福地啓介くんのプロフ(wiki風)を調査!出身、学校はどこ?

オセロ世界一になった福地啓介くんが話題ですね。それもそのはず、最年少(11歳)のオセロ世界王者ですから話題にもなりますね。

今回は、そんなスーパー天才小学生の福地啓介くんのプロフィール、出身学校などを調査してみました。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

福地啓介くんのプロフィール(wiki風)!

引用:https://mainichi.jp/articles/20181015/k00/00e/040/186000c

まだこんなあどけない子がオセロ世界チャンピオンというのに驚きますね。

  • 名前 福地啓介(ふくちけいすけ)
  • 生年月日 不明(※誕生年は、2007年で11歳・2018年現在)
  • 出身地 神奈川県横浜市
  • 家族 両親、兄弟姉妹不明
  • 特技 オセロ

いったいどんな思考回路なのかみてみたいですよね。生まれながらにもっていた才能なのか?

ご両親の育て方なども気になります。

両親と一緒に写る貴重な写真が1枚ありました。

福地啓介くんが小1のときに「小学生グランプリ」で優勝し、横浜市の柏崎副市長がお祝いをしたことがニュースになっています。

引用:https://www.townnews.co.jp/0105/2014/11/20/260557.html

福地くんの父親は、背が高くて真面目そうな方です。母親も優しそうな方ですね。福地くんは、お母さんに似ているような気がします。

このニュース記事の中で、福地くんがオセロを始めたきっかけは、6歳のときに母親がオセロをすすめたことで一気にハマってしまい本やパソコンのオセロソフトでメキメキ上達していたったそうです。

福地啓介さんは、小1(7歳)の時にすでに国内の「オセロ小学生グランプリ」で優勝し、小2(7歳)の時には、全日本選手権に出場して最年少記録を打ち立てています。

マジ凄いスーパーオセロ少年だったのです。

今回の世界選手権出場、そして世界一も必然だったのかもしれません。

世界選手権に向けた意気込みを語った福地啓介くんの貴重な動画があります。

小学生のコメントとは思えないほどしっかりしてますね。

スポンサーリンク

福地啓介くんの通う小学校はどこ!

日本でも2018年のオセロ日本一を決める大会で優勝していて、天才オセロ少年として有名になっているので、どこの小学校に通っているのかも噂になっていますね。

福地啓介くんは、東希望が丘小学校(神奈川県横浜市)に通っているようです。

東希望が丘小学校でも今回のオセロ世界一は、とても話題になることでしょう。

地元でも祝賀モードでしばらくザワザワしそうですね。

ご両親も嬉しい反面、対応に大変かと思ってしまいます。

福地啓介くんの今後の進路や夢はなに?

11歳でオセロの言わば頂点を極めてしまったことで、これから毎年世界タイトルの防衛戦ということなりますね。

オセロにも段位があって、9段が最高位(名人)です。福地啓介くんは、日本オセロ連盟認定段位で現在6段です。

今回の世界選手権の優勝で7段に昇段するかもしれませんね。しかし、まだ9段(名人)まではもう少しあるので当面の目標(夢)は9段でしょうね。

今のペースならオセロ界の最年少記録をまた更新しそうです。将棋界の藤井聡太と言われるのも納得ですね。

ただオセロ界には、プロプレイヤーというのは存在しないようです。そう言えば聞いたことがないですよね。将棋や碁のプロ棋士ならいるのですが、オセロには存在しない。

プロがいても良いんじゃないと思ったりしますが、現実は厳しいようです。オセロで飯は食っていけないようです。

福地啓介くんがオセロのプロプレイヤーというのはなさそうです。

オセロ世界選手権の優勝賞金はいくら?

そう言えば今回のオセロ世界選手権の優勝賞金も3000ドル(約30万円)という少なさです。

世界タイトルマッチで30万円はあまりにも少なすぎると思ってしまいます。

この優勝賞金では、今回の試合会場(チェコ・プラハ)までの旅費もペイできずに持ち出しになってしまいます。(・_・;)

オセロは日本発のゲームですが、世界選手権が開催できるぐらいに競技人口がいるのにプロがいないというのは残念なように思います。

今は、ネットを使ったオセロのゲーム(オセロニア)なども人気がでていますし、オセロのプロプレイヤーが出てきてもいい世界ができつつあるようにも思います。

今後に期待ですね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 福地啓介くんは、まだ11歳の小学5年生。
  • 福地啓介くんの通う小学校は、神奈川県横浜市にある東希望が丘小学校の可能性が高い。
  • 福地啓介くんの当面の目標は、9段(名人)。
  • オセロ世界選手権の優勝賞金は、3000ドル(約30万円)しかない。

福地啓介くんの今後の成長に注目ですね。どんな大人になって社会に貢献してくれるのか楽しみです。

ちなみに以前のオセロ世界最年少記録保持者は、日本人(谷田邦彦さん)で谷田さんが15歳(1982年当時)のときに優勝しています。

福地啓介くんは、この谷田さんの最年少記録を36年ぶりに更新した日本人という快挙だったんですね。

さらに驚くべきニュースがあったのですが、福地啓介くんが世界一になって帰国のときに乗ったANA飛行機の機長がその谷田邦彦さんだったという奇跡がありました。

谷田機長のスピーチ動画があることにおどろきますが、しかも300万再生という注目度です。

谷田機長のすばらしいサプライズスピーチでした。

世界最年少記録保持者(谷田邦彦さん)がその記録を破った福地啓介を自分が操縦する飛行機に乗せて日本に届けるという奇跡、まさに鳥肌ものです。

しかしながら、日本のオセロチームは世界最強なんですね。しらなかった。^^; これを機会に注目度がUPすればいいですね。

追記)

新しい情報では、今回の谷田機長のサプライズはANAの粋な計らいもあったようです。ANAでは、オセロ日本選手権団が搭乗するのは事前にわかっていたので、オセロ最年少記録を持つ谷田機長をその便になるように計画していたようです。

まあ、ANAの完全な仕込みだったわけですが、まさか福地啓介くんが世界一になって最年少記録が更新されるとは思っていなかったようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク