【教えてもらう前と後】長持ち冷蔵庫のメーカーはどこ?冷蔵庫に革命!?

テレビ番組「教えてもらう前と後」で紹介された最新型の冷蔵庫は、すごかったですね。食材が今までの2倍以上長持ちします。

なぜか鮮度が落ちないという不思議な冷蔵庫です。

これは、とても画期的な冷蔵庫ですね。

まだ開発中で正式発売にはなっていませんが、発売されたら大ヒット間違いないですね。

開発メーカーが気になるので調べてみました。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

【教えてもらう前と後】長持ち冷蔵庫のメーカーはどこ?

番組の中で紹介された実験中の冷蔵庫の扉には、紙にエバートロンと書かれていましたし、開発者の紹介でも会社名が出ていましたね。

長持ち冷蔵庫のメーカーは、株式会社エバートロンという会社です。

株式会社エバートロンの概要

代表取締役 田中久雄

  • 所 在 地  〒105-0014 東京都港区芝2-3-25 NIKIビル7階
  • TEL    03-6435-0416 FAX:03-6435-0406
  • 設  立  昭和43年11月4日
  • 資 本 金   7,000万円

設立が結構古いですね。今(2018)から50年前ですね。

事業内容

  • 1:水分子コントロールシステムの開発
  • 2:電波振動機器の製造と販売とレンタル事業
  • 3:電波振動装置の開発、製造、販売
  • 4:食用油、油生分解洗剤の製造、販売
  • 5:ライセンス事業

水分子コントロールってなんだという感じです。他にも電波振動をつかった機器の開発をしているようです。電子レンジのような機器の開発かと思ってしまいますね。

株式会社エバートロンの場所

浜松町駅の近くですね。

エバートロン社の特徴は?

私たちエバートロンの社名は『永遠の電子』の略。電子は細胞膜バリアーを難なく通り抜け、固有膜に隔てられたミトコンドリア内部まで到達できる唯一の物質です。エバートロンの技術は物理学理論であるローレンツの法則(物質の外部から電解や磁界のエネルギーを与えると物質の内部のイオンが活性化する)を参考にして開発された独自の水分コントロール技術です。
引用:https://evertron.jp/aboutus/

なんだか難しそうですね。電子を使って細胞内の水分コントロールができる技術を開発している会社のようです。

長持ち冷蔵庫の秘密もこの水分子コントロール技術にあるようです。

番組でも銀色の金属の板が2枚、冷蔵庫の天井と底面に設置され、50キロヘルツで電波を発振させていると説明されていました。

この銀板を冷蔵庫の上下に設置しているだけなんですよね。

この銀盤を設置するだけですから、既存の冷蔵庫の仕様変更もさほど難しくなさそうです。価格もそれほど上がらないのではないかと期待できますね。

この銀盤がアンテナのような役割なんでしょう。

50キロヘルツの電波を食材にあてるだけで鮮度が長持ちするんですから、

うーん、なんだかすごいですね。

植物などの細胞内の水分子がこの電波を浴びることで、1秒間に5万回もずっと振動させられているということになりますね。

この水分子の振動が細胞の鮮度を保つ秘密のようです。

早く発売してほしいですね。いろんな分野で革命を起こしそうです。

スポンサーリンク

長持ち冷蔵庫の商品名は?

エバートロン社のホームページを見ると、この冷蔵庫の名前は、フレッシュトロンです。

この冷蔵庫は、まさに食料倉庫に革命が起きますね。

現在、番組「教えてもらう前と後」での紹介を記念して、無料モニターの企業を100社募集中です。

審査があるようですが、募集は殺到しそうです。

家庭向けの長持ち冷蔵庫・フレッシュトロンを早くほしいですね。

番組でも言っていましたが、フードロスなどの問題を大幅に改善できそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする