林修の2016年の年収が1億超えでやばかった?!本業の秘密と2017年も稼ぎ続ける訳とは?

ここ数年でほんとうによくテレビで見かけるようになりましたね。本業は塾の講師のはずですが、テレビ出演をきっかけに2016年の年収はやばいことになったでしょう。2017年も稼ぎ続けているのでまたまたやばいことになるはずです。でも本業のほうはどうなっているんでしょうか。その秘密についてもみていきたいと思います。

林修の定番ポーズの一コマです。

引用:ワタナベエンターテイメント

「いつやるか?今でしょ!」決めポーズ。そう言えば最近あまりテレビでやらなくなったような気がします。

スポンサーリンク

林修の2016年の年収がやばい!?

まずは収入源ですね。大きく3つある状況です。

  • 本業の東進ハイスクール
  • タレント活動
  • 講演会・本の出版

3つ以上の顔を持ってるんですね。それぞれの収入を推測してみましょう。

東進ハイスクール

テレビ等で有名になる前から塾講師としては、カリスマ講師、東大入試引受人として受験生からは絶大な人気を誇っていたようです。しかも今や東進ハイスクールでも知名度・実力ともに看板講師として地位を確立しているので収入はTOPでしょう。うわさでは東進ハイスクールのトップクラスの年収が3,000万円といわれています。それを考えるとさらに上である可能性が高く、4,000万~5000万円と考えても不思議ではないですね。

タレント活動

2016年のテレビ番組への出演回数から推測するとやばい収入に!!

テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターの『2016タレント番組出演本数ランキング』によると、林修は、なんと「19位(382) 林修」382本の番組出演本数!!

2016年は毎日テレビに出ていたことになります。しかも1日2回以上出演する日もあったということです。

超売れっ子タレントじゃないですか!しかも超多忙でしょ!

1本あたりの出演ギャラについては、どこにも情報がありませんがレギュラー番組だけでも5本持っていることを加味して均して想像するに1本あたり30万円と見積もると、

30万円✕382本=1億1460万円となります。

本業超えてるー!!

講演会・出版関係

林修の講演料についても確かな情報はありませんが、噂では講演料は50~100万円といわれています。講演回数についても不明ですが、仮に月1回とすれば年間12回。講演料は低く見積もっても年収600万円です。そう言えば数ヶ月前にうちの近くにも教育関係の基調講演で彼が登壇していました。

さらに本の印税収入があります。林修氏の本はアマゾンで検索すると自己啓発本~ビジネス書まで10冊がヒットします。その中でも初著作『いつやるか?今でしょ! 今すぐできる45の自分改造術!』(2012年3月10日発売)

自己啓発本となりますが、小さな決断をいかにしていくか林氏の体験からわかりやすく書かれています。若い人にお勧めの本です。

第2弾著作『今やる人になる40の習慣』(2012年4月15日発売・共に宝島社)

前作と似たような内容となりますが、こちらのほうがより実践的で今やろうと決断していくための習慣づくりについて書かれています。より行動しやすい内容となっています。

これら2冊が発売当初、週間1.9万部、1.5万部を売り上げオリコン“本”ランキングBOOK(総合)部門で、5位、8位となり初のTOP10入りを記録したことがありこの類の本としてはベストセラーになりました。他8冊についてもそこそこ売れていると仮定してトータルで10万冊出版されたとするとその印税(10%と仮定)は約1000万円程度と推測されます。凄いですね。ただし2016年の収入で考えると1/3程度として約300万円程度かと思われます。

他の活動に比べれば微々たるものでしょう。

2016年のトタール年収(推定)は?

各収入源をまとめると以下のようになります。

  • 本業の東進ハイスクール    5,000万円
  • タレント活動      1億1,000万円
  • 講演会・本の出版        900万円
  •                        合計:1億6,900万円

 いやー凄いですね!!タレント活動が億超えですからダントツ稼いでますね。

スポンサーリンク

本業の秘密

これだけ稼いで超多忙なのに本業はどうしているのかちょっと気になりますよね。実は、東進ハイスクールは授業に動画を活用しいるようです。カリスマ講師の講義を撮影しておけば使い回しができるので毎回講義を行う必要もない仕組みを構築しているようです。効率的ですね。

もちろん生の講義もちゃんとおこなっているようですけども。

2017年も稼ぎ続けるわけ

現在、2017年もいまのところ林修氏の人気は衰えを感じさせません。したがって引き続き2018年も勢いを保ったままだと思います。カリスマ講師の人気は不動ですし、テレビ的にも彼のキャラはライバルがほぼいないと言っていいので独自性を保ったままいけるのではないでしょうか。すごくいいポジションをとりましたね。さすがです!

まとめ

  • 林修の2016年の年収はやばかった!2017年も凄そう!
  • 本業の秘密とは、東進ハイスクールの講義スタイルはITを活用して効率的な講義を運営していること。それによって林修氏も時間的余裕が生まとれタレント活動との掛け持ちが可能になっていると推測
  • 2017年も稼ぎ続ける訳はカリスマ講師、タレント活動ともに超順調

2018年も引き続きテレビで彼のわかりやすい説明を聞くことができそうで楽しみですね。二足、いや三足のわらじを履きつつもタレント活動でも不動の地位を築きつつあるように思います。引き続き興味深い話をお茶の間に届けていってほしいと期待しています。

(関連記事)

(おすすめ記事)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする