【プロフェッショナルおうちごはん】栗原はるみの万能ソース(タレ)の作り方とは?

2020年5月26日(火)に放送されたNHK「プロフェッショナル」の緊急企画「プロのおうちごはん」シリーズの第4弾に料理研究家の栗原はるみさんが登場しました。

栗原はるみさんが紹介してくれたレシピは、「万能ソースを使った、ごぼうハンバーグ」でした。

とても簡単につくれるおうちごはんのレシピだったのですが、万能ソース(タレ)が簡単でいろいろ使えそうです。

お弁当のおかずソースにもちょうど良さそうだし、漬け込み料理にも使えるのでまとめておきます。

ぜひ自分のレシピ集に加えたい一品です。

スポンサーリンク

【プロフェッショナルおうちごはん】栗原はるみの万能ソース(タレ)の作り方とは?

万能ソースの材料は、シンプルにしょうゆ、みりん、砂糖だけです。

万能ソース(タレ)材料、分量

  • しょうゆ 50cc(1/4カップ)
  • みりん 50cc(1/4カップ)
  • 砂糖 大さじ2杯

万能ソース(タレ)の作り方

① 小鍋にしょうゆ、みりん、さとうを一度に入れる。

② はじめ強火で沸騰したら弱火で4~5分煮詰める

③ 細かな泡て出てきたら頃合いで火を止めて、自然に冷ましておいて完成

ソース(タレ)が冷めるとトロみのあるソースになる。

ポイントは、作り置きせずに必要なときに毎回つくるのが美味しさの秘密。

しばらく置いておくと醤油の味が勝ってしまって美味しくなくなる。

栗原はるみの万能ソース(タレ)の活用レシピ

万能ソースが余ったりしたときは、漬け込むメニューを作ってみましょう!

番組でも紹介されていた、手羽や豚ブロックを漬け込んでおいて、オーブンで焼くだけで美味しいチキンのスペアリブやチャーシューが出来上がります。

食卓のメインメニューになりますね。

チャック付きの保存袋に材料を入れて漬け込んで焼いたり、揚げたりすれば絶対うまいです。

個人的にお弁当のおかずとしてゆで卵を漬けておくとおいしい味玉が出来上がるのでとても好きです。

これマジでおすすめです。

味玉は、お弁当づくりの救世主メニューでまとめて作っておくことで時短にもなります。

まとめ

栗原はるみの万能ソース(タレ)のレシピをまとめてみました。

実際に作ってみるととても簡単です。

しかも美味しい!

いろんな料理のソース、調味料としても使えるのでいろいろ試してみてほしいです。

素材となるしょうゆ、みりん、さとうそのものをすこしいいものにしていくとこのソース(タレ)の味が格段によくなります。

例えば、各素材を以下のものに変えてみてください。

醤油を天然醸造の無添加醤油に!

みりんは、天然醸造のこちらも無添加のもの。

さとうは、上白糖ではなくミネラル分が多いきび砂糖やオリゴ糖のてんさい糖などがいいです。

シンプルなソースなので素材を少しいいものに変えるだけで味の深みが数段レベルアップします。

みなさんの田舎にも醤油の醸造元などがあるかもしれません。

地元の伝統的な発酵調味料を使ってみると今までのスーパーのものとは一味も二味も違うものに感じると思います。

ぜひお試しください。

コロナ緊急事態宣言が解除されましたが、前のような生活スタイルにはなかなか戻れないのかなあと思います。

おうちごはんの機会もコロナ前よりも増えるはずなので、おうちごはんを楽しんでいきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク