【満天青空レストラン】クロムツとは?オススメ食べ方やお取り寄せは?

今回の「満天☆青空レストラン」は、高級魚のクロムツです。スーパーでもほとんど見かけない高級魚です。

クロムツってどんな魚?

オススメの食べ方やお取り寄せできるのかなど調べてみました。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

【満天青空レストラン】クロムツとはどんな魚なの?

クロムツは、漢字では「黒鯥」と書きます。名前の由来は、非常に脂がのっていて、脂っこいことを「むつっこい」、「むつこい」、「むっちり」などということに由来しているようです。

それだけ脂ののった魚ということですね。

主な生息域は、水深200ー500mで福島県、房総半島東岸、相模湾、伊豆大島、伊豆半島東岸、駿河湾で水揚げされています。

ただ水揚げ量はとても少なく、市場にでることも稀な超高級魚です。見た目はこんな感じの魚です。

引用:https://www.zukan-bouz.com/syu/

体長は、70cmぐらいまで成長し、大型の魚です。

クロムツの旬は、秋~冬です。この時期が最高に脂がのって美味しい時期です。

クロムツの価格は、大きさが1.5kg前後で8,000円~9000円前後です。なかなかいいお値段がします。特別な日や記念日に食べるような魚ですね。

スポンサーリンク

クロムツのオススメの食べ方は?

そんな高級魚のクロムツですが、どんな食べ方がオススメなのか見ていきましょう。

いろんな食べ方、料理方法がありますが、新鮮なクロムツはなんといっても刺身が最高にクロムツの美味さを堪能できます。

引用:満天青空レストラン予告

脂がのって少しピンク色がかった刺身が最高です。

あとは、定番の煮付けもクロムツの旨味が汁に溶け出していて、なんとも言えない甘みがあります。

引用:https://www.yokohama-maruuo.co.jp/food/

魚の煮付けの調味料の黄金比は、醬油:酒:味醂:砂糖=2:2:2:1です。これは、どんな魚な煮付けにも適用できて、覚えておくと美味しい煮付けができますよ。

他にも焼き、蒸しなどでも美味しくいただけます。脂がのったしっかりした白身がクロムツの美味しさだと思います。

クロムツのお取り寄せってできるの?

楽天でクロムツのお取り寄せを調べてみるとありましたね。

 

築地直送のクロムツで下処理(三枚おろしか内蔵、エラ、ウロコ取り)も依頼できるので助かりますね。

下処理してくれると気軽に頼めるのでありがたいです。

まとめ

  • 【満天青空レストラン】クロムツとは、秋~冬が旬の白身の高級魚。
  • クロムツのオススメの食べ方は、刺身、煮付けがうまい。
  • クロムツのお取り寄せ通販は楽天にあり。下処理してくれて助かる。

今回の「満天☆青空レストラン」は、白身の高級魚クロムツでした。

今(冬)が旬の高級魚ですが、たまには市場直送の珍しい魚をお取り寄せで食べてみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク