アマゾン森林火災がヤバイレベル!原因は何で日本で報道しないのはなぜ?

ヤフートレンドで上位に「アマゾン」がランクインしていて、なんだ!?と思って見てみたらアマゾンが燃えてる!!

しかも燃えてる規模・面積が半端ないじゃないですか!!

これ地球環境・気象に影響するレベルじゃないのと心配になりました。

  • アマゾン森林火災の原因や今後の影響
  • 日本であまりニュースにならないのはなぜ?

などについて見ていきたいと思います。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

アマゾン森林火災がヤバイレベル!火災の規模や原因は?

森林火災による煙の範囲は、日本列島がすっぽりと入る範囲です。火災の規模が今までにないレベルということがわかると思います。

地球の肺と呼ばれているアマゾンの熱帯雨林は、地球の酸素の約20%を供給していると言われています。

アマゾンの熱帯雨林は、酸素の供給だけでなくそれ以上に二酸化炭素を吸収してくれていますが、その大事な機能を持つ熱帯雨林がこれだけの規模・面積の火災で消失してしまう事態は、地球レベルで気象変動を引き起こすトリガーになりそうです。

マジでヤバイレベルだと思います(・_・;)

ただでさえ地球温暖化が進行しているのにさらに加速させる事態です。

今後の世界レベルの気象変動がどうなっていくのか非常に心配ですね。日本もその影響を受けるのは間違いないでしょう。

アマゾンの森林火災の原因は?

世界のニュースを調べてみると今回のアマゾン森林火災の原因は、現在の極右政権がすすめる熱帯雨林の開発、伐採拡大政策と違法伐採によるところが大きいと報じています。

熱帯雨林の伐採により、降水量が減り、干ばつが進行しています。干ばつ化が進行すると森林の乾燥化も進行し、そこにひとたび森林火災がおこると火災規模があっというまに広がっていきます。

本来の熱帯雨林であれば、十分な降水があり森林火災が起こってもその面積は限定的で耐火性をもっていたのに、人間による森林破壊のために降水パターンが変化し、干ばつになり、乾燥が進行し、耐火性が失われ大火災につながる。

そこに違法な開発事業者が先住民の森に火を放って焼き払い牧草地に変えていくという暴挙も発生しています。

もう完全な無法地帯です。この状況を放置している現在のブラジル政権も同罪ですね。

大火災のあとは、さらに大きな気候変動を引き起こすという人間にとっては悪循環のサイクルに入ります。

人間の身勝手な行動の結果がいずれまた人間に返ってくるという、まさに因果応報。

地球規模で動き出した気候変動の流れは、そう簡単には止められないし、すこし遅らせることができる程度ではないかと悲観的になってしまいますね。(T_T)

それでも30年後、50年後、100年後の子どもたちのためにすこしでもより良い世界を残していくためにできることを考え、行動していくしかないですね。

スポンサーリンク

アマゾン森林火災が日本でニュースにならないのはなぜ?

日本でもネットニュースで取り上げているメディアがありますが、民放各局で報じているのはまだ知らないですね。

世界では、かなり大きなニュースになっているのに違和感を感じます。

日本のメディアがアマゾン森林火災をニュースにしない理由を個人的に考えみました。

  • 日本の反対側の遠い国・ブラジルで起こっていることで感心がない
  • 目の前の事件やニュースのほうが視聴率を稼げる
  • 国やスポンサーに忖度

日本には、こういう時こそ国連での存在感を出してほしいですね。おそかれ早かれ日本にも影響を及ぼすことになるのですから。

隣国と子供喧嘩している場合じゃないでしょと言いたい気分です。

G7で各国がアマゾン火災について対応することを宣言してから、日本のメディアも情報番組で取り上げられ始めました。

ただし、一時的で2019年9月7日現在はほとんど報道されていませんね。

しかし、アマゾンの火災は継続しています。

アマゾンは、まだ乾季のため消火活動が全然追いつかないようです。

通常だとアマゾンは、10月ぐらいから降水量が増えてくるので、あと1ヶ月ぐらいは鎮火が難しいかもしれません。

スポンサーリンク

各国首脳の反応は?

タイミング的にフランスでG7(先進7カ国首脳会議)が行われるということで開催国フランスのマクロン大統領がG7での議題にとりあげたいと反応していました。

ただ残念なのは、投稿された森林火災の写真が現在のアマゾンの火災ではなく2018年のものだったことですね。これは、側近のミスなんじゃないかと思いますが・・・^^;

リアルタイムの画像ならいっぱいあっただろうになぜ古いもの挙げてしまったのか? ちょっと軽率な感じがしてしまいますね。残念です(T_T)

このマクロン大統領の提案にすぐに反応したのがカナダの若い大統領・ジャスティン トルドーさんです。

さすがに反応が早くて高感度アップです。

トランプ大統領もブラジルの大統領に向けてアマゾン火災に支援する用意があるとツイートしています。

トランプ大統領のツイート数は、半端ないですね。完全に使いこなしているようです。安倍首相もやればいいのにと思ってしまいます。

話を戻します。

トランプ大統領のツイートの翌日には、ブラジル大統領が空軍を使って消火活動してますアピールのツイートをしています。

おもしろいですね。G7でアマゾン火災が取り上げられて国際問題に発展して、これはまずとおもったのかようやく政府も消火活動してますよ!というアピールです。

音楽付きで動画がアップされていますが、あの程度の消火活動では焼け石に水という感じでしょう。

ブラジル政府による消火活動がどれくらい効果があるのか注目していく必要がありますね。

アマゾンの火災は、現在(8月25日時点)も進行しています。

まとめ

  • アマゾン森林火災がヤバイレベル!火災の規模・面積は、日本列島がすっぽりと入ってしまう広さ。
  • アマゾン森林火災の原因は、数十年におよぶ熱帯雨林の伐採で干ばつ化、乾燥化が進行し森が燃えやすい状態になってしまった。その上、違法な開発業者が先住民の森を焼き払い、牧草地に変えている。

アマゾン森林火災が早く鎮火してくれることを祈るしかありませんが、その原因については広く知ってもらいたいですね。

知ることでいろんな気づきや行動が起こせると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク