星野源の新らしい曲名がオールナイトニッポンと本人ツイッターで公開!?新曲は『ドラえもん』ってどういうこと?

ドラマや歌手としても大注目の星野源さん。あの国民的アニメ『ドラえもん』にも楽曲を提供するという情報が入ってきました。

その彼の新しい曲名がオールナイトニッポンと本人の公式ツイッターで公開されたとのうわさも!

早速、星野源さんの新しい曲名について見ていきましょう!

スポンサーリンク

星野源の新曲がオールナイトニッポンで公開!

2018年1月16日の星野源のオールナイトニッポンで新曲名「ドラえもん」がフル解禁されました。番組内で曲をかけたあとリスナーから3,000通にもおよぶ感想や質問が届き、その反響の大きさに星野源さん本人も驚いていましたね。放送中の一コマです。

引用:http://www.allnightnippon.com/hoshinogen/2018-01-16/01:00:00/

スタジオ内にもどらえもんがいますね。

そもそもなぜ曲名が「ドラえもん」なのかというリスナーからの質問に、本人は曲のオファーがきて、映画の台本を読んで思いついたタイトルが「ドラえもん」だったと回答。番組内での星野源さんのコメントがこれです。

「『ドラえもん』というタイトルを思いついたときはゾクゾクしまして。これはもうこのタイトルしかないな。(中略)『恋』ってタイトルつけて、恋ってタイトルやばい!と。今回も『ドラえもん』ってタイトルやばい!」
引用:http://top.tsite.jp/news/j-pop/i/38445786/

まず曲名ありきで曲を作り出しているんですね。ヒット曲『恋』と同じでヒットの予感がします。

さらに藤子・F・不二雄の大ファンらしく、アニメ『ドラえもん』の世界観にリスペクトを込めて熱く語っていました。

番組内で初オンエアーされた『ドラえもん』。星野源テイスト満載でいい曲でした。聴き逃した人は、2月28日(水)発売まで待つしかありませんが、短縮バージョンは3月3日(土)公開の『映画ドラえもん のび太の宝島』の予告編で聴くことができるのでどうぞ!

『ドラえもん』という曲名通り、『ドラえもん』の世界観をみごとに表現していると思います。星野源さんの『ドラえんもん』への愛を感じますね。

2018年3月3日公開の『映画ドラえもん のび太の宝島』は、映画シリーズを初担当する今井一暁が監督を務め、映画『君の名は。』『バケモノの子』などを手掛けたプロデューサー・川村元気が脚本を担当、ゲスト声優で大泉洋さんも出演します。さらに詳しい情報は、『映画ドラえもん のび太の宝島』公式ホームページからどうぞ。

スポンサーリンク

星野源公式ツイッターでも公開!

星野源さん本人の公式ツイッターからのツイートです。

『ドラえもん』フル解禁後、ツイッターでの反響も大きく、リツートが結構入ってました。その一つです。

なぜだか頭に残る曲調に中毒者が続出のようです。大ヒット間違いないでしょう!

星野源さんの音楽は、なぜだか頭に残りやすいですね。前作の大ヒット曲「恋」も一時期頭の中でヘビーローテションしてました。その「恋」はこんな曲でした。

何度聴いてもいい曲ですね。星野源さんの声質も頭に残りやすい原因かもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 星野源の新曲がオールナイトニッポンで公開!曲名は「ドラえもん」!
  • 星野源本人の公式ツイッターでも公開され、大反響!2月28日のシングルリリースの大ヒットは間違いなさそうな勢い!

星野源さんは音楽活動だけでなくドラマ、CMやラジオパーソナリティなどマルチな才能を発揮していますね。

本人はけっしてイケメンではないとおもいますが独特な雰囲気、空気感がありますね。妙にオタクっぽいところも人気の秘密かもしれません。

2018年の星野源さんの活動は、現在はっきりしているものは、2月28日の『ドラえもん』シングルリリース、ラジオパーソナリティ(オールナイトニッポン)の仕事ですね。まだ発表されていませんが、昨年同様にライブツアーが夏頃にあるはずです。

最新情報は、星野源さん本人の公式ホームページなどでアナウンスがあると思いますが、ライブチケットなど確実に手に入れたい場合は、『YELLOW MAGAZINE 2017-2018』を予約して手に入れる方法が確実です。

この『YELLOW MAGAZINE 2017-2018』には「YELLOW PASS」というWEBサービスがあり、星野源ライブの最速チケット先行受付(抽選)やTV番組観覧への応募が可能になる他、 “オマケ”としてサイト内では星野源のムービー、フォトギャラリーなど、不定期で限定コンテンツが楽しめるようになっています。サービスの開始は、2018年3月末を予定だそうです。

今後の活動も楽しみな星野源さんです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク