下町ロケットの藤間社長役・杉良太郎の若い頃が気になる!

現在放送中の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系)が最終回に向けて好調ですね。視聴率も平均12.6%となかなかのレベルをキープしています。

そんな中、9話で見せた藤間社長の名裁きが話題です。視聴者も見ていてスカッと!した人が多かったと思います。

自己保身に走るクズ管理職が藤間社長に見事にやり込められるシーンは、かつて杉良太郎さんの十八番だった「遠山の金さん」を思い出させてくれました。

今回は、そんな藤間社長役の杉良太郎さんの若い頃を調査してみました。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

下町ロケットの藤間社長役・杉良太郎の若い頃が気になる!

藤間社長の役柄は、登場当時は大企業の出世競争を勝ち登ってきた、清濁併せ飲むやや悪キャラかと思いきや、とてもまともな誠実な社長さんになっています。

でも杉良太郎さんの見た目がどう見てもヤクザの親分風なので、凄味(すごみ)が半端ないです。多分撮影現場もすごい緊張感があるんじゃないかと思ってしまいます。^^;

杉良太郎の若い頃とは?遠山の金さんのイメージが強い!

杉良太郎さんが「遠山の金さん」だったことを知っている人は、40代以上の人でしょうね。50代、60代の人は、まさにリアルタイムで遠山の金さんを見ていたファンが多いのではないでしょうか。

「遠山の金さん」というのは、町奉行だった遠山の金さんが町人に変装して、江戸の街に溶け込んで、そこで悪党どもを懲らしめていくという勧善懲悪時代劇でした。

日本人は、このスタイルのドラマが基本的には大好きだと思います。水戸黄門も同じスタイルの時代劇です。水戸黄門は、「この紋所が目にはいらぬかー!!」という決め台詞が有名ですが、「遠山の金さん」の決め台詞は、「この金さんの桜吹雪!よもや見忘れたとは言わせねーぞ!」でした。ちょっとした流行語になっていたような^^;

杉良太郎さんと言えば、「遠山の金さん」というイメージが強いですね。

逆に金さん以外の役のイメージが個人的にはあまりないです^^;

でも調べてみると時代劇をメインに面白い作品に多数出演しています。

出演作品は、『右門捕物帖』(テレビ朝日)、『新五捕物帳』(日本テレビ)、『一心太助』『同心暁蘭之介』(フジテレビ)、『大江戸捜査網』『喧嘩屋右近』(テレビ東京)などです。

杉良太郎の略年表

1944年:生まれ
1965年(21歳):デビュー
1967年(23歳):『文五捕物絵図』
1970年(26歳):『大江戸捜査網』
1974年(30歳):『右門捕物帖』
1975年(31歳):『遠山の金さん』
1977年(33歳):『新五捕物帳』
1980年(36歳):『大捜査線』
2009年(65歳):紫綬褒章
2016年(72歳):文化功労者

年表をみてみると凄いですね。芸能界一筋で今や大御所です。現在74歳ですが、すごい存在感のある俳優さんです。セリフなしでもいるだけで演じることができる俳優さんですね。

杉良太郎の意外な別の顔

杉良太郎さんは、なんと15歳のころから刑務所への慰問活動をしているのです。それは、芸能界にはいってからもずっと継続して行われていて、その活動が認められて法務省特別矯正監という肩書を法ム大臣より任命されています。

他にもベトナムとの親善に20年以上も携わっていて、ベトナムに日本語学校を無償で設立したり、ベトナム人の子供の里親として100人以上面倒をみたりしています。

さらに、阪神淡路大震災や東日本大震災などの災害時には、大規模な支援物資を援助したり自ら炊き出しに赴いたりと様々な慈善活動をしています。

それらはすべて個人で行うにはあまりにも破格の対応で驚くばかりです。とにかくスケール感が半端ないです(*_*)。凄いの一言に尽きます。

おそらくこれだけの慈善活動ができる芸能人は他にはいないでしょう。それも単にお金だけの寄付や援助ではないという点も素晴らしいところです。

歌手・杉良太郎の顔もあった!

杉良太郎さんは、実はミリオン歌手でもあったのです。杉良太郎さんのミリオン代表作は「すきま風」です。

この「すきま風」は、杉良太郎さんが主演していた「遠山の金さん」のエンディングにも使われて当時異例のロングヒットを記録しています。その後のディナーショーなどでもおばさま達に杉様フィーバーが巻き起こりました。

スポンサーリンク

まとめ

  • 杉良太郎の若い頃は、時代劇俳優として大活躍していた。
  • 杉良太郎の代表作は、「遠山の金さん」「大江戸捜査網」など。
  • 杉良太郎は、慈善活動家としての顔をもつ。
  • 杉良太郎は、ミリオン歌手だった。代表作は、「すきま風」

杉良太郎さんは、凄味のある俳優さんで今では貴重な存在の俳優さんですね。ドラマなどにでているだけで絵になる俳優さんです。これからもお元気で頑張っていってもらいたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク