元NHK登坂淳一アナの年齢は?現在の年収や家族はどうなった?

元NHKのアナウンサーで人気を博していた登坂淳一アナは、麿という愛称もあり視聴者ウケもよかったです。その人気からの自信からかNHKを退職してフリーアナウンサーに転身。フジテレビのプライムニュースのMCの席も決まっていたのに、女性へのセクハラ問題がクローズアップされて表向き自ら身を引いた形になりました。

関連記事:元NHK登坂淳一アナ降板でフジ「プライムニュース」のキャスターは誰に?

最近(2018年春頃)は、アナウンサーというよりはバラエティー番組への露出が多くなってきていますね。

リハビリテスト期間ということでしょうか。

そんな登坂淳一さんについて年齢や現在の年収、家族など気になる話題を調査してみました。

早速、行ってみましょう!

スポンサーリンク

元NHK登坂淳一アナの年齢は?

登坂淳一さんの年齢は、現在(2018)47歳です。

生年月日は、1971年6月10日です。最近の顔は、こんな感じですが白髪がずいぶんと増えた印象です。

引用:http://www.horipro.co.jp/tosakajunichi/

でもこの白髪は自毛なのか?あえて白髪に染めてないのかという疑問も残りますね。

生え際が異様に黒毛なのでまばら白髪が多いために敢えてシルバーに染めたという可能性もありそうですね。

シルバーに染めることも流行った時期もありますからね。

スポンサーリンク

元NHK登坂淳一アナの現在の年収は?

フジテレビのニュース番組MCの話がなくなった痛手は大きいと思われますが、最近徐々にテレビへの露出が増えてきています。

といってもまだまだゲスト出演のレベルです。最近準レギュラー化しつつあるのがMBS「プレバト」でしょうか。

引用:https://www.mbs.jp/p-battle/

話題の芸能人の才能を専門家が査定するという面白い企画の番組です。芸能人の意外な才能がわかって、素も見え隠れするので見ていて面白いですよね。

登坂淳一さんもちょくちょくゲスト出演しています。

やはりスキャンダルが出てしまったりするといきなり本業で戻るのは、厳しいのかと思ってしまいますね。

でも番組内では、がんばっている姿は好感がもてますね。

日本テレビ系列「ダウンタウンDX」にもゲスト出演して、現在の収入やNHKの退職金の話題もでていました。

フリーになってからのギャラに驚愕 NHKの平均年収は1100万円
また、登坂さんはフリーに転身した後の給料を、「驚くほど上がりました」とも語る。
「テレビ1本分、ラジオ1本分のそれ(ギャラ)が、出た時間もそれほどでもないのに、”こんなにあるんだ!”っていうくらい」
引用:https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-9010/

こういうコメントがでるくらいですから、元のNHK時代よりも年収は、2倍以上ということでしょう。

NHKでは、どれくらいの年収だったのか?年齢的には、企業でいえば部長クラスでしょう。麿という愛称もあったくらいの人気アナウンサーでしたので平均年収1,100万円以上はあったと思われます。NHK時代の年収を1500~2000万円の間と予想します。

登坂淳一さん本人のコメントにもあるように「驚くほど上がりました」というくらいですからフリー転身後の年収は、3,000万~4,000万円ほどになるのではないかと思いますね。あくまで予想ですが。

所属事務所がホリプロですから、マネージメントもうまくて登坂淳一さんをうまく売り出しているのだと思います。

これからバラエティーを皮切りに情報番組や本筋の報道番組なども狙っているのではないかと思います。今後の登坂淳一さんの活動は楽しみですね。ぜひ頑張ってほしいと思います。

スポンサーリンク

元NHK登坂淳一アナの家族は?

登坂淳一さんの奥さん、子供などの家族の情報は確実なものがほとんどありません。現在ネットで出ている噂をまとめてみると、以下のとおりです。

  • 奥さんはNHKの同期だった永谷幸代さんという大阪編成局編成部副部長の肩書をもつ人だった。すでに離婚している。
  • 子供はいるかどうか不明

まとめ

  • 元NHK登坂淳一アナの年齢は、現在(2018)47歳。
  • 元NHK登坂淳一アナの現在の年収は、3,000~4,000万円と予想。
  • 元NHK登坂淳一アナの家族は、奥さんはNHKの同僚だった永谷幸代さんだったが離婚。子供の情報はなし。

登坂淳一アナは、いい意味でも悪い意味でも話題になっていますあね。バラエティーへの進出もますます増えていきそうな感じですので、新たな登坂淳一さんが見れるかもしれません。

今後の活躍に期待したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク