石田ゆり子が実年齢よりも若く綺麗に見える秘訣は、ピラティスにあり!

女優・石田ゆり子さんは、今年(2018年)の誕生日(10月3日)を迎えると49歳となります。

石田ゆり子さんを見ているとそんな年齢には見えないですね。

実年齢よりも若く綺麗に見える秘訣は、すでに10年以上続けているピラティスというエクササイズにあるようです。

早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

石田ゆり子が実年齢よりも若く綺麗に見える秘訣は、ピラティスにあり!

石田ゆり子さんのインスタを見ていると度々、ピラティスをしている動画をアップされています。例えば、こんなインスタです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ある日のピラティス。 これは マーメイド、という名前のついたトレーニングです。 先生の細やかな指示通りに 体を内観しながら動かす。 簡単そうでこれがなかなか! 継続は力なり。 そして運動は、魂を救う! もっともっと運動したい。 以下、先生より補足! 👏🏻 マーメイドは身体の側屈のエクササイズ。マットの上ではないので、下半身ののコントロールも上半身のコントロールもかなり必要です。身体全体が、一枚のしなる板のように自分を、支えたり、伸ばしたり、戻したり。 全てを、分散させつつ繋ぎあわせ、巡らせる。 コントロールが難しいエクササイズです。 #ユリコピラティス

石田ゆり子さん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿 –

石田ゆり子さんの体が柔らかいですね。羨ましいです。さすがに長年ピラティスを続けている効果でしょうか。

もう一つのインスタもどうぞ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ピラティスをずっとやっている、と言葉で言っても、 ほとんどの方々は ヨガとどう違うの?とか、 その場で何かやってみて、とかおっしゃる😂 ピラティスはもともと、 リハビリからきている医療的な要素もあり、 とても理論的な運動です。 先生の細やかな指示に対して 自分の体の内面を見つめながら勢い任せではなく、ゆっくりと、正確に動かし続ける。 最初のうちはほんとうに、 頭の中がパニックになる感覚もありましたが 慣れてくるとすぅーっと気持ちよく、心と体が繋がり 自律神経も運動神経も整い 体幹が安定し、柔らかくしなやかな筋肉がつき 骨格が可愛く(と、わたしは思う)整い、体の線も 動きも美しくなる。 そして、 老若男女問わずだれでも いつからでもはじめられる。 素晴らしい運動なのです! わたしはピラティスはじめて もう12年ほどになりますが 一生続けるライフワークだと 信じています。 ちなみにこの運動は シングルサイストレッチという トレーニングです。 地味に辛い…😂 #ユリコピラティス

石田ゆり子さん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿 –

このエクササイズは、アスリートのようですね。

ピラティスというのはヨガとは違うようです。ピラティスは、リハビリから開発された医療的なエクササイズでもあるんですね。

もともとは、1920年代にドイツ人の従軍看護師・ジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティスが開発したエクササイズのようです。

目的としては、患者さんの身体機能の回復を期待したもので、全身の骨格や細かな筋肉を調整していくエクササイズだそうです。

石田ゆり子さんのインスタのコメントを見ているとかなりのピラティス上級者のようです。36歳ぐらいからピラティスを始めて、今まで続けているんですから凄いです!

その継続の成果もあって、実年齢よりも若々しく、スタイルも維持されているんですね。

あの柔らかい外見の雰囲気からは、私頑張ってます感はまったく感じさせない点も魅力の一つかもしれません。

関連記事:石田ゆり子の現在(2018)の年齢が48歳!結婚願望はあるができない理由が判明!

スポンサーリンク

石田ゆり子的ピラティス効果とは?

慣れてくるとすぅーっと気持ちよく、心と体が繋がり 自律神経も運動神経も整い 体幹が安定し、柔らかくしなやかな筋肉がつき 骨格が可愛く(と、わたしは思う)整い、体の線も 動きも美しくなる。
引用:石田ゆり子公式インスタ

石田ゆり子さんにピラティスの効果を言われるとやってみたくなりますね。

ピラティスは、心と体を整えるエクササイズのようです。

現代人は、心も体もみだれまくっていますからピラティスのようなエクササイズは、多くの人に必要かもしれません。

でもまだまだマイナーなエクササイズですね。周辺の人にピラティスって聞いたことあると尋ねても100%知りませんでした。何か新しいスイーツと勘違いする人もいたぐらいです。^^;

ピラティスってどこで習うの?

ネットで「ピラティス」と検索するといくつもピラティスの教室がでてきますね。しかし大部分は、東京や主要都市での展開のようです。

はじめは、きちっとしたインストラクターがいる教室で基本をならいたいものです。

世界的には、ピラティスメソッドアライアンス(PMA)というピラティスの専門家で組織する非営利団体(アメリカ・フロリダ)があります。政府公認の組織でPMAの認定を受けたピラティスインストラクターは、病院などでも専門家として優遇される仕組みができあがっています。

日本にはまだPMAのような全国のピラティス専門家をとりまとめる非営利組織はないようです。各団体がそれぞれに専門家の養成や認定をおこなっているようです。

日本にも何人かは、PMAの認定を受けている専門家がいるようですので、まずはそのような専門家がいる教室に行ってみるのも良いかもしれません。

元祖からピラティスを勉強してみたいという場合は、ジョセフ・ピラティスさんの著書が日本語訳されています。

この本から日本のPMA認定インストラクターを辿っていくというのも手ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

  • 石田ゆり子さんが実年齢よりも若く綺麗に見える秘訣は、ピラティスというエクササイズだった。
  • ピラティスは、全身の骨格や筋肉を細かく調整していくエクササイズで、自然と心も整ってくる身体調整法だった。
  • ピラティスは、1920年代に開発されたエクササイズで世界的に広まってきていて、アメリカにはPMAという非営利の専門家組織ができている。

石田ゆり子さんも長年のピラティス実践者でその効果は、実証済みですね。ピラティスは、生涯続けていけるエクササイズなので、石田ゆり子さんもライフワークとしていくようです。

ピラティスは、体と心に効くエクササイズのようですので、トライしてみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク