瀧野川焼きそば(トキハソース)の販売再開から再び中止に!再販はいつから?

トキハソースさんの名物商品・瀧野川焼きそばが7月1日から販売再開されのに、再び販売中止になってしまったようです。

再び再開するのはいつになるのでしょう?

楽しみに待っているファンも多いトキハソースさんの「瀧野川焼きそば」なのでできるだけ早い再開を望んでいる人は多いでしょう。

瀧野川焼きそばの販売が中止になってしまった原因や再びの再販はいつからになりそうか予想してみたいと思います。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

瀧野川焼きそば(トキハソース)の販売再開から再び中止に!なぜ?原因はコロナ?

引用:Twitter

上の画像は、2020年7月4日のトキハソースさんのTwitterで告知された瀧野川やきぞばの販売中止のお知らせです。

販売中止の理由は、「感染症拡大防止のため」ということです。

この前日7月3日にもトキハソースさんの公式Twitterで販売中止が発信されていました。

瀧野川やきぞばの販売が再開された7月1日以降、東京都内の新型コロナの新規感染者数が急増して連日100人超えの状況になってしまっていました。

引用:https://newsdigest.jp/pages/coronavirus/

これだけ新規感染者が増えてくると人が集まると予想される人気の瀧野川やきぞばの店頭販売は、トキハソースさんとすれば躊躇せざるを得ないでしょう。

ただこのタイミングで年内販売中止という決断に至ったのは待ち望んでいたファンの心境からすれば、落胆以外のなにものでもないでしょう。

せめてもう少し様子をみながら年内の販売再開の時期を探ってほしかったというのが本音かもしれませんね。

瀧野川やきぞばファンの心境を思いつつ、トキハソースさんの事情もコロナ対策という点では、従業員の安全とお客さんへの影響を考えた苦渋の決断だったと想像します。

瀧野川やきぞばの販売再開はいつ頃になりそうか?

トキハソースさんのアナウンスでは、年内の販売中止は確定ということですから販売再開は2021年のどこかのタイミングになるということです。

ただし販売停止の原因がコロナですので、コロナの感染拡大の状況次第では、年明け以降も販売中止が継続するかもしれません。

年内にコロナが落ち着いてくれば、2021年の初売りで瀧野川やきぞばの販売も再開というシナリオが一番いいですね。

でもまだ7月ですから年明けに販売再開されたとしても6ヶ月間の瀧野川やきぞばロスです。

まとめ

トキハソースさんの瀧野川やきぞばは、7月1日に販売が再開されましたが、7月3日にはコロナの感染拡大の影響で年内の販売中止をアナウンスしています。

瀧野川やきぞばの販売再開は、早くても2021年の年明け以降です。

ただし、コロナの感染拡大状況しだいでは、販売中止が継続するかもしれません。

トキハソースさんには、瀧野川やきぞばの新しい販売方式を検討してもらえるとうれしいですね。

ソースのほうは、すでに自動販売機というコロナ対応の販売形態も確立されているので、瀧野川やきぞばの販売でも何か新しい販売方法がでてくることを期待したいと思います。

(関連記事)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク