丸山珈琲の小諸ブレンドがうまい!小諸店とその絶品メニューも紹介!

いまや全国区となった『丸山珈琲』。おいしいコーヒーがいただけると評判の店舗があります。長野県の小諸市にある小諸店。この店舗の限定絶品メニューと看板商品であるこだわりのブレンド配合コーヒーの「小諸ブレンド」について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

丸山珈琲「小諸ブレンド」のお味は?

「小諸ブレンド」その商品コンセプトは、

高原の清々しさと風情ある街並みをイメージした、清涼感とぬくもりを感じるブレンド。
引用:丸山珈琲公式ページより

なんとも情景的なコンセプトですね。小諸の街並みを知っている人ならイメージしやすいですかね。どちらかと言うと地元の人をターゲットにした商品のように感じます。地元の丸山珈琲ファンも多いようですからね。

ブレンド配合は、

  • コスタリカ   中煎り
  • ボリビア    中煎り
  • 他 ※季節により配合の割合が変化します。

小諸ブレンドのパッケージデザインがこちら、おしゃれな感じです。

引用:http://www.maruyamacoffee.com/ec/

実際にいれてみた感想ですが清涼感があるスッキリとした口当たりです。香りも爽やかで朝に飲むコーヒーとしては、一押しですね。

購入は、小諸店の店舗とオンラインストアで購入可能です。ぜひ一度お試しを!!

スポンサーリンク

小諸店とそのメニューについて

2008年に3店舗目「小諸店」として小諸市のやや郊外に出店しました。国道沿いですが周りには建物もなく静かな落ち着いたところです。外観もおしゃれでいい感じです。

引用:http://www.maruyamacoffee.com/ec/productdetail.php?pid=BL180130015#.WlxgH9VuaUk

焙煎工場も併設されていて、入り口をはいるとコヒーのいい香りとともに左手にガラス張りの焙煎工場の中を見ることができます。エントランスにはコヒー豆の直売やコーヒー関連グッズの販売コーナーがあり、見ているとどれも欲しくなってしまいますね。

入り口右手はカフェコーナーでかなり広い空間で席もゆったりと配置されています。アンティーク調のものやモダンな感じのものなどいろんなタイプの椅子やテーブルがあり好みの場所でコーヒーを楽しむことができます。

ただ土日などはかなり混んでいるのでゆっくりとコーヒーを楽しみたい時は平日の午前中のタイミングなどをみていったほうがいいです。

コーヒーはフレンチプレスでいれた各種のコーヒーを楽しめる上、スイーツ、ベーカリーも近郊の有名店のオススメ品を注文することができます。いくつか画像で紹介しますね。

小諸店の近郊にある評判のスイーツ店やベーカリー店のオススメ商品を堪能することができます。

メニューはそれぞれ季節ごとに限定品がありますので楽しみ倍増です。コーヒーとよく合うので一緒に味わってほしいですね。

ちなみにコヒー豆を注文するとその時々で変わりますがコヒーか子供さんにはジュース1杯のサービスがありお得感があります。またその時のオススメコヒーの試飲コーナーもあるので好みのコヒーをテイスティングしてから購入することができるというこれまた嬉しい気配りですね。

季節限定コーヒーや日替わりコーヒーがあるのでいつ行っても新しい発見があるコーヒーショップです。オーナーのコーヒーへのこだわりがひしひしと伝わってくるお店づくりで感心してしまいます。

スポンサーリンク

オススメまとめ

  • 焙煎工場がある小諸店には一度は行ってみる価値があります。
  • ぜひ小諸店限定メニューと小諸ブレンド味わってみてほしい!

長野県の軽井沢にも近いので東京からも新幹線や車で比較的足を運びやすいと思います。日帰りだとちょっとつらいかもしれないので泊で長野観光のついでに立ち寄ってみるのがオススメですね。

ちなみに東京にも店舗やセミナールームがあり、プロのバリスタが本格的なおいしいコーヒーのいれ方を指導してくれますのでコーヒーにこだわりたい方は一度いってみられることをオススメします。セミナーの予定は、公式ページにスケジュールが載っていますのでチェックしてくださいね。

(関連リンク)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!