台風17号(ターファー)2019のたまごが発達中!米海軍の予想進路や名前の意味は?

台風17号(ターファー)のたまごが南沙諸島の南で発達中です。まだ熱帯低気圧ですが数日のうちに台風17号になりそうです。

台風17号(ターファー)の米海軍の予想進路や名前の由来などを調べてみました。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

台風17号(ターファー)2019のたまごが発達中!米海軍の予想進路は?

引用:https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

上の画像は、米海軍の台風警戒情報(JTWC)のものですが、画像の中のオレンジのマーク95Wが台風17号のたまご(熱帯低気圧)です。

その右上には、まだ熱帯低気圧になった台風16号(ペイパー)がありますが、ほとんど消えかけていますね。

台風16号は、日本への影響はほぼ心配ないですが台風17号のたまごの動きは要注意です。

台風17号のたまごは、9月18日~19日にかけて台風に発達しそうです。

その後、北上し沖縄から九州の西岸を北上、日本海に抜けるコースを辿りそうです。

また、北部九州に大雨の心配がでてきそうです。

Windy.comのシミュレーションを見てみましょう!

このシミュレーションによると9月21日(土)~22日(日)、23日(月)にかけて九州に接近して、北部九州に大雨をもたらしそうです。

早めの備えをしておいたほうがいいでしょう。

台風17号のたまごの今後の動きには、警戒が必要です。

スポンサーリンク

台風17号(ターファー)2019の名前の意味や由来は?

台風17号の名前は、「Tapah(ターファー)」です。

マレーシアが台風委員会に提出した名前でリスト番号50です。

「Tapah(ターファー)」の意味は、「なまず」です。

マレーシアでは、なまずは結構食べるようです。しかも美味しいと評判です。

パティン テンポヨ(patian tempoyak)ドリアンペーストで煮込んだなまず料理 引用:http://e-asean.net/13484

人気のご当地グルメだそうで、臭みもなく美味しいらしい。

たしかに見た目の違和感はまったくないです^^;

スポンサーリンク

まとめ

  • 台風17号(ターファー)のたまごが発達中!
  • 9月18日~19日に台風に発達する予想。
  • 台風17号の予想進路は、沖縄の西岸を北上、九州の西岸を北上し日本海に抜けるコースをたどる予想

台風17号のたまごの動きには、要注意ですね。

暴風雨に備えて準備しておきましょう!

台風15号で被害を受けた千葉県のように長期間の停電も想定して、備えておく必要がありますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク