【世界の何だこれミステリー】入ると体がピリピリする建物の場所はどこ?茶臼山カエル館か?

「世界の何だこれミステリー」で気になる噂の都市伝説コーナーで人が入ると体がピリピリする建物というのが紹介されます。

どんな建物なのか?

その建物の場所がどこにあるのかも気になりますね。

予告からは、どうも長野県根羽村にある茶臼山カエル館のような感じがします。

早速調べてみました!

スポンサーリンク

【世界の何だこれミステリー】入ると体がピリピリする建物の場所はどこ?

引用:https://www.fujitv.co.jp/sekainonandakore/

番組の予告ページには、上の画像の建物が人が入ると体がピリピリする建物のようです。

結構森の中にある別荘のような雰囲気の場所ですね。

建物の壁には大きな白い看板のようなものが見えます。

なにかの管理事務なのか、郷土資料館のような建物ものなのか。

番組を見てみないと詳細がわかりませんが、

おそらくこの建物は、長野県根羽村にある茶臼山カエル館ではないかと予想します。

茶臼山カエル館の場所はどこ?

茶臼山カエル館は、長野県では有名なパワースポットの一つです。

ローカルテレビでは、何度かその不思議な現象を取り上げています。

まずは、茶臼山カエル館の場所から見ていきましょう!

カエル館 (茶臼山高原両生類研究所)

  • 場所(住所) 〒395-0701 長野県下伊那郡根羽村 茶臼山高原 3370−1
  • 電話 0265-49-2580
  • 営業時間 4月下旬~11月初旬 10:00~16:00
  • 休業:月・木(7月23日~8月27日を除く) 今シーズンは11月3日まで開館予定です。

位置的には、長野県と愛知県の県境付近です。結構な山の中という場所です。

パワースポットのカエル館の口コミを調査!

引用:Googleローカルガイド

茶臼山のカエル館には、強い磁場がでている本当のパワースポットがあるようです。マジか~!

実際に現地に行った人の口コミを集めてみました。

最高に面白い施設!
新種のカエルを見れるなんて!
ここにある大きな木や石に手をかざすとビリビリするほどパワーが来たのにビックリでした!
絶対に一度は行くべき^_^

鳴き声はいつでも聴けるわけではなくDVDで見せてもらえるアイデアは良いと思えました。蛙のことに関して無知なのですが、魚の水族館のように住む場所をもう少し再現して欲しかったです。肝心の見え難くなるかもしれませんが。室内にパワースポットで筆者は何も感じませんでしたがつれはピリピリした感じがしたと言っていました。
ワンと泣くカエル面白いです。
パワースポットがすごいです。磁力を感じました。
磁気を感じる人とそうでない人がいるようで個人差があるようです。
体がピリピリ感じる人は、磁気を感じやすい人なんでしょう。
一度いって体感してみたいですね。

ローカルテレビでも特集された茶臼山カエル館のパワースポット!

2019年10月に愛知の中京テレビが茶臼山カエル館のパワースポットの特集番組を放送していたようです。

中京テレビのホームページに詳しく掲載されています。

パワースポットを科学的に解明しようと調査している名古屋にある「椙山女学園大学」の山根一郎教授が同行してパワースポットの調査をしています。

この時の調査時点では、なぜ人がピリピリと感じたり、体温が上がったりするのかはわかりませんでした。

「そこでなぜ人がビリビリを感じたり、温かくなるのかという理由はまだわかりません」(椙山女学園大学 山根教授)

引用:https://www2.ctv.co.jp/news/2019/10/03/66933/

山根教授は、引き続きカエル館のパワースポットの謎を調査していくそうです。

何だこれのミステリーでも山根教授が登場するかもしれませんね。

まとめ

「世界の何だこれミステリー」の都市伝説コーナーで取り上げられた「入ると体がピリピリ感じる建物」は、長野県根羽村にある茶臼山カエル館。

この茶臼山カエル館の場所は、磁場が強いスポットがあることがわかっていて、感じやすい人は、本当にピリピリと感じるようです。

「椙山女学園大学」の山根一郎教授が科学的に調査していて、その結果が早くしりたいですね。

新しいことがわかれば追記していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク