オリンピック開会式の音楽はどうなるの?後任候補の予想は誰?

オリンピックの開会式と閉会式の音楽を担当していた小山田圭吾さんが直前で辞任という事態になっています!

開会式直前のドタバタ騒ぎでなんだかもう異例続きの東京オリンピックになりそうです(-_-;)

しかし小山田圭吾さんは、開会式の約4分間の音楽を担当していたので、その部分の音楽がどうなるのか?

まさか無音?

なかったことに?

後任候補がすでにいるとかいないとか?

いろいろな憶測が飛び交っていますね。

ネットで上がっている後任候補の予想なども紹介していきます!

今回の事態で逆に当日の開会式への注目度が一気に上がってきました。

転んでもタダではおきない戦略なのかといぶかってもしまいますね。

スポンサーリンク

オリンピック開会式の音楽はどうなるの?後任候補の予想は誰?

東京オリンピック音楽

岡崎体育さんがみずから自薦で小山田圭吾さんの後任に名乗りをあげてします!

さすが岡崎体育さんです!

動きが早いし、面白い(^^)

岡崎体育さんのファンもマジ推しで選曲もしているという状況(^^)

たしかに岡崎体育さんがやればいいんじゃないかと思うようになってきました^^;

こんなタイミングで注目度も上がってしまった状況で自分からやるという人は、なかなかいないでしょうから、やりたいという人にやらせてあげたほうがオリンピック組織委員会の印象もバク上がりして一石二鳥な感じもするけどね~(^^)

ほかには、こんな意見もありますよ。

Yoshikiさんもいいかも!

おわりに

ネット上には、いろいろな候補者がおもしろおかしくもまじめにも出てきています。

すでにリハーサルも大詰めのはずなので、早く決めてあげたほうがいいですよね。

ある意味オリンピック開会式の当日はサプライズ的な演出になってきました!

オリンピックの開会式の音楽について新しいことが分かり次第追記していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク