難波英史のお店『鮨なんば』の場所や営業時間は?予約方法もチェック!【ごはんジャパン】

2019年8月24日(土)の「ごはんジャパン」は、佐賀県呼子のケンサキイカが食材です。

このケンサキイカを江戸前寿司職人・難波英史が料理していきます。

難波さんのお店は、「鮨なんば」で行列ができるほどの人気店です。

「鮨なんば」の場所や営業時間、予約方法もチェックしてみました。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

難波英史のお店『鮨なんば』の場所は?

本店と日比谷店の2店舗あります。

難波英史さんは、日比谷店にいることが多いそうです。

  • 場所 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目1−2 東京ミッドタウン日比谷3階
  • 電話 03-6273-3334
  •  
スポンサーリンク

難波英史のお店『鮨なんば』の営業時間は?

営業時間 

  • ランチ 12:00~15:00(L.O.14:30)
  • ディナー 17:00~23:00(L.O.22:30)
    • ※ネタがなくなった場合、23:00前に終了

定休日

  • 毎週月曜日/毎月第1火曜日
    ※8/6(火)、8/12(月・祝)、8/19(月)は営業
    【2019年8月臨時休業日】
    8/14(水)、8/15(木)、8/16(金)、8/17(土)、8/18(日)

難波英史のお店『鮨なんば』日比谷の予約方法は?

予約サイトがあるのでインターネットから予約が可能です。

ランチ、ディナーともに予約できます。

現在の予約状況は、9月15日まで予約がいっぱいのようで、次回予約受付開始は9月15日13時からです。ヮ(゚д゚)ォ!

さすがに予約がとれないすし屋ですね。

席数もカウンターの8席しかないので、すぐに人数が埋まってしまうのでしょう。

予約ルール

毎月15日に2ヶ月先末日までの予約を受付開始。

難波英史のお店『鮨なんば』日比谷のコース料金は?

  • [ランチ] おまかせ(大将)(土日) 25,000円 /名
  • [ランチ] おまかせ(握りのみ / 火水木金) 15,000円 /名
    • ※握りのみのコース
    • ※大将コースと異なり、舎利/種の温度コントロールは無し
  • [ディナー] おまかせ 30,000円 /名

さすがに高級寿司店ですね。

どうせいくなら大将が握るしゃりとネタの温度コントロールをした究極の一貫を食べてみたいですね。(^q^)

スポンサーリンク

シャリとネタのいい温度の関係とは?

難波さんすしが他の寿司店と違うのは、シャリとネタのベストな温度をネタに合わせてコントロールしているところですね。

どうやって温度管理をしているのか気になっていましたが、非接触式のレーザー温度計で確認してるんですね。ヮ(゚д゚)ォ!

ここまでシャリとネタの温度を意識しているすし屋さんはないでしょう!

それだけに食べてみる価値があり、今まで食べたことがない鮨を演出しているのだと思います。

難波さんが理想とするシャリとネタの関係を紹介していきます。

  • アジの握り シャリ温度 36度(人肌)
  • マグロ(赤身)の握り シャリ温度 36度(人肌)
  • トロの握り シャリ温度 40度(高い)→ 脂が溶けて旨味が増す!
  • アナゴの握り シャリ温度40度(高い)、ネタ温度45度 → アナゴの身がふんわり
  • 車エビの握り シャリ温度38度、ネタ温度38度
  • 熟成イカの握り シャリ温度38度(やや高い) → ねっとり甘い
  • 活けイカの握り シャリ温度34度(低い)、ネタ温度17度(低い)

シャリは、人肌(36度)とよく言われますが、ネタによってシャリの温度も最適化することで美味しさが増すんですね。

そう言われれば確かに納得です。そういう説明を受ければ舌がその違いを感じようと無意識に敏感になりますからね^^;

難波さんの鮨はすでに鮨を食べる前からの演出も超一流です。

スポンサーリンク

まとめ

  • 難波英史のお店『鮨なんば』日比谷の場所は、東京ミッドタウン日比谷3F
  • 難波英史のお店『鮨なんば』の営業時間は、
    • ランチ 12:00~15:00(L.O.14:30)
      ディナー 17:00~23:00(L.O.22:30)
  • 難波英史のお店『鮨なんば』日比谷の予約方法は、専用予約サイトから
    • ※毎月15日に2ヶ月先末日までの予約を受付開始

難波英史さんのお店「鮨なんば」日比谷店に行ってみたいですね。しゃりとネタの温度コントロールをした究極の一貫の味を堪能してみたい(^q^)

今回のごはんジャパンでとりあげた佐賀県呼子のケンサキイカも究極の一貫になるのでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク