谷中生姜のお取り寄せ通販をチェック!おすすめの食べ方とは?【青空レストラン】

2020年8月22日の「満天青空レストラン」は、今では珍しくなっている江戸東京野菜の谷中生姜(やなかしょうが)の特集です。

正直、谷中生姜ってはじめて聞きました。

いわゆる葉しょうがといわれているもののようです。

江戸時代から栽培されている伝統野菜の一つだそうです。

谷中生姜を一度食べてみたいということでお取り寄せできる通販サイトを調査してみました。

おすすめの食べ方についてもいくつか紹介していきます。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

谷中生姜のお取り寄せ通販をチェック!【青空レストラン】

青空レストランのロケ地は、東京都国分寺でした。

国分寺の農家さんが谷中生姜の栽培をしているようです。

調べてみると国分寺のブランド品に認定されています。

引用:http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/smp/machi/1010160/1002888.html

谷中生姜を栽培している農家さんは、小坂農園さんです。

谷中生姜を天日乾燥させてつくったジンジャーチップスとジンジャーシロップが国分寺ブランド認定を受けています。

自宅にある直売所では、てんさい糖で作った谷中生姜のジンジャーシロップが登場しました♬
新しいカタチになり、贈答品にもピッタリです!

小坂農園さんの投稿 2018年9月21日金曜日

小坂農園さんのオンラインショップがあるか探してみましたが、見つかりませんでした。

店頭販売のみのようです。

今回の青空レストランでは、青空レストランのお取り寄せ通販サイト・ポシュレで小坂農園さんのジンジャーチップスやジンジャーシロップが販売されるはずなので、番組放送終了後にチェックしてみてください。

>>> 青空レストランのお取り寄せ通販サイトをみてみる

小坂農園さん以外にも谷中生姜の通販をしているサイトがないかチェックしてみると一つ見つけました!

「ジンジャーファクトリー」という生姜専門の通販サイトです。

これまた面白いサイトを見つけてしまいました!

このジンジャーファクトリーさんでも谷中生姜の予約販売を受付中です。(2020年8月調査時点)

埼玉県蕨市(2店舗・蕨駅前店と蕨店)と都内浅草(1店舗・浅草店)に実店舗もあるので近くに行った際には、のぞいてみるといいでしょう。

ジンジャーファクトリーさんが面白いのは、生姜のタネも販売していて、栽培キットのようなものがあります。

自分でも育ててみたくなりますね。

自分で育ててれば、無農薬有機栽培も可能ですから、安心安全な生姜が食べられます。

谷中生姜のおすすめの食べ方とは?【青空レストラン】

谷中生姜のもろきゅうが一番、素材の味がダイレクトに味わえておいしいかも。

夏の時期は、一杯のアテに最高です。

谷中生姜を長く楽しみたい時には、甘酢漬けがいいですね。

単に湯通ししてお酢につけておくだけでも食卓の箸休めにはちょうどいいです。

谷中生姜の肉巻き照り焼き!これは、うまそうです 。

青空レストランでも谷中生姜のおいしい食べ方が紹介されるので、要チェックです。

まとめ

青空レストランに登場した谷中生姜の栽培農家さんは、国分寺の小坂農園さんです。

小坂農園さんは、店頭販売のみのようですが、青空レストランのお取り寄せ通販サイトで谷中生姜のチップスや生姜シロップの通販がありそうです。

番組終了後に青空レストランのお取り寄せサイト・ポシュレを要チェックです。

他にも埼玉県蕨市や都内浅草にもお店があるジンジャーファクトリーというお店で谷中生姜の通販があります。

ジンジャーファクトリーさんは、名前の通り生姜専門店でおもしろいお店です。

こちらもぜひチェックして見てください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク