山浦美和子(日本女子ショートトラックスピードスケート選手)がかわいい!趣味や出身大学を調査!

女子のショートトラックスピードスケートと言えば小平奈緒さんが思い浮かびますが、若手の有望選手が何人もいてしかもかわいい選手が多いです。

特に個人的に注目しているのが山浦美和子(やまうら みわこ)選手です。選手としての能力も素晴らしい上にルックスもかわいいのでスター性のある選手だと期待しています。

そんな山浦美和子について趣味や出身大学、競技成績などいろいろ調べてみました。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

山浦美和子(日本女子ショートトラックスピードスケート選手)がかわいい!

引用:https://sakudaira.info/jin/

山浦美和子さんは、目がクリっとしていて、色白でとてもかわいい選手です。きっとファンも多いはずです。

山浦美和子プロフィール

  • 本名 山浦美和子(やまうら みわこ)
  • 出身 長野県佐久穂町(旧八千穂村)
  • 生年月日 1998年(※月日は不明)
  • 年齢 21歳(2019年)
  • 家族 両親、5人兄弟姉妹、本人は4番目 ※かなりの大家族ですね。

かわいい上に競技成績もトップクラスです。詳しい成績は後ほど紹介したいと思います。

スピードスケートを始めたきっかけは?

山浦美和子さんは、スケートが盛んな町に生まれたというのが一番のきっかけでしょう。学校の授業でも冬場になるとスケートがあるようなところです。

そして家族や周囲にもスケートをする環境が身近にあるというのは大きいですね。美和子さんのお兄さんもスケートが得意で小学生の頃から隣町の佐久市のスポーツ少年団に入っているほどです。

そんな家庭環境ですから美和子さんも影響されてお兄さんと同じスポーツ少年団に入って本格的にスケートを習い始めます。

はじめの頃は寒くて泣きながら滑っていたそうです。それでも小学6年にはお兄さんと一緒に野辺山にあるスケートのメッカ・帝産クラブに入ってコーチの指導の元でメキメキ上達していきました。

山浦美和子さんは小学生で長野県ジュニア500㍍、1000㍍のチャンピオンになるほどの実力者に成長していきました。

強いスポーツ選手を育成するには、小さい頃から環境は大事だと思いますね。

現在は、2019年度日本スケート連盟強化選手になっています。オリンピックの有力候補選手ですね。

スポンサーリンク

山浦美和子の競技成績は?

  • 2019 第29回ユニバーシアード冬季競技会3000mリレー2位
  • 2018 第91回日本学生氷上競技選手権500m優勝、1000m優勝
  • 2017 世界ジュニアショートトラック選手権大会 3000mリレー3位
  • 2017 全日本ショートトラック選手権大会 総合14位
  • 2016 全日本ジュニアショートトラック選手権大会 総合2位
  • 2016 世界ジュニアショートトラック選手権大会 総合25位, 3000mリレー 6位
  • 2016 ジャパントロフィーショートトラック選手権大会 総合13位
  • 2016 全日本ショートトラック選手権大会 総合8位
  • 2015 全日本ジュニアショートトラック選手権大会 総合4位
  • 2015 全日本選抜ショートトラック選手権大会 総合5位,500m 2位
  • 2015 世界ジュニアショートトラック選手権大会 3000mリレー 3位, 総合25位
  • 2014-2015 ワールドカップショートトラック(ソウル)出場
  • 2014 全日本ショートトラック選手権大会 総合6位, 1500m 3位
  • 2014 全日本ジュニアショートトラック選手権大会 総合3位, 500m 2位
  • 2014 全日本選抜ショートトラック選手権大会 総合3位, 500m・1000m 3位
  • 2014 世界ジュニアショートトラック選手権大会 総合18位
  • 2014 全日本選抜ショートトラック選手権大会 総合4位
  • 2013 ソチオリンピック日本代表選手選考競技会 500m 10位
  • 2013 全日本ジュニアショートトラック選手権大会 総合3位
  • 2013 全日本ショートトラック距離別選手権大会 1000m 10位
  • 2013 世界ジュニアショートトラック選手権大会 出場
  • 2012 全日本ジュニアショートトラック選手権大会 総合5位
  • 2011-2012 全日本ノービス&ジュニアカップ ノービスA 年間総合優勝
    (第1戦 総合優勝, 第2戦 総合優勝)

    • 2011-2012 全日本ノービス&ジュニアカップ(第1戦) 500m 1位
    • 2011-2012 全日本ノービス&ジュニアカップ(第2戦) 500m 1位

小学生のころから活躍しているのがよくわかりますが、中学、高校、大学とずっとトップクラスの成績を残していますね。凄いです!

2022年の北京オリンピックが楽しみです。

スポンサーリンク

山浦美和子の趣味は?

山浦美和子さんの趣味の一つは、韓流映画の観賞だそうです。

どんな韓流映画を見ていているのかまでは、わかりませんでした。m(_ _)m

いずれもっと有名になれば、インタビューなどで趣味の話がきけるかもしれません。

山浦美和子の出身中学、高校や大学は?

山浦美和子さんは、出身が長野県佐久穂町(旧八千穂村)です。長野県の東信地域で山梨や群馬、埼玉との県境も近いです。

小学校、中学校は地元の公立校を卒業しています。

八千穂小学校から八千穂中学校に通っていました。

高校は隣町にある小海高校です。

現在(2019年)は、佐久市にある佐久大学信州短期大学部2年生です。

佐久穂町の自宅から車で通っているそうです。

中部横断自動車道が佐久穂町まで開通したので、大学までは車で約30分で到着します。

ラッキーなことに自宅の近くに八千穂高原ICができたので通学がとても楽になったそうです。

田舎だと公共交通機関が少ないので、車は必需品ですね。

だいたいの生徒は高校卒業と同時に車の免許をとりにいくのが当たり前になっています。

ちなみに佐久大学信州短期大学部の偏差値は、「43」です。

山浦美和子さんの場合は、スケートの練習と学業をうまく両立させるために佐久大学を選択したようです。

佐久大学には、2017年からスケート部が新設されていて、山浦さんは第一期生です。

大学としてもバックアップしていこうというおもいが感じられますね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 山浦美和子(日本女子ショートトラックスピードスケート選手)がかわいい!
  • 山浦美和子がスピードスケートを始めたきっかけは、出身地の佐久穂町がスケートの盛んな町だったことと家族やお兄さんの影響が大きい。
  • 山浦美和子の競技成績は、小学生からトップクラス。2019年の第29回ユニバーシアード冬季競技会3000mリレーでは銀メダルを獲得!
  • 山浦美和子の趣味は、韓流映画の鑑賞。
  • 山浦美和子の出身中学は八千穂中学、高校は小海高校、大学は佐久大学信州短期大学。

山浦美和子選手の今後の活躍に注目していきたいとおもいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク