【満天青空レストラン】鳥取茸王(肉厚椎茸)の価格や通販を調査!

2019年2月2日(土)の「満天☆青空レストラン」は、椎茸界の王様といわれる「鳥取茸王(とっとりたけおう)の紹介です。

とにかくデカくて肉厚な椎茸です。今までみたことがないですね。食べてみたい!

というわけで「鳥取茸王」の価格や通販・お取り寄せ情報を調べてみました。

早速、行ってみましょう!

スポンサーリンク

【満天青空レストラン】鳥取茸王(肉厚椎茸)の価格は?

鳥取茸王の大きさは、大人の片手ぐらいありますね。椎茸の傘部分の直径10cm前後はありますね。大きさが半端ないです!

肉厚も半端ないです!

断面の厚みは2~3cm以上ですね。厚い!!

こんなジャンボ椎茸「鳥取茸王」の価格は、1本あたり1,000円~1,200円前後です。

まあ、価格もジャンボですね。なかなかの高級品です!

【満天青空レストラン】鳥取茸王(肉厚椎茸)のブランド規格とは?

「鳥取茸王」というのは、ブランドの名ですがこの名前が付けられる椎茸の菌種や規格がきちんと決められています。その規格以上の椎茸しか「鳥取茸王」にはなれません。ゆえに高級品というわけです。

ブランド区分 名称 規格
プレミアム 鳥取茸王 金ラベル 傘径:8cm以上、厚さ:3cm以上
準プレミアム

鳥取茸王 銀ラベル

傘径:8cm以上、厚さ:2.5cm以上
レギュラー とっとり115 傘径:5cm以上

「鳥取茸王」の菌種は、一般財団法人日本きのこセンターが開発し、菌興椎茸協同組合が種菌を販売している「菌興115号」です。

この「菌興115号」で原木栽培された椎茸を総称して「とっとり115」と言います。この中から、傘径・厚さなどの規格を満たした生しいたけ「鳥取茸王」としてブランド化しています。 

「鳥取茸王」は、1本のほだ木から1割程度しかとれないので貴重ですね。まさに椎茸の王様です。

スポンサーリンク

【満天青空レストラン】鳥取茸王(肉厚椎茸)の通販・お取り寄せは?

「鳥取茸王」のブランドラベルがつく商品の通販・お取り寄せは、楽天やアマゾンではありませんでした。

鳥取市などの地元では、下のようなパッケージで出回っているようです。

デカイので、椎茸一つでワンパックですね!ヮ(゚д゚)ォ!

「鳥取茸王」のブランド名なないですが、同じ菌種115の原木生しいたけの通販は、楽天にありました。

あと、この菌種115を開発したきのこセンターの販売窓口である菌興椎茸協同組合さんのオンラインショップでも115の生しいたけの通販があります。

>>> 菌興椎茸協同組合のオンラインショッピング(通販・お取り寄せ)

「115」の菌種を使って、石川県でブランド化されたジャンボ椎茸「のとてまり」という高級椎茸ものもあります。

「115」というのは、大きく、肉厚に育ちやすい菌種のようです。生育途中でビニール袋をかけたりとなかなか手間はかかるそうですが、その分美味しい椎茸です。

「鳥取茸王」の旬の時期は?

椎茸の旬の時期は、晩秋冬から春です。冬場のしいたけのほうが、実がしまって美味しいです。

引用:https://www.k-siitake.com/product/2013/07/115.shtml

ほだ場の最高気温が10度~13度になる日がつづくと本格的に成長するそうです。

2019年の冬は比較的暖冬なので、2月上旬から発生し、大きな椎茸もとれだしているようです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 【満天青空レストラン】鳥取茸王(肉厚椎茸)の価格は、1本1,000以上の高級品!
  • 【満天青空レストラン】鳥取茸王(肉厚椎茸)の通販、お取り寄せは楽天、アマゾンにはない。「とっとり115」の生しいたけの通販・お取り寄せはある。
  • 鳥取茸王の旬の時期は、晩秋と冬から春で2月~3月が最盛期。

鳥取茸王を手に入れるには、現地いくのが確実のようですが、高級食材でもあるので金ラベルはほとんどが高級レストランなどにいくのではないかと思います。

「とっとり115」の規格でも十分に肉厚椎茸の美味しさは楽しめそうですので、なんとか手に入れてみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク