バブル崩壊はいつくるのか?2017年から2018年平成最後が危ないかも!

「バブル崩壊」を不安に思っているのは私だけではないようです。ネットで「バブル崩壊」と検索するとかなりの情報がでてきます。すでに2017年(平成29年)から警鈴をならしている方や2018年(平成30年)が危ないと予言されている方など見ていくと興味深いので気になった情報を見ていきたいと思います。

最近の株価の好調をみているとまたバブル崩壊がいつかくるのではないかと思ってしまいますね。いつまでも上がり続けるというのは考えづらいですし、上がった相場はかならず落ちるというのはありますので最近の株式市場の上がり具合や仮想通貨バブルに不安を感じてしまいます。

森永卓郎氏のバブル崩壊予言の中身は?

ニッポン放送のラジオ番組「あなたとハッピー」で森永氏が2018年(平成30年)に起こる3つのバブル崩壊として解説(番組収録内容をヤフーニュースが掲載)。

引用:https://news.goo.ne.jp/entertainment/talent/M03-0501.html

森永氏はテレビやラジオなどで経済評論家として出ていますし、いわれていることはかなり的を得たことを言われていると思いますね。そんな彼の解説が気になりますので早速中身について見てみましょう。

「トリプルバブル崩壊」の中身

森永氏が挙げる3つのバブル崩壊は、以下の通りです。

  • 都心不動産のバブルの崩壊
  • 株価バブルの崩壊
  • bitcoin(ビットコイン)等の仮想通貨バブルの崩壊

都心不動産については、東京オリンピックに向けた建設ブームで一部のマンションが10億円もの値段に高騰していることを挙げています。値上がりを見越したマンション転がしの事例ですね。完全に投機目的で値段が高騰しているだけで2018年の後半か2019年前半には崩壊すると予言しています。

株価についてもオリンピック景気を先取りしているだけで2018年年末には大暴落する可能性があるとのこと。

2017年からのビットコインの高騰については、もっとも危険で裏付けがない通貨であることを忘れて、儲け優先で財産や老後の資金をつぎ込むのはやめましょうと警告しています。

また、日銀がいずれ仮想通貨を出す日がくると予想していますね。確かに日銀が出してくれれば裏付けがある通貨として間違いないですから、今の仮想通貨とは価値が違いますね。安心して使うことができそうです。今のビットコインの相場をみていると相場が上下しすぎて通貨としては使えないですよね。通貨の価値は安定していることが必要です。

今のビットコインブームには素人は参入しないほうが良さそうですね。相場をみていると完全に投機目的での動きになっています。でも世間では「億り人」なる流行語もでるくらいにビットコイン・仮想通貨は儲かるという情報が拡散されているので皆さん流されていくんでしょうね。

(関連記事)

スポンサーリンク

まとめ

  • 森永卓郎氏のトリプルバブル崩壊予言は信憑性がありそう!
  • バブル崩壊がいつ来るのか?2018年年末ごろが一番危険かも!

森永氏の3つのバブル崩壊のどれが先にくるのか?何かのきっかけで一気に連鎖的にバブル崩壊が始まりそうですね。2009年のリーマンショックの時もサブプライムローンの焦げ付きが崩壊のトリガーでしたし、今回も何がトリガーになるのか?ヒントは森永氏が挙げた3つの分野の中の不都合な情報が出た時かもしれませんね。

2017年から2018年前半はすべてが好調ムードですが後半にかけて注意が必要ですね。まさに平成の終わりと重なるかもしれないです。日頃からバブル崩壊を想定してその兆候に注意しつつ備えもしておきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする