインとセキュリティ>名前から行えます。

よくわからなくて名前バレしたくない方は、一旦、欲しいものリストの非公開を推奨します。

注意喚起のツイートです。

アマゾンの今後の対応は?

今回の件についてはアマゾンJPからの公式発表はまだありません。ネットでの騒ぎが大きくなれば何らかの対応があるものと思います。

まずは、応急策で自己対応するしかなさそうです。

(関連記事)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする