吉野ガーリック(ジャンボニンニク)の通販お取り寄せを紹介!値段はいくら?

「青空レストラン」で吉野ガーリックが紹介されますね!

佐賀県の吉野ヶ里町の特産品・吉野ガーリックは、規格外の大きさです。

通常のにんにくの5倍ぐらいの大きさです!

小さめの玉ねぎクラスの大きさです。やばっ!

吉野ガーリック食べてみたくなりますよね!

吉野ガーリックのお取り寄せができる通販サイトを紹介していきます。

大きいだけに値段も気になりますね!

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

吉野ガーリックの通販お取り寄せを紹介!

吉野ガーリック(ジャンボニンニク)は、松本農園ということろが栽培しています。

吉野ガーリックの通販は、「さがまちショップ」という佐賀の特産品を販売している通販サイトで販売されています。

ですが、すでにすべて完売してしまっています!(T_T)

うーん、すごい人気です!!

でも吉野ガーリックっていわゆるジャンボニンニクのことだから産地がちがうけど楽天でもジャンボニンニクの通販がありました!

兵庫県猪名川町産のジャンボニンニクです。

楽天市場だけの期間限定販売です。

気になる方はお早めにどうぞ!

吉野ガーリックの値段はいくら!?

引用:https://www.sagamachi.com/matsumoto/499.html

にんにくの大きさによって値段が違いますね!

  • M 1,000円
  • L 1,200円
  • LL 1,800円
    • ※税込

正直結構いいお値段がしますね~^^;

吉野ガーリック(ジャンボニンニク)って普通のにんにくみたいに6~8片に分かれているわけではなくて、1つの玉だけで小さい玉ねぎみたいな感じです。

大きさのイメージは、大人の男性の握りこぶし大ぐらいあります!

吉野ガーリックの味や臭いは大丈夫?

これだけ大きいとにんにくの臭いも気になりますね!

でもこの吉野ガーリックは、食べてもにんにくの臭いはほとんど気にならないそうです。

ホイルの包焼きで食べるとトロッとしてるけどじゃがいものようなホクホク感も楽しめ、旨味もある味のようです。

これは食べてみたい!

吉野ガーリックの旬はいつ頃?

吉野ガーリックの収穫は、5月下旬から6月にかけてです。

そこから1ヶ月ぐらい乾燥させて7月ごろに出荷されます。

吉野ガーリックの旬はいつかというと6月~7月ということになりますね。

まとめ

佐賀県の特産品・吉野ガーリック(ジャンボニンニク)がお取り寄せできる通販サイトや値段について紹介してきました!

吉野ガーリック(ジャンボニンニク)を食べてみたいかたは、通販や栽培している地域の直売所や道の駅で購入できますので試してみてください。

吉野ガーリックの食べ方は、6月26日放送の「青空レストラン」でもいろいろな美味しい食べ方が紹介されるので、要チェックですよ~(^^)

ジャンボニンニクを食べるのもいいけど家庭菜園で育ててみたいですね。

(関連記事)

前回の青空レストランで紹介された茨城のカリカリ梅の記事は、こちら↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク