ファインコーヒーは本当に高血圧値を下げる効果があるの?成分は何?

ファインコーヒーは、インスタントコーヒーだから手軽に毎日飲むことで高めの血圧を下げる効果があると言われています。

なぜコーヒーに血圧を下げる効果が期待できるのでしょうか?

ファインコーヒーの成分などについて見ていきたいと思います。

>>> ファインコーヒーの公式サイトを見てみる!

ファインコーヒーは本当に高血圧値を下げる効果があるの?成分は何?

ファインコーヒーには、栄養成分と機能性関与成分があります。

栄養成分について(1袋10gあたり)

  • エネルギー 38.4kcal
  • たんぱく質 0.44g
  • 脂質 0.07g
  • 炭水化物 8.99g
  • 食塩相当量 0.084g

栄養成分については、いわゆる通常のインスタントコーヒーとほとんどかわりません。

日本食品成分表のインスタントコーヒーの栄養成分は、以下の通りです。

  • エネルギー 29kcal
  • たんぱく質 1.5g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 5.7g

機能性関与成分について(1袋10gあたり)

  • GABA 20mg

GABAには血圧が高めの方に適した機能があることが報告されています。

GABAには、高めの血圧を下げる効果があることが臨床試験により確認されています。

GABAをとり続けると、2週間目から変化が現れ始め、4週間で有意な血圧の低下が報告されています。

ただし、摂取をやめると戻る傾向にあります。

ですので血圧対策には、GABAを継続的に取り続ける必要があります。継続性という点では、ファインコーヒーは、毎日摂りやすいコーヒーという食品になっているので無理なく続けられますね。

ファインコーヒーは、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示する「機能性表示食品」として、消費者庁長官に届出されたものです。
ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

ファインコーヒーの原材料とは?

引用:ファインコーヒー公式ページ

原材料名の部分を抜粋してみると、

難消化性デキストリン、還元麦芽糖、乳糖、コーヒー、ガルシニアエキス、γ-アミノ酪酸/生コーヒー豆抽出物、乳清ミネラル、香料、ナイアシン、V.B1、V.B2、V.B6

カタカナのあまり聞き慣れない材料がありますね。特に健康効果が期待できる原料について調べてみました。

難消化性デキストリン

なんだか難しい名前ですが、「水溶性食物繊維」と言えば少し馴染みがでてくるかと思います。

水に溶けやすく、消化されにくい食物繊維です。現代人の食物繊維不足を補うためにトウモロコシのデンプンから作られた特定保健用食品(トクホ)の関与成分です。

難消化性デキストリンは、体内での有効な5つの作用が確認されています。

1.糖の吸収スピードの遅延作用(食後血糖の上昇抑制作用)
2.整腸作用
3.脂肪の吸収スピードの遅延作用(食後血中中性脂肪の上昇抑制作用)
4.内臓脂肪の低減作用
5.ミネラルの吸収促進作用
引用:https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/fiber/about/type/dextrin/

現代人の身体には嬉しい作用がいっぱいありますね。

ガルシニアエキス

このガルシニアエキス(抽出物)は、ダイエット食品や健康食品の原材料表示をみるとよく含まれているものです。

ガルシニアとは、東南アジアに自生するオトギソウ科の一種で、オレンジのような大きさ実をつける植物です。

このガルシニアに含まれているHCA(ハイドロキシクエン酸)が体内の酵素と結合しやい性質があり、身体に嬉しい作用が期待できます。

  • 空腹感を抑える作用
  • 体脂肪の蓄積を抑える作用
  • コレステロール値の減少を促進する作用

γ(㌏)-アミノ酪酸

この成分も難しい名前がついていますが、この成分の別名が「GABA」です。GABAは、gamma-aminobutylic acidの頭文字をとったものです。

血圧は交感神経の活動が高まると上昇しますが、GABAはこの交感神経の亢進を抑え、血管の収縮に働くノルアドレナリンの分泌を抑えることにより血圧を低下させることが考えられています。GABAを産生する能力を持つ乳酸菌を利用して調製された発酵乳製品は、血圧が高めの方に適した「特定保健用食品」として承認されています。
引用:https://institute.yakult.co.jp/dictionary/word_1140.php

ファインコーヒーが血圧が高めの人に人気があるのもこの「GABA」が含まれているからですね。

ナイアシン

水に溶ける水溶性ビタミンので、ビタミンB群の仲間です。

ナイアシンはニコチン酸とニコチンアミドの総称で、体内でもつくられる成分です。

ナイアシンの作用は、皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きをします。不足すると食欲減退、消化不良や皮膚の発疹などがおこり、さらに不足する皮膚がとうろこ状に荒れる皮膚炎や、認知症、下痢などをおこすペラグラという欠乏症を発症します。

身体には必要な成分です。

ファインコーヒーの飲み方とは?

1日1杯を目安に飲むのがいいでしょう。

1袋(10g)にお湯もしくは水を100~150cc注いで、よくかき混ぜます。

インスタントコーヒーと同じなので水でも溶けやすいです。

普段のコーヒーを1杯だけファインコーヒーに置き換えるだけでOKです。

朝食前や後に飲む人が多いかもしれませんね。

ファインコーヒーは、特にどのタイミングで飲まなければいけないという決まりはありませんので、自分の好きなタイミングで飲んでOKです。

さらにファインコーヒーは、1袋ずつの個別包装ですから、出張や旅行先にも必要な分を持って行きやすいですね。

ファインコーヒーを実際に飲んでみた感想とは?

ファインコーヒーを実際に作って飲んでみました。

お湯どけもよくて、味は、いわゆるインスタントコーヒーです。大手コーヒーメーカーのインスタントコーヒーと比べると若干コーヒー感が薄いように感じましたが、飲みやすい味になっています。

ファインコーヒーのお得な購入方法とは?

ファインコーヒーは、通販でしか取扱がありません。ドラッグストアやスーパーなどでは購入することはできません。

大手通販サイトAmazonや楽天を調べてみると、楽天にはファインコーヒーの製造元・ファインが運営する直販サイトがありました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ファイン 血圧が高めの方のファインコーヒー 機能性表示商品 12日分(1日1杯/12包入)
価格:1296円(税別、送料別)(2019/3/19時点)

楽天で購入

 

こちらの楽天の場合は、単品販売品ですね。12杯分入の1箱が1,200円(税別)です。

1日100円ということになります。毎日缶コーヒーやコンビニコーヒーを購入する人も多いと思いますが、同じくらいの価格ですから、ファインコーヒーってどんな味があるの?というちよっと気になる人にはいいかもしれません。

でもちょっと待ってください!

今ならキャンペーンサイトからファインコーヒーを購入するとさらにお得になることがわかりました!

キャンペーンサイトからの購入なら、たっぷり2ヶ月分(5箱・60杯分)で楽天通販価格の半額(50%OFF)でファインコーヒーのお試しが可能です!!

50%OFFは初回限定だけのキャンペーンです。

2ヶ月分のキャンペーンをしているのは、ファインコーヒーの効果を実感してもらいたいからですね。

「GABA」が入っているファインコーヒーの効果は、毎日飲み続けることで高めの血圧値が下がることが期待できます。

ファインコーヒーの効果を実感するためには、最低でも2週間~4週間は続けて飲み続ける必要があります。

ですので、初回限定のお試し価格になっています。

コーヒーを毎日飲んでいて、血圧が高めの人はファインコーヒーは無理なく続けられるので試して損はないと思います。

>>> ファインコーヒーのキャンペーンサイトから購入を検討してみる!!

普段の健康診断などで血圧が高めですねという指摘を受けている人なら、早めの血圧対策としてファインコーヒーをオススメします。

高血圧の薬を飲み続けることになる前に普段の生活習慣を見直して、ファインコーヒーでホット一息つくという生活が理想ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク