ダイソーのコーヒーミルを使ってみた感想!これで500円なら買いでしょ!

ダイソーからダイソーオリジナルの手挽きコーヒーミルが発売されています。

みなさんご存知でしょうか。

たまたまお店で見つけて、ちょうど手頃のコーヒーミルをネットで物色中だったので、500円という値段に惹かれて買ってみました。

ダイソーのコーヒーミルを実際に使ってみた感想を正直にレポートしていきます。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

ダイソーの手挽きコーヒーミルを使ってみた感想!

パッケージもなかなかしっかりしていて、デザインもシンプルでいい感じです。

お値段も500円(税抜)としっかり表示されています。

ダイソーで500円の商品はなかなかないですからねー。

さて、中身はこんな感じです。

コーヒー粉の落ちる部分は、ガラス製でした。

ハンドル部分は、ステンレスの金属製で側面にもステンレスのプレートでデザインされています。

ハンドル部分は、スライド式でコンパクトに収納できるようになっています。

見た目もなかなかの高級感はありますね。

もっとちゃっちーのかと思っていたので好感触です。

分離できるパーツは?

ダイソーのコーヒーミルは、3つのパーツに分離できます。

コーヒー粉が落ちるガラスビンと豆を挽くグラインダー、ハンドル部分です。

グラインダーの部分は、一体になっているので、分解掃除はできなさそうです。

コーヒー粉の粒度は、4段階に調整できます。

実際に粗挽きと中粗挽きの1段だけの違いを比べてみるとしっかりと粒度が調整されています。

左:粗挽き 右:中粗挽き

実際の使用状況を動画で撮ってみましたので、お時間ある方は御覧ください

ダイソーの手挽きコーヒーミルを実際に使ってみた感想!

実際に使ってみた感想は、500円でこの性能なら文句はないです。

通常楽天やAmazonなどでも安いもので2,000円前後の価格帯です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハリオ HARIO MSCS-2B セラミックコーヒーミル・スケルトン ブラック[MSCS2B]
価格:2330円(税込、送料別) (2020/8/4時点)

楽天で購入

ダイソーのコーヒーミルは、ダントツで安いのですごすぎますね。

コーヒー粉の粒度調整もしっかりと機能するので、好みの粒度に調整できます。

もし改善できるならハンドル部分の取っ手をもう少し握りやすい大きなものに替えてほしいですね。

それだけでかなりハンドルが回しやすくなります。

今のものは、ハンドルのつまみが小さいので持ちにくい上に力を入れるときに余計に力を入れているので疲れやすいです。

一人分(約10~12g)のコーヒー豆を挽く分にはいいのですが、2人分となるとなかなか手と腕が疲れます。

まとめ

ダイソーの手挽きコーヒーミルは、500円でコスパ最強です。

ただし肝心のグラインダーの部分の耐久性がどの程度なのか不明なので、本当の意味でのコスパはこれから使い込んでいくことでまた追記していきます。

週末に美味しいコーヒーを飲みたいときに使う分には、しばらくは持ちそうな気がします。

500円という価格なのであまり多くは求めてはいけないなあと思いつつ、レポートしてみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク