リサステッグマイヤーの現在2019は何してる?旦那や国籍も気になる!

数年前にはよくテレビ番組でも見かけていたリサ・ステッグマイヤーさんを覚えている人はどれくらいいるでしょうか。

モデルや英語の先生というイメージがありますね。

最近、また見かけるようにもなってきていますね。現在(2019)は何をされているのでしょうか?

結婚している旦那さんや子供、国籍なども気になるので調べてみました。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

リサ・ステッグマイヤーの現在2019は何してる?

リサ・ステッグマイヤーさんは、2019年の特番に出演していましたね。

あと、NHKのBS1で「COOL Japan」というレギュラー番組も持っています。

引用:https://www6.nhk.or.jp/cooljapan/

日本のクールなことを海外向けに発信する番組ですね。海外からきた外国人が見たり、体験したクールな日本を紹介しています。

日本人がみても日本の良さを再発見できる番組ですね。

あと、リサ・ステッグマイヤーさんはトライアスロンもしていて、日本トライアスロン連合(JTU) 事業広報委員も務めています。

過去2007年には、トライアスロンの選手として佐渡国際トライアスロン大会・Bタイプ(水泳2km・自転車105km・マラソン20km)を、5時間58分35秒でゴール、年齢別1位、女子総合順位10位という成績を残しています。ヮ(゚д゚)ォ!

2020東京のオリンピックの公式種目になったトライアスロンですが、その採用にかなり尽力されたのではないかと思います。

民放のバラエティ番組などには見かけなくなってしまいましたが、海外と日本の架け橋的な仕事をしっかりされているようです。素晴らしいですね。

リサ・ステッグマイヤーさんは、現在8歳になる長男と6歳になる長女の二人の子供がいます。小学生と幼稚園なのでまだまだ手がかかりますよね。

今まで育児もあってあまり番組の仕事には出ていなかったのではないかと思います。

スポンサーリンク

リサ・ステッグマイヤーの旦那さんは?

アメリカ人の旦那さんとは2003年に結婚しています。旦那さんの画像はありませんが、金融マンらしく東京、香港、シンガポールなどを飛び回る生活のようです。

現在は、シンガポールに家族の拠点があるようです。子どもたちもシンガポールのインターナショナルスクールに通っているのだと思われます。

旦那さんとの馴れ初めは、2001年の同時多発テロの追悼式で出会ったそうです。お互いに大事な人を亡くしているそうです。

出会ってから、2年後の2003年に結婚しています。リサさんは、31歳の時です。それからお互い忙しく、子供をセーブしていたのかリサさんが40歳の時に第一子を出産しています。

結構遅めの出産ですね。

スポンサーリンク

リサ・ステッグマイヤーの国籍は?日本人なの?

リサ・ステッグマイヤーさんは、ドイツ系アメリカ人の父親と日本人の母親を持つハーフです。最近はミックスと言うそうです。

本名(旧姓)は、松本梨沙子・アリシア・ステッグマイヤー(まつもと りさこ・アリシア・ステッグマイヤー)と日本名とアメリカ名があります。

ウィキペディアでは、国籍は日本となっていますが名前の付け方からみてもアメリカ国籍も持っているのではないかと想像します。

どちらかの国籍を選択しなければならないというわけでもないので、ダブル国籍のケースは多いようです。

生まれは、アメリカのインディアナ州で1984年、12歳で日本に来日しています。来日してすぐにセブンティーンのモデルになり芸能界デビューしています。

持ち前のルックスと英語と日本語が話せるバイリンガルとして、英語番組なども担当し、ハーフタレントとして人気者になっていました。

結婚後は、旦那さんとの生活を重視して、芸能活動は自粛していたようです。

スポンサーリンク

まとめ

  • リサ・ステッグマイヤーの現在(2019年)はNHKBS1の「COOL Japan」のキャスターをしつつ、日本トライアスロン連合(JTU) 事業広報委員も務める。
  • リサ・ステッグマイヤーの旦那さんは、アメリカの金融マン。シンガポールが拠点のよう。
  • リサ・ステッグマイヤーの国籍は、日本とアメリカのダブル国籍の可能性もありそう。

二人の子供の子育てが一段落すれば、またよく見かけるようになるかもしれませんね。シンガポールを拠点に子育てしながら日本での活動をするのはなかなか大変なことだろうと思ってしまいます。

外からは、大変そうに見える子育ても楽しみながら、本にしてしまうところがさすがです。

また、楽しく学べる英語の番組などにも出てもらいたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク