新元号(新年号)の発表はいつ?すでに候補は決まっている?

現天皇の退位も決まり、来年2019年5月には現皇太子の即位も決定しています。

それに伴い新元号(新年号)がどうなるのか気になりますね。

「平成」の時代が時代が終わり、新元号(新年号)は何になるのでしょうか?

各メディアやネットでもいくつか予想(候補)がされていますが、新元号ってどうやって誰が決めるの?とか、いつ発表になるの?など素朴な疑問が湧いてきます。

そのあたりも、新元号の予想(候補)とともにまとめてみました。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

新元号(新年号)の発表はいつ?

新元号の発表時期については、2018年1月の段階で今年の年末以降で検討中というニュースがありました。

引用:http://www.news24.jp/articles/2018/01/22/04383529.html

政府の考えとしては、あまりに早いと盛り上がらなくなるので新天皇の即位の時期(2019年5月)にできるだけ近づけたいという意向と報道されています。

この政府の理由は、いささか違和感を感じてしまいますが、新元号の発表は年末以降になるのは間違いなさそうです。

2018年5月17日の報道では、新元号の発表時期を改元1ヶ月前の4月1日と想定して準備を進める方針に決めたそうです。

理由は、政府のシステム改修に1ヶ月はかかるという見込みからだそうです。

ただ最終的には、首相の判断になるそうです。

この報道が出てから、4月1日じゃ遅すぎるという批判の声も大きくなっていないので、新元号の発表は、2019年4月1日になりそうですね。

いずれにしてもカレンダーや手帳メーカーさん、コンピュータなどのソフトメーカーなどは、もっと早くしてくれよー!と言っているかもしれませんね。

スポンサーリンク

新元号(新年号)はいつから?

平成から新元号に変わるタイミングは、まさに現皇太子が天皇に即位される時ですね。

それは、2019年(平成31年)4月30日(火)から5月1日(水)です。

平成は、31年と4ヶ月30日で終わることになります。

元号って普段ありまり意識しませんせが、いざ変わるとなるとなんだか気になりますね。

政府も2018年8月1日に皇位継承式典事務局を設置しました。

引用:https://www.sankei.com/politics/photos/180801/plt1808010017-p2.html

事務局は26人の専従職員からなり、事務局長には山崎重孝元内閣総務官が就任した。政府は今秋に首相を委員長とする「式典委員会(仮称)」と、官房長官を本部長とする「式典実施連絡本部(仮称)」を立ち上げる。事務局は両組織の発足準備のほか、式典の実務も担う。
引用:https://www.sankei.com/politics/photos/180801/plt1808010017-p2.html

この事務局が実行部隊のようですが、前例がないのでやることは盛りだくさんでしょうね。大変そう^^;

この事務局が新元号についても準備しているはずです。

引用:https://www.sankei.com/politics/photos/180801/plt1808010017-p1.html

即位後の儀式が凄いですね。メインイベントは、5月1日(水)と10月22日(即位の礼)ですね。

10月22日は、外国からも首長級のVIPが何百人も来日するわけですから、オリンピック前の一大セレモニーになりそうです。

規模・セキュリティーの重要度はオリンピック以上でしょう。凄そう!(・_・;)

この両日は、都内は厳戒態勢でしょうから祝日になるでしょうね。

スポンサーリンク

2019年からゴールデンウィークはどうなる?

引用:https://www.sankei.com/

天皇陛下譲位と皇太子即位・改元が今までのゴールデンウィークの中日に設定されるので、10連休になりそうです。

公務員やサラリーマンには嬉しいですね。ゴールデンウィークの中日ってなかなか有給を使って大型連休にするのが難しかった人が多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

新元号(新年号)の予想(候補)まとめ

ネットでは、安始(やすし・あんし)安久(あんきゅう)があります。

予想されているもので多いのは、新元号の一文字は、「安」のようです。新しい天皇の時代が安らかなるようにという希望が込められていて人気があるようです。

昭和から平成に変わる時には、3つの候補(平成、正化、修文)に絞り込まれ、最終的に平成となりました。

今回も最終的に3つに絞り込まれ、首相と官房長官などのごく限られたメンバーで決定されるのでしょう。

新元号(新年号)の決め方とは?

元号の決め方は、1979年(昭和54年)に制定された元号法に則って決められます。

当時の大平内閣は、元号の決め方について具体的な要項を制定しています。

それによると以下のような具体的な決め方のようです。

元号は、「候補名の考案」、「候補名の整理」、「原案の選定」、「新元号の決定」の各段階を践んで決定される。まず、候補名の考案は内閣総理大臣が選んだ若干名の有識者に委嘱され、各考案者は2ないし5の候補名を、その意味・典拠等の説明を付して提出する。総理府総務長官(後に内閣官房長官)は、提出された候補名について検討・整理し、結果を内閣総理大臣に報告する。このとき、次の事項に留意するものと定められている。
1.国民の理想としてふさわしいようなよい意味を持つものであること。
2.漢字2字であること(3文字以上は不可。但し、749年から770年にかけては、漢字4文字の元号が使用されている)。
3.書きやすいこと。
4.読みやすいこと。
5.これまでに元号又はおくり名として用いられたものでないこと(過去の元号の再使用は不可)。
6.俗用されているものでないこと(人名・地名・商品名・企業名等は不可)。
整理された候補名について、総理府総務長官、内閣官房長官、内閣法制局長官らによる会議において精査し、新元号の原案として数個の案を選定する。全閣僚会議において、新元号の原案について協議する。内閣総理大臣は、新元号の原案について衆議院及び参議院の議長及び副議長に連絡し、意見を聴取する。そして、新元号は、閣議において、改元の政令の決定という形で決められる。
引用:昭和54年10月23日閣議報告 元号選定手続きについて

この要項をみるとかなり具体的な手続きになっていますね。あと、平成を決める時はアルファベットの頭文字(明治・M、大正・T、昭和・S)についてもかぶらないように考慮されたそうです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 新元号の公表時期は、2019年4月1日になる可能性が高い。
  • 新元号への改元は、2019年5月1日。
  • 皇太子の即位と改元が5月1日になるので、祝日になればゴールデンウィークは、10連休に。
  • 新元号の候補は、元号法に基づいて閣議決定された要項に則って決定。

新元号(新年号)が何なるのか気になるところですが、来年4月まで待たなければならないようです。

いずれにしても明るい時代になることを希望したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク