上沼恵美子の旦那の職業や学歴は?旦那が夫源病の原因とは?

上沼恵美子さんは、芸歴も長く関西の女帝との異名も持っています。そんな上沼恵美子さんですが、旦那さんとはかなり不仲で、それでも我慢して家庭を支えてきたようです。

しかし、旦那さんが定年退職して家にいるようになると、我慢の限界に達してしまったようです。そしてあまりのストレスで「夫源病」というストレス性の病気になってしまいました。

それほどストレスになっている旦那の職業や学歴などを調査しつつ、夫源病にかかる原因についても考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

上沼恵美子の旦那の職業は?

上沼恵美子さんは関西では、トークやバラエティー番組ではご意見番的な存在で、ズバズバコメントされるスタイルは、人気がありみているほうも楽しめます。

そんな上沼恵美子さんの旦那さんってどんな人いうのが気になりますね。

まずは旦那さんの職業ですが、同じテレビ業界の人だったようです。なんと勤めていた会社は、関西テレビです。関西テレビでは、常務取締役まで上り詰めた人だったようです。定年間際は、関西テレビ系列の関連会社の社長・会長という形で定年を迎えています。大会社の取締役のお決まりコースですね。

それでもサラリーマン人生では、間違いなく勝ち組のエリートコースを歩んだ人だと思います。

ちなみに、旦那さんの名前は、上沼真平さんです。

引用:https://geitopi.com/

上沼恵美子さんも貫禄ありますが、旦那さんも社長という雰囲気ありますあね。

スポンサーリンク

上沼恵美子の旦那の学歴は?

大企業の常務取締役や子会社の社長などの経歴があると学歴や経歴などは、それなりに公開されてしまうので調べるとすぐに出てきました。

しかも、ウィキペディアにもありますね。

出身は、大阪府八尾市で父親は毎日新聞の論説委員というメディア関係者という環境の中で育ったようです。母親も大地主の娘だったようで、家庭環境はかなり恵まれた裕福な環境だったようです。

小学校は、大阪府池田市立石橋小学校を卒業。大阪教育大学附属池田中学校を経て、1965年に関西学院大学を卒業して、新卒で関西テレビに入社しています。

この学歴をみてもエリートコースという感じです。

旦那が夫源病の原因とは?

一般的には、旦那さんの学歴や経歴をみると立派な人のようにとらえられると思いますが、どうも私生活のほうは、奥さんになんでも頼るダメ男に分類される人だったようです。

上沼恵美子さんは、ある番組でも旦那さんのことを、「昭和の父親のような人物。家事は全て恵美子に任せ、靴下も自分で出そうとせず、恵美子が用意するまで座って裸足で待っている程。“おーい”と呼んだら、すぐに恵美子が飛んでいってあげないと駄目な方」。

うーん、自分の父親がこんなんだったら嫌ですね。

さらに追い打ちをかけたのが、旦那さんが定年退職して家にいるようになったことで、旦那さんの要求がエスカレートしたことでしょう。

上沼恵美子さんの性格上もストレスが貯まる状況だったと思います。とうとう毎日顔を合わせることに精神的なストレスもピークに達して、身体にも変調をきたすようになってしまいます。不眠、倦怠感、頭痛などのストレス症状がでて、病院で見てもらうと「夫源病」という診断に。

こういうパターンの症状が出る病を「夫源病」というそうです。まさに字のごとく「夫」が原因の病気というなんとも日本の現代社会を表す病気ですね。

女性の場合は、更年期とも重なりホルモンバランスが崩れることでただでさえ体調が悪くなりやすいところにストレスがかかることでなってしまう病気のようです。

この病気は、多分日本特有の精神疾患のように思います。しかも昭和世代の女性がもっともかかりやすい病気でしょう。

ライフスタイルや女性の考え方が大きく変化している平成世代では、発症しない病気ではないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

  • 上沼恵美子の旦那の職業は、現在(2018)は定年退職して無職です。退職前は、関西テレビの常務取締役や関連会社の会長などを歴任。
  • 上沼恵美子の旦那の学歴は、大阪の名門中学の大阪教育大学附属池田中学校から関西学院大学を卒業のエリートコース。
  • 上沼恵美子さんは、旦那がストレス原因の「夫源病」にかかる。

女性の中では先進的な上沼恵美子さんと言えども、日本の社会規範の呪縛からはなかなか逃れることができなかったようです。

精神的なストレスの原因は、考え方や性格による部分が大半でしょうから、そうなったらストレス原因から一旦は離れるしか対処法はないでしょう。

その上で新たな価値観や考え方を自分にインストールして、自分らしくストレスのない生き方をしたほうがいいのではないかと思います。

上沼恵美子さんが旦那と別居しているというのもベターな対処法だと思います。

一度こうなってしまうと夫婦関係の修復は難しいかもしれませんね。それでも自分の健康が第一ですから、引き続きパワフルな姿がテレビでみれると嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする