吉松あさみ(アサ芸記者)の画像やプロフ(wiki風)は?Daigoの裁判はどうなる?

メンタリストDaigoさんのYouTubeチャンネル朝日芸能プラスの記者・吉松あさみという女性の記者を訴えるという内容の動画がアップされています!

この吉松あさみという記者は、Daigoさんの記事を書くのは2回目のようで、しかも間違った内容の記事を書き、Daigoさんへの嫌がらせをしているようです。

吉松あさみという記者の顔画像プロフィール(wiki風)などを調べてみました!

また、今後Daigoさんがおこす裁判・訴訟がどうなるのかもみていきましょう!

スポンサーリンク

吉松あさみ(アサ芸記者)の画像やプロフ(wiki風)は?

Daigoさんの嫌がらせ記事を2回も書いたとういうことで本人を怒らせてしまったアサ芸の吉松あさみ記者とはどんな人物なのか?

吉松あさみについてネット検索しても顔画像やプロフィール情報は一切でてきませんでしたm(_ _)m

想像するに単なる無名のフリーライターか全く実在しないペンネームの可能性もありそうです。

というのもフリーライターなら他のメディアにも名前が出てきてもおかしくないが全くでていない。

吉松あさみは、アサ芸プラスというネットメディアにDaigoさんの記事しか書いていないようです。

検索するとDaigoさんの関連記事が3本でてきます。

最新のものから挙げていきます。

  • 2020年4月4日 メンタリストDaiGo、「マスク転売を痛烈批判」の影で“転売推奨”の過去!?
  • 2019年10月16日 メンタリストDaiGo、「『淫行疑惑』に懲りてない」と指摘された発言とは?
  • 2019年9月26日 メンタリストDaiGo、「年収6億円」のハズも「金欠説」が飛び交う理由とは?

2019年の9月以降から吉松あさみの記事がアサ芸プラスに見られるようになります。

いずれも内容は薄く、他の芸能ライターの発言引用パターンです。

Daigoさんにとっては、単なる嫌がらせとしか思えない内容です。

吉松あさみというのは、daigoの嫌がらせ記事を書くために用意されたペンネームの可能性もありそうです。

スポンサーリンク

Daigoの裁判はどうなる?吉松あさみの謝罪はあるのか?

Daigoさんが訴えるといっている動画をみてみると、アサ芸ではなく吉松あさみ個人を訴えるといっていますね!

動画みるとDaigoさんを怒らせるとこわいですね。

吉松あさみ個人を訴えるといっています。

吉松あさみの預金口座がゼロになるまでとことんやるということのようです。

名誉毀損で取れる金額は、過去の事例から200万円~400万円で最高でも700万円ということです。

この金額は、個人にとっては結構大きな金額です。

吉松あさみさんがどれくらいの年収を得ているのかわかりませんが、サラリーマンの平均年収ぐらいの損害賠償金額を支払う可能性もあるということです。

アサ芸の記事を数本書いてこれでは、まったく割にあわないでしょう。

しかも今回、DaigoさんがYouTubeで取り上げたことでアサ芸プラスのネット記事がかなりアクセスを集めているはずです。

アサ芸プラスは、訴えられないので訴訟費用もかからず、逆にネットアクセスが増えて広告収入が増えるというなんとも皮肉な結果になりそうです。

吉松あさみさんがフリーライターの場合は、アサ芸プラスからの支援も期待できないでしょうから、個人で訴訟に対応するのはかなりの負担を強いられそうです。

かわいそうな気もしますが、自分でまいた種ですから同情の余地はなさそうです。

今後の訴訟の状況は、動画でお知らせしていくということなので、どうなっていくのか注目です。

訴訟になれば吉松あさみという人物についても本名なのかペンネームだったのか、男なのか女なのかについても明らかになっていきそうです。

スポンサーリンク

まとめ

Daigoさんの嫌がらせ記事を書いた吉松あさみという人物についてみてきましたが、しょうもない記事を書いてしまったがためにとんでもないしっぺ返しをくらうことになりそうです。

ネタにする相手を間違ってしまったようです。

ただしょうもない記事を載せているアサ芸プラスが漁夫の利を得る形になりそうなのが少し気になりますね。

今後の訴訟の展開がどうなっていくのかdaigoさんのYouTubeに注目していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク