宇都宮聖花(三陸鉄道運転士)がかわいい!運転路線や時間は?【セブンルール】

2019年3月12日(火)放送の「セブンルール」では、東日本大震災の復興シンボルでもある三陸鉄道の若き女性運転士・宇都宮聖花さんの特集です。

女性運転士ってなかなか見かけないと思うのですが、珍しい上にとてもかわいい女性となれば注目度もグンと上がりますよね。

そんな女性運転士・宇都宮聖花さんを一目みたいと思い運転路線時間などを調べてみました。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

宇都宮聖花さんの三陸鉄道運転路線や時間は?

引用:https://www.sanrikutetsudou.com/wp-content/uploads/2019/03/e856481421c9e657e4f41132a576e06a.pdf

三陸鉄道といえば、赤の太いラインと青の細いラインがデザインされた列車が特徴ですね。

東日本大震災の発生後もいち早く運行を再開したということで復興のシンボルとなっています。

その三陸鉄道が東日本大震災から8年目の2019年3月23日・24日に全線開通となります。

今までは、北リアス線(宮古~久慈)と南リアス線(釜石~盛)の部分的な路線の運行でした。

引用:https://www.sanrikutetsudou.com/?p=550

上の路線図のように釜石~宮古間が運休していたわけですが、それがいよいよつながり全線163キロがリアス線として開通します。

今回の「セブンルール」の番組企画がこのタイミングで放送されるのも三陸鉄道全線開通に向けたプロモーションということでしょう。

となれば、注目のかわいい運転士・宇都宮聖花さんが運転するのは、この全線開通イベントに合わせた記念運行でしょう。

スポンサーリンク

リアス線誕生の記念運行日時

  • 2019年3月23日(土)盛駅8:05発 → 久慈駅9:30着

23日は記念運行のため一般の乗車はできませんので注意してくださいね。

停車駅ごとにいろんな記念イベントが用意されています。

詳しくは、こちらのリアス線誕生記念運行チラシを御覧ください。

宇都宮聖花さんは、おそらくこの記念運行列車の運転士として抜擢されているはずです。個人的な期待も込めてそう思いたい!

23日の記念運行は、久慈行列車が盛駅発8:05です。出発式で花束贈呈など記念イベントが8時からありますので、この花束を受け取る運転士さんは宇都宮聖花さんではないかと思います。

リアス線の通常運行はいつから?

リアス線の通常運行は、3月24日(日)からです。

リアス線の運行時刻表は、こちらです。

久慈→盛(上り)は1日3本(午前2本、午後1本)で盛→久慈(下り)は、1日2本(午前1本、午後1本)ですね。

本数が多いのは、従来の北リアス線(久慈~宮古)と南リアス線(盛~釜石)の運行本数がメインですね。

宇都宮聖花さんの運転時間はいつ?

リアス線が開通したことで運転士さんの運行スケジュールも変わったと思います。

従来は、宇都宮聖花さんは北リアス線を担当する運転士さんでした。

となると引き続き北リアス線の運行範囲を担当している可能性が高いですね。

いままでの報道などをみていると夜の運行も担当しているようですので、北リアス線(久慈~宮古)の午後の運行を担当している可能性が高いです。

運転士さんの個別の運行スケジュールについては、公表されていないので予想になってしまいますが、三陸鉄道の元北リアス線の列車に乗ると宇都宮聖花さんに会える可能性が高いと思われます。

スポンサーリンク

宇都宮聖花さんのかわいい画像まとめ!

引用:Twitter

宇都宮聖花さんの可愛い画像3枚です。たしかに可愛いですね。三陸鉄道のアイドルと言ってもいいでしょう。

女性の制服姿に萌える男性も多いはずです。癒やしアイドル系の顔立ちですし、ファンがいるのもうなずけます。2枚目の横顔などは、アイドル写真集にありそうなワンショットです。

三陸鉄道の注目度をますますあげてくれそうですね。

三陸鉄道に転職した頃の動画がありましたので、見てみましょう。

この時は、まだ運転候補生でいろんな業務を体験していたようです。

スポンサーリンク

宇都宮聖花のプロフィール(wiki風)と経歴は?

  • 名前 宇都宮聖花(うつのみや せいか)
  • 生年月日 1995年生まれ
  • 年齢 24歳(2019年)
  • 出身地 岩手県宮古市
  • 学歴 岩手県立宮古高等学校卒
  • 資格 動力車操縦者運転免許

岩手県宮古市で生まれ育った宇都宮さんは、現在24歳。
高校1年生の時、東日本大震災で被災しました。
出身地の宮古市も大きな被害を受け、跡形もなくなったそうです。

宇都宮聖花さんは、「“悲しい”を通り越して涙も出なかった」と語っています。

高校卒業と同時に東京で運転士になるという夢を
かなえるために西武鉄道に入社し、駅員として働いていましたが
故郷で復興に協力したいという想いもあり、
2016年に三陸鉄道に転職し、2017年に運転士の国家試験に合格しました。

電車を運転するためには、必要な国家資格ですが実技試験があるので誰でもとれる資格ではありません。運転士養成所か鉄道会社に入って実技訓練しないと合格するのは難しいです。

宇都宮聖花さんは、子供の頃からの夢を実現させるために確実に進んで、運転士になる夢を実現させました。すごい行動力ですよね。

宇都宮さんなら全線開通した三陸鉄道のイメージキャラクターとして新しい三陸鉄道を盛り上げていってくれそうです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 宇都宮聖花さんの三陸鉄道運転路線は、元北リアス線。
  • 宇都宮聖花さんの運転時間は、午後の可能性あり。
  • 宇都宮聖花さんは、確かにかわいい。三陸鉄道のアイドル。
  • 三陸鉄道が2019年3月23日から全線開通し、記念運行がある。

三陸鉄道が宇都宮聖花さんの活躍でますます訪れる人が増えるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク