嵐・リーダー大野智の休止コメント全文まとめ!タッキーとの不仲説も!?

ジャニーズの「嵐」が本日、2019年1月27日(日)午後5時頃に公式ファンサイトに2020年12月31日に活動を休止すると発表しました。

嵐メンバーの活動休止コメント全文まとめ!

リーダー・大野智

二宮和也

櫻井翔

松本潤

相葉雅紀

メンバー全員のコメントを読んでみると、活動休止を持ちかけたのはリーダーの大野智さんだったようです。

大野智さんの思いは、この一文に詰まっているような気がしますね。

「一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」

確かにトップアイドルが常に抱える苦悩をダイレクトに表現しています。

嵐としての活動が20年という区切りを迎えるにあたって、このタイミングしかないだろうというリーダーの想いもあったのかもしれないですね。

でも、ちょっとうがった見方で今回のこのタイミングでの発表をみると事務所や各メンバーのいろいろな思惑も見えてくるかもしれません。

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所の次期後継者・タッキーとの不仲説はありうる?

嵐メンバーとタッキーの不仲説については、有名なところは櫻井翔とタッキー(滝沢秀明)ですね。

二人は、ほぼ同期でタッキーが数ヶ月だけ先輩という関係です。タッキーが活躍するなかで櫻井はほぼ同期の活躍にやや嫉妬していたようです。

タッキーも当時は、自分だけが目立っていたことに周りからのやっかみや嫉妬を感じていたようで、まわりはみんな敵という感覚だったそうです。

そりゃーお互い疎遠になりますよね。

「櫻井・有吉 THE夜会」で二人が共演し、不仲説を徹底的に追求したことがありましたが、最後はお互いに思っていたことを話をして、最後にハグをしてわだかまりがなくなったかに見えていました。

ただ、その後はタッキーが芸能活動を引退し、裏方、マネージメント側にまわることになり、そこからまた、二人に距離ができていったのではないかと思われます。

今回の嵐の活動休止についても事務所側との協議にタッキーは入っていたでしょうから、意見の食い違いが出ていた可能性はありえますね。

櫻井翔のコメントにあるように2017年6月から嵐の活動をどうするか話あってきたと言っています。

休止という結論を出すのに様々な調整の時間が必要だったのは容易に想像できますね。

嵐の活動休止についての本当の理由については、今後いろんなところか漏れ聞こえてくるかもしれません。その中に事務所側(マネジメント側)との意向の食い違いも出てくる可能性は否定できないかもしれません。

今後の動向に注目していきたいと思います。

(関連記事)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク