東京ラブストーリーのその後が気になる!長尾完治と赤名リカが25年後に再開?

1991年にフジテレビでドラマ化された柴門ふみ原作「東京ラブストーリー」ですが、2017年に「東京ラブストーリーAfter25years 」と題して『ビッグコミックスピリッツ』創刊35周年記念読切として刊行されています。

50歳になった永尾完治と赤名りかの「その後」が初めて描かれています。

どんな内容なのか?

25年後の二人の結末はどうなるのか?

ネタバレ注意で見ていきましょう!

スポンサーリンク

東京ラブストーリーのその後が気になる!25年後はどうなっているの?

引用:Amazon

上の画像は、「東京ラブストーリーAfter25years 」の表紙ですが、新幹線の窓越しに父親と思われる男性とその娘が外の風景をみて何か喋っているワンシーンですね。

シートは向かい合わせなので、どちらかの隣には母親がいるのかもしれないと想像させますね。

幸せな家族の光景です。

これは、前作で最終的永尾完治が幼なじみのさとみと結婚したのでその家族の風景でしょう。

25年後永尾完治とさとみには、一人娘がいて家族になっているということですね。

「東京ラブストーリーAfter25years 」のあらすじ

前作の結末は、赤名リカが妻子ある上司・和賀との子供を身ごもったリカは、完治に別れを告げて、完治は幼なじみのさとみと結婚する。

そして、25年後にそれぞれの子供達が付き合い出していて、結婚するという展開になりそこでお互いが再開するという流れで物語が展開していきます。

赤名リカは、シングルマザーとして和賀との子供(長男)を育て上げていて、立派に成人させていました。長男の名前は、赤名アフリカ(24歳)というちょっと変わった名前です。

完治は、さとみとの間に二人の子供(長男、長女)をもうけていて長女の永尾ひなみ(20歳)が赤名アフリカと付き合っていて、結婚を意識しています。

完治が娘の彼氏(赤名アフリカ)と会うことで、25年間切れていた赤名リカとのつながりが急速につながりはじめます。

そして、完治とリカが25年ぶりに再開することで二人の関係が修復されていきます。

東京ラブストーリーのその後を読んでみたレビューや感想は?

Amazonには、約50件ほどのレビューが寄せられています。

評価が高いレビューが約40件で低評価のレビューは10件ほどありますね。

高い評価のレビューは?

大まかなストーリーの流れは読めていたものの、やはり上手くまとめたな…と作者に「お疲れ様」と。
人の人生は映画やドラマや漫画のようにはいかないが、でも不思議と妙な「縁」で繋がっている部分もあるんだよね。
この作品はそういうのを上手く取り混ぜて表現していると思う。
東京ラブストーリーは原作とドラマではかなり内容に乖離がある。
自身はドラマから入ったクチだから原作を読んだ時はちょいと衝撃だった。
でも「爽やか路線で万人ウケ」を狙ってまとめたドラマよりも、現実の男女のドロドロ感を入れて描かれた原作の方が印象に残るし思うほど嫌悪感は持たない。

やっぱり、思い出がある。
なみだが滲み出てくるね。
小田和正さんの「ラブストーリーは突然に」の大ヒット。
思い出されることがある。

続編が出た事を知って、即買いしました。何度読んでも飽きないです

前作でハマっていた人は、読んでみたくなりますよね。

テレビドラマから入った人は、ちょっと感じ方が違うかもしれないですね^^;

ドラマと原作マンガの展開は、結構乖離しているので原作を読み直している人も多いのではないかと思います。

低評価のレビューは?

テレビドラマを見て、その後を知りたくて購入しましたがちょっと違う感じがしましたし、内容がもしかしてと思っていた予想通りの内容でした。ガッカリ

25年前の「東京ラブストーリー」の非現実的な展開は面白かった。漫画の世界なので今回も荒唐無稽な展開を期待していたのだが、残念です。

テレビドラマから入った人は、原作マンガとの乖離があるのでちょっと違和感があるようですね。

「東京ラブストーリーAfter25years」を実際に読んでみた感想とは?

永尾完治とさとみのアラフィフの夫婦関係がとてもリアルでしたね。

同年代の夫婦ならあるあるなところがちょいちょいでてきて共感できました。

昭和の終わりのバブリーな社会を経験してきた世代が結婚して、子育てして子供が独立しだすタイミングがまさに「東京ラブストーリーAfter25years」で展開されている時代感なので、読者の人生と完治、リカ、さとみ、三上が歩んできた人生を自然と比べてしまって、過去を振りかえることができますね。

そして、これから先のこともどうしようか考えるきっかけを与えてくれる作品だと感じました。

多分原作マンガを読んでいないとその後の展開を描いた本作は楽しめないでしょう。

東京ラブストーリーのテレビドラマからその後が気になって本作を手にとってしまうと面白さは半減してしまうと思われます。

おすすめは原作マンガからの流れで本作を読んでほしいですね~!

原作マンガ「東京ラブストーリー」とテレビドラマ「東京ラブストーリー」をまとめてお得に楽しむ方法とは?

テレビドラマの「東京ラブストーリー」は、フジテレビが制作していたのでフジテレビが提供している動画配信サービス「FOD」でドラマも原作マンガも配信しています。

今ならAmazonのアカウントでAmazon Payで登録すると1ヶ月無料でお試しができるので、ドラマ版「東京ラブストーリー」は実質無料で見れちゃいますよ!

原作マンガ「東京ラブストーリーAfter25years」は、無料で読めるわけではないですがポイントでかなりお得に読むことが可能です。

>>> FODで東京ラブストーリーのドラマとマンガを試してみる!

FODのポイントとは?

引用:https://fod.fujitv.co.jp/s/books/special/20premium/

FODのポイントは、1ポイント=1円相当でFODの中で新作動画やマンガ、雑誌の購入に使用することができます。

さらに、FODプレミアム会員になると特典としてボーナスポイントが100ポイントもらえるのと電子書籍を購入すると20%がポイントバックされます。

お試し無料期間で電子書籍を購入しなくても8の付く日を3回クリアすれば、1,300ポイントがゲットできます。

このポイントを使えば、電子書籍の「東京ラブストーリーAfter25years」(1,000ポイント)を実質無料で購入できますね。

無料期間中に解約すれば、実質無料で東京ラブストーリーのドラマと原作マンガ2冊は楽しめます!

>>> FODで東京ラブストーリーのドラマとマンガを試してみる!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク