前澤友作社長(ZOZOTOWN)が月旅行に!費用はいったいいくら掛かるの?

おどろきのニュースが発表されましたね。何かと話題が多いZOZOTOWNの前澤友作社長ですが、今度は宇宙規模のビックプロジェクトを計画中です。

民間人として世界ではじめて月に旅行するという驚きの計画です。

その月旅行プロジェクトの内容についてみていきたいと思います。

いったいいくらで月までいけるの?

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

前澤友作社長の月旅行の費用は、いったいいくら?

今回の月旅行計画は、イーロン・マスク氏が率いるスペースXとのコラボで実現したようです。

気になる費用は非公開ですが、ざっと1,000億円程度の言われています。マジかー!ヮ(゚д゚)ォ!

もう金銭感覚が麻痺しそうな金額ですが、国家プロジェクトなみの金額ですね。

1,000億円あったら何ができるのか?ちょっと調べてみました。

  • 1万円札を積み上げていくと1000mの高さになる。ちなみに重さは10t
  • ドーム球場が2つは建設できる。
  • 10万トンの大型豪華客船が2隻は買える。
  • オスプレイを10機買える。

いずれにしても個人が払う金額ではないような気がします。^^;

今回のプロジェクトは、ZOZOTOWNとは関係がないということですので、前澤友作社長の個人的な出費ということになるのでしょう。

以前からもアートコレクターとして100億円の絵画などを購入していたことはありましたが、今回は、桁が一つ大きいですね。

どんだけ金持ちなんですかというのが正直な感想です。スケールが違いすぎますね。(*_*)

スポンサーリンク

月旅行プロジェクトの内容は、?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

If Pablo Picasso had been able to see the moon up-close, what kind of paintings would he have drawn? If John Lennon could have seen the curvature of the Earth, what kind of songs would he have written? If they had gone to space, how would the world have looked today? People are creative and have a great imagination. We all have the ability to dream dreams that have never been dreamt, to sing songs that have never been sung, to paint that which has never been seen before. I hope that this project will inspire the dreamer within all of us. Together with Earth’s top artists, I will be heading to the moon… just a little earlier than everyone else. I am truly blessed by this opportunity to become Host Curator of “#dearMoon”. I would like to thank Elon Musk and SpaceX for creating the opportunity to go around the moon in their BFR. I would also like to thank all those who have continuously supported me. I vouch to make this project a success. Stay tuned! パブロ・ピカソが月を間近に見ていたら、どんな絵を描いたんだろう。 ジョン・レノンが地球を丸く見ていたら、どんな曲を書いたんだろう。 彼らが宇宙に行っていたら、今の世界はどうなっていたんだろう。 私たちには、想像力と創造力があります。 まだ一度も見たことのないような夢を見ることができるかもしれない。 歌ったことのないような歌が歌えるかもしれない。 描いたことのないような絵が描けるかもしれない。 このプロジェクトが皆さまの夢を拡げるきっかけになることを願っています。 地球を代表するアーティストと共に、皆さまより少しだけお先に月に行ってきます。 #dearMoonホストキュレーターとして、このようなチャンスに恵まれたことを大変誇りに思います。 BFRでの月周回飛行プログラムを提供くださるイーロン・マスクさんとSpaceX社の皆さま、そしていつも僕を支えてくださる全ての関係者の皆さま、本当にありがとうございます。 このプロジェクト必ず成功させます。 楽しみにしていてください!

Yusaku Maezawaさん(@yusaku2020)がシェアした投稿 –

今回の月旅行プロジェクトもアートと関係しているようですね。いろんなジャンルの芸術家達を6~8人を一緒につれていくようです。

プロジェクトのプロモーション動画がありますので見てみましょう。

前澤友作社長と一緒に月旅行に行く芸術家達も誰になるのか気になりますね。

ほんとに彼らがどんなインスピレーションを得て、どんな作品を作り出すのか見てみたい気になってきました。

とにかく壮大なプロジェクトです。

スポンサーリンク

いつ行くの?

スペースXは、昨年2月27日に民間人が月を周回する旅行を実施する計画を発表済みでした。

イーロン・マスクCEOは、「飛行は18年後半になる予定で、二人の旅行客はすでに多額の手付金を支払った」と語っていましたが、宇宙船の建造が大幅にお遅れているようですね。

会見では、2023年に月に行くと明言されています。

前澤友作社長のインスタで宇宙船の胴体部分の写真がアップされていましたが、完成までにまだまだかかりそうな雰囲気です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

My mission to go around the moon, as the first private passenger, will represent the imagination and curiosity of all people. I will make this a meaningful journey with @SpaceX on the BFR launch vehicle. Here I am with the prototype in Los Angeles. いつでも子供のような好奇心で、いろいろなことを想像してきました。誰もやっていないことをするのが大好きです。宇宙は未知なる発見の連続です。民間人初となる今回のこの月周回計画の実現によって、皆さまの好奇心や想像力が少しでも拡がるきっかけになるといいなと思っています。月へ行く際に乗船することになるのが、このロケット、SpaceX社のBFRです。現在ロサンゼルスの工場で開発されているプロトタイプです。

Yusaku Maezawaさん(@yusaku2020)がシェアした投稿 –

計画通り2023年に月に行けるのか、これからやるべきハードルはまだまだありそうですね。

人類が月面に降り立ってから45年経っていますが、その間の科学技術の進歩はめざましいものです。

きっとプロジェクトが成功することを期待したいと思います。

関連記事:前澤友作社長の腕時計が凄い!パテック・フィリップの最上位コレクションか!?

まとめ

  • 前澤友作社長の月旅行の費用は、非公開ですがざっと1000億円と言われている。
  • 月旅行プロジェクトの内容は、前澤友作社長がアーティストを6~8人招待して一緒に月にいって、インスピレーションを得てもらい新しい作品を作るというもの。
  • 月旅行は、2023年を予定している。

イーロン・マスクCEOと前澤友作社長がタッグを組めば、なんでもできてしまうんじゃないかと思ってしまいますね。

二人とも型破りな人間という共通点があります。しかも考えることが宇宙規模で次元が違いすぎて、二人の会話についていける人がどれくらいいるんだろうと思ったりします。

でも二人を見ていると自分の悩みなんてちっぽけ過ぎて、バカらしく思えたりもするので不思議です。

月旅行プロジェクトは、ぜひ成功させてほしいですね。

関連記事:前澤友作の自宅の場所はどこ?剛力彩芽との結婚はいつ頃か?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク