年末ジャンボ宝くじ2018の発売日は?当たる確率UPの購入日はいつ?

2018年も残り3ヶ月ほどになりました。もうすぐ年末の足音が聞こえてきますね。

年末が近くなるとなぜか年末ジャンボ宝くじが気になりだします。

今年こそはと思いつつ年1回夢を買うという行動をしている人も多い思います。

2018年の年末ジャンボ宝くじの発売日やすこしでも当選確率を上げるためにいつ買うのがいいのか、金運UPの日を調査してみました。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

年末ジャンボ宝くじ2018の発売日は?

年末ジャンボ10億円(1等前後賞こみ)の2018年の発売日は、

  • 2018年11月21日(水)発売~12月21日(金)終了

抽選日は、恒例の大晦日!

  • 2018年12月31日(月)抽せん(抽せん会場:未定)

発売額は、1,440億円(24ユニット/1ユニット:60億円)

1ユニットは、1,000万枚(100001番~199999番✕1組~100組)ですから、今回の年末ジャンボ宝くじは、2億4,000万枚発行されるようです。

スポンサーリンク

当たる確率UPの購入日はいつ?

年末ジャンボ宝くじの発売日(11月21日~12月21日)に合わせて金運up、開運upの日を調べてみました。

日付

開運・金運up日

11月21日(水)大安 大安+巳の日
11月26日(月)仏滅 一粒万倍日
11月28日(水)赤口 天赦日
11月30日(金)友引 寅の日
12月3日(月)大安 ◎ 大安+己巳の日
12月7日(金)大安 大安
12月9日(日)先勝 ◎ 一粒万倍日
12月10日(月)友引 一粒万倍日
12月12日(水)仏滅 寅の日
12月14日(金)赤口 鬼宿日
12月21日(土)先勝 ◎ 一粒万倍日

発売期間の2ヶ月間の中には、金運up、開運upの日が11日ありますので、いずれかの日に購入してみるのも当選確率を上げるのにいいかもしれません。

上の開運日でもさらにいい日をオレンジで表示しています。その中でも更に運気が上がる日を◎で表示しています。

現代ではあまり馴染みのない開運日の意味を見てみましょう。

「大安」は、よく聞くけど他の開運日についてはあまり知られていないかもしれないので簡単に説明してみます。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

一粒の籾が何万倍にも稲穂が実るというとても良い日です。物事を始めたり、開店、貯金などを始めるにはとても良い日です。宝くじの購入にもいい日です。

他の吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なったら半減するといわれているので合わせてみるのがいいですね。

天赦日(てんしゃにち、てんしゃび)

天の神々が万物の罪をゆるす日と言われていて、年に5~6回しか巡ってこない大吉日と言われています。天赦日と一粒万倍日が重なる日は最強の開運日!宝くじを買うにはベストな日でしょう。

寅の日(とらのひ)

十二支の寅に当たる日で、金運に良い日です。寅は「出て行ってもすぐに戻ってくる力を持っている」といわれていて、出したお金もすぐに戻ってくると信じられて金運upの日とされています。財布の買い替え、宝くじ購入、お金に関係することは何でもOK。

逆に寅の日にやってはいけないことは、出戻られては困る結婚や葬式ですので注意しましょう。

巳の日(みのひ)

十二支のにあたる日です。弁財天にゆかりのある日で巳の日も金運upに効果があります。財布の購入や宝くじの購入におすすめの日です。

己巳の日(つちのとみ)

60日に一回めぐってくる最強の金運up日です。弁財天のパワーがアップする日ですから宝くじの購入に超おすすめの日です。

鬼宿日(きしゅくび)

東洋の占星術宿曜(しゅくよう、すくよう)28宿のうちもっとも良い日とされています。鬼たちが家でおとなしくして悪さをしない日と言われています。ですので、宝くじ購入におすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 年末ジャンボ宝くじの発売日は、2018年11月21日(水)発売~12月21日(金)終了。
  • 年末ジャンボ宝くじに当たる確率があがる購入日がある。

年末ジャンボ宝くじは、10億円ですから夢がありますね。夢に近づくにはそれなりの努力も必要です。開運・金運up日を見定めて購入するという行動が運をもたらすかもしれませんね。

個人的には、最終日の12月21日(土)先勝+一粒万倍日に朝一で購入してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク