【このマンガがすごい!】森山未來の潮が最高!現在はダンスで活躍!?

テレ東で10月5日(毎週金曜深夜0時52分~1時23分)からスタートする「このマンガがすごい!」がおもしろそうです。

蒼井優さんがMCを努めますが、演技派の俳優さん達に実写化したいマンガの主人公を演じてもらうという企画です。

第1回は、森山未來さんが「うしおととら」の潮を怪演?熱演するようです。

森山未來さんは、『世界の中心で、愛をさけぶ』、『北のカナリヤたち』、『苦役列車』、『モテキ』などの作品を思い出しますね。

最近は、子供の頃からやっているダンスに力点を置いて活動しているようです。

テレビに登場するのは久々のような気がします。

今回は、森山未來のさんの細マッチョな肉体美も見れそうです。

「このマンガがすごい!」第1回の内容や森山未來さんの現在の活動内容などを見ていきたいと思います。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

【このマンガがすごい!】森山未來の潮が最高!

この番組は、深夜枠スタートですが人気がでそうです。第1回が森山未來さんですからとても期待です。

森山未來さんが選んだマンガは、藤田和日郎さんの人気マンガ「うしおととら」で、その主人公の蒼月潮(あおつき・うしお)の実写にチャレンジしています。

番組予告に森山未來の実写版・潮が少し見れます。

この予告動画をみるだけでも森山未來さんの潮をもっと見てみたくなりますね。

しかし、最近の特殊メイクや映像技術はすごいです。どこまでVFXなのか見分けがつかないくらいです。

「このマンガがすごい」第1回の感想

森山未來さんの潮になりきり度は、半端ない感じの完成度でした。

番組の企画としては、とても興味深いので次回も見てみたいと思いますが、個人的にはちょっと物足りない残念な点もありました。

蒼井優さんもドラマに出てくるのかと思いきや、何も登場しなかったのでどうせなら出てほしかったですね。

潮の相手役のヒロインを決めるオーディションをやっていたのですが、結局オーディションの結果は視聴者にはわからず、だれもドラマに登場していなかったですね。

声だけの登場だったのかもしれませんが、オーディション参加者の誰の声だったのかもわかりませんでした。

ちょっと見てる方からすると、え???となる展開でした。

第2回目がどのような構成になるのか注目していきたいと思います。

マンガ・アニメ「うしおととら」について

  • 通称「うしとら」。
  • 週刊少年漫画雑誌『週刊少年サンデー』(小学館)1990年6号から1996年45号にかけて連載。
  • 単行本は少年サンデーコミックス全33巻+外伝1巻、同ワイド版より全18巻、小学館文庫より全19巻。
  • 2015年夏にテレビアニメ化

テレビアニメ化された当時のPVがありましたので見てみましょう。

これが実写化されたら面白そうです。森山未來さんの潮の反応が良ければ、実写版もあり得るかも^^;

スポンサーリンク

森山未來の現在(2018)は?ダンサーなの!?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

森山未來さんは、兵庫県神戸市出身の現在34歳(2018年)です。中堅の実力派俳優さんですね。

森山さんは、5歳からジャズダンス、6歳からタップダンス、8歳からクラシックバレエとヒップホップを始めて、小学時代は劇団ひまわりに所属していました。

2003年の連ドラ『WATER BOYS』でメインキャストで出演し、一躍注目を浴びました。

その後、映画やドラマで活躍したのはよく知られているところです。

2016年には、オフィス作を退所して、独立し主に舞台やイベントでダンスを披露しているようです。

最近、テレビなどで見ないと思ったら、ダンスで活動してたんですね。

スポンサーリンク

まとめ

  • ドラマ25【このマンガがすごい!】森山未來の潮が最高!
  • 森山未來の現在(2018)は、ダンスをメインに活動中。

森山未來さんは、実力演技派の俳優さんですから今後またテレビドラマなどに出てきてもらえると嬉しいですね。

その点では、今回の「このマンガがすごい!」の登場は、楽しみです。

次回は、東出昌大さんが「龍-RON」というマンガの主人公・押小路龍役にチャレンジします。

この「龍-RON」というマンガは、第41回小学館漫画賞青年一般部門を受賞しています。剣の道を志す主人公の話です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク