起立性調節障害の原因は食べ物、愛情不足なの?治し方とおすすめ専門医は?

あまり馴染みのない病気名の「起立性調節障害」、自分の娘(中学生)がどうもこの病気にかかってしまったようで、どんな病気なのか気になって調べてみました。

ネット上のキーワードでは、原因、食べ物、愛情不足など気になるワードがありますね。また、その治し方や専門医の情報もありましたので、まとめて見ていきましょう。

スポンサーリンク

「起立性調節障害」ってどんな病気なの?

自律神経失調症の一種として、「OD(ドイツ名: Orthostatic Dysregulation)」と略されて記述されています。

よく見られる症状

こんな症状が見られるようです。

  • 朝に起きられない
  • 立ちくらみ
  • 全身倦怠感
  • 食欲不振
  • 立っていると気分が悪くなる
  • 失神発作
  • 動悸
  • 頭痛
  • 夜になかなか寝つけない
  • イライラ感・集中力低下

これらの症状が2つか3つ以上該当するようであれば、起立性調節障害を疑ってみる必要があります。私の娘は、失神発作、動悸以外はすべて当てはまっていました。

よく見られる年代

起立性調節障害は、小学校高学年(10歳程度)から中学生・高校生(16歳程度)の思春期前後の子どもでよく見られるようです。

日本の小学生の5%、中学生の約10%にみられ、重症例は1%だそうです。

男女比は1:1.5~2と報告されています。女性のほうがかかりやすい疾患のようです。

また、不登校の約3~4割は起立性調節障害をともなっているという報告(一般社団法人日本小児心身医学会編『小児起立性調節障害診断・治療GL(改訂版)』(南江堂))があります。

引用:http://www.kiritsutain.com/lp_a8/

この疾患になると普通に学校へ登校できなるので、結果的に不登校になってしまうのはわかりますね。

「起立性調節障害」の原因はなに?

体内時計(概日リズム・がいじつリズム)が5時間程度うしろにズレていることから午前中に交感神経が活性化しておらず、夜間に交感神経が活性化するため、夜寝付きが悪くなりやすくしっかりと睡眠をとることができない状態になりやすいようです。

また、約半数に遺伝的傾向があるようです。

一般社団法人日本小児心身医学会のページにこの疾患の原因について以下が挙げられています。

1)起立に伴う循環動態の変動に対する自律神経による代償機構の破綻
2)過少あるいは過剰な交感神経活動
3)水分の摂取不足
4)心理社会的ストレス(学校ストレスや家庭ストレス)が関与する。身体が辛いのに登校しなければならないという圧迫感が、さらに病状を悪化させる
5)日常の活動量低下→ 筋力低下と自律神経機能悪化→ 下半身への過剰な血液移動→ 脳血流低下→ 活動量低下というdeconditioningが形成されるとさらに増悪
引用:http://www.jisinsin.jp/detail/01-tanaka.htm

原因を理解して、悪化させないようにしないといけないですね。食べ物や愛情不足ではないので誤解のないように正しい知識を身につけましょう。

「起立性調節障害」の治し方・治療方法は?

起立性調節障害への理解を深める

まず、周囲の起立性調節障害への正しい理解が必要です。特に親の理解が不可欠です。その次に学校関係者と患者自身の理解ですね。

そして、その疾患の子供への過度なストレスをかけないように対応しなければなりません。

この疾患への理解が不足している保護者の多くは、子どもの症状を「怠け癖」や、ゲームやスマホのやり過ぎ、夜更かし、学校嫌いなどが原因だと考えてしまい、叱責したり朝に無理やり起こそうとして、さらなるストレスを子供にかけてしまい症状が悪化することが少なくないようです。

起立性調節障害は、身体の疾患であることを伝え、「根性」や気持ちの持ちようだけでは治らないものだと理解してもらうことが重要です。

日常生活の工夫

日常生活の中で工夫することで症状の改善、軽減が見られるようになります。

  • 急な動作や不用意に立ち上がらない、立つ時は頭を下げつつゆっくりと立ち上がる。
  • 立ちっぱなしを続けない。足をクロスしたり、適度に動く。
  • 水分摂取は1日1.5-2リットル、塩分を多めにとる。
  • 毎日15分~30分程度の歩行を行い、筋力低下を防ぐ。
  • 生活のリズムを整えるようにする。夜は眠くなくても9時~10時には布団に入る。
  • 無理に学校に行かせない。しっかりと休ませる。
  • 親から子供への「甘え、怠け者批判」は厳禁。

学校との連携

まずは担任の先生との連絡を密にして、起立性調節障害への理解を共有してもらう。その上で登校時の受け入れ体制を準備してもらうようにしておく。

具体的には、早退時の連絡体制や保健室との連携など。

担任の先生や学校側の対応に不安を感じたら、医師の診断書なども一緒に提出しておくことが必要かもしれません。あまりに長期の欠席となりそうなら、その対応についても早目の相談が必要でしょう。

薬物療法

血圧を上げる薬(ミトドリン、ジヒデルエルゴタミン、アメジニウムなど)が処方されます。

しかしながら、薬だけでは効果があまりないことがわかっています。前述の親や関係者の理解、生活上の工夫などを行った上でないと薬の効果が期待できないようです。

薬はちょっとという方は、精神科医推奨サプリ「キリツテイン」というサプリメントがあります。

日本生理人類学会誌で睡眠改善効果が認められたL-テアニンを220mg配合していて、実際に飲んだ人の92.7%が午前中の調子改善したと評価しています。

朝が辛いお子様に【キリツテイン】

治療期間

日常生活に支障のない軽症例では、適切な治療によって2〜3ヶ月で改善が見られるようです。学校を長期欠席する重症例では社会復帰に2〜3年以上かかるケースもあるそうです。

スポンサーリンク

専門医はいるの?

日本小児心身医学会の認定医と指導医が在籍する全国の病院情報が取得できるサイトがあります。こちらです。

起立性調節障害治療.com

このサイトは、2017年2月に開設された非常に有益なサイトです。お近くの起立性調節障害の専門医がいる病院情報が全国的に網羅されています。

まとめ

  • 起立性調節障害は、自律神経失調症の一種。
  • 起立性調節障害は、小学校高学年(10歳程度)から中学生・高校生(16歳程度)の思春期前後の子どもでよく見られる。
  • 起立性調節障害の症状は、朝起きれない、頭痛、食欲不振、めまい、全身倦怠感、立ちくらみなど。
  • 起立性調節障害の治し方・治療は、周囲の理解と日常生活の工夫、薬事療法が必要。
  • 起立性調節障害の専門医は全国におり、日本小児心身医学会の認定医と指導医が在籍している病院情報が掲載されているホームページがある。こちら→起立性調節障害治療.com

起立性調節障害の子供をもつ親としては、この疾患への正しい理解をして、子供と一緒に治療していく覚悟が必要だと感じています。

自分の子供がこういう心身症の障害にかかると親自身が愛情不足だったんじゃないかとか、ちゃんと食事(食べ物)をさせていなかったのが悪かったのではないかといろいろと自分を責めてしまいがちですが、まったくの誤解ですのでやめましょう。

同じように起立性調節障害にお悩みの方への情報提供としてお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする