佐賀の人妻プリン!味わうと病みつきにご注意!その誕生秘話に感動!

なんとも気になるネーミングで気になって仕方がない「人妻プリン」!食べて見たーいと思いつつ、ネットで人妻プリンのページを見てみるとそこには「人妻プリン」誕生秘話があってますます気になりました。

どんなプリンなのか早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

佐賀の人妻プリンとは?

この「人妻プリン」、実は、お寿司屋さんが作っているんですね。デザートとしてお店で出していたものだったそうです。商品のビジュアルは、こちらです。

引用:https://compass.shokokai.or.jp/41/412101S0014/index.htm

美味しそうです。プリン好きにはたまりません。

全体のビジュアルはこんな感じです。

引用:https://compass.shokokai.or.jp/41/412101S0014/index.htm

可愛らしいガラスの小瓶に入っています。全部で6種類の人妻が堪能できます。それぞれの人妻プリンには名前がついています。

  • 真由美のカスタード  390円
  • よしえの抹茶     450円
  • いづみのデカフェ   430円
  • 陽子のクレメンティン 430円
  • 真由美のラムレーズン 420円
  • 能美のきな粉       450円
  • 佐賀の人妻味比べ(6個詰合せ)2,550円

それぞれの名前は、本当に実在する人妻さん達でそれぞれの味の原材料の生産者さん達だそうです。ネーミングのしかたが面白いですよね。

一番はじめの真由美のカスタードが製造元の寿司屋の女将さん・真由美(まゆみ)さんが作り始めたものだそうです。

スポンサーリンク

人妻プリン誕生秘話に感動!

この人妻プリンの誕生には、作っている寿司屋の大将と女将さんの夫婦愛のストーリーがあります。このストーリーを取材した動画がありますので見てみましょう。

この動画を見て、こういうご夫婦が作っているプリンなら美味しいに違いないと思いました。でもこの大将(旦那)は素敵ですね。女将さんへの愛情が凄いです。

ガンを宣告された女将さん(妻)の看病をして、奇跡的に回復したのを機に女将さんのためにこの人妻プリンを商品化するなんて本当に素敵です。ユーモアのセンスも抜群ですし、きっと面白い大将なんだと思います。女将さんも明るく、ほがらかな感じでおしどり夫婦なんでしょう。今は元気にプリンを作って全国に届けています。

この人妻プリンは、インターネットからも購入が可能です。気になった方はぜひご賞味ください。こちらのサイトから購入可能。

まとめ

  • 人妻プリンは6種類、価格も390円~450円とお手頃価格でインターネットかも注文可能
  • 人妻プリンの誕生には、作っている夫婦の愛情ストーリーがあり感動!

いつか佐賀県にお邪魔して実際にこのご夫婦にあってみたくなりました。将来の旅のプランに組み込んでおきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする