ユリアンの英語力は本物?どこで勉強したのか出身高校や大学を調査!

ゆりあんレトリバーが話題ですね。おデブ+おバカ+おとぼけキャラで人気のお笑い芸人さんですが、実際は全然おバカではなくてかなり高学歴な女性です。

しかも英語ネタを持っていて今までにない新キャラとして注目です。

最近(2019年)は、6月にアメリカのオーディション番組『America’s Got Talent(アメリカズ・ゴット・タレント)』に出演して、アメリカにも爪痕を残しています。ヮ(゚д゚)ォ!

そんなゆりあんレトリバーの英語力やどこで英語を身につけたのか出身高校や大学を調べてみました。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

ユリアンの英語力は本物?どこで勉強したの?

ゆりあんレトリバーの英語ネタは、英語を喋れる風に見せているところがコミカルで面白いですけど、ゆりあんの英語の発音はかなりいいなあと感じていました。

そして、America’s Got Talent(アメリカズ・ゴット・タレント)の動画を見て、ゆりあんの英語力はなかなかのものだと確信しました。

その動画を見てみましょう。

この動画を見るとゆりあんと審査員とのやり取りがとてもスムーズですね。審査員からの質問の意味もしっかりとヒアリングできています。審査員の人もかなりはっきりと喋ってくれているので聴き取り易い英語で喋ってくれていますが、ゆりあんの英会話力はかなり高いと思わせてくれます。

そもそもこのアメリカのオーディション番組にエントリーする時点でかなりの英語力がないとエントリーもままならないでしょう^^;

今回のアメリカチャレンジがゆりあん一人で実行したものか? 事務所の人的なサポートもあったのかわかりませんが、ゆりあんの行動力は素晴らしいですね。

なんだか勇気をもらえた気がします(^^)

スポンサーリンク

ユリアンの出身高校や大学は?

気になるゆりあんの学歴についてです。

ゆりあんの出身地は、奈良県吉野町というところで奈良県の南部・かなり田舎で山間地です^^;

中学は、地元の吉野町立吉野中学校を卒業して、高校は奈良県立高田高校を卒業しています。

高田高校の偏差値は、62となかなかレベルが高い高校です。中の上という感じでしょうか。

引用:https://www.minkou.jp/hischool/school/3428/

奈良県内の公立高校では、7位ですから高田高校に行っていると言えば、頭いいねえーと言われるレベルでしょう。

ユリアンの出身大学は?

ゆりあんは、高校時代も学力を落とすことなく関西私立大学ではトップクラスの関西大学文学部に入学しています。

関西大学の偏差値は、70です。偏差値がこのレベルの大学に入学するには、受験勉強をしっかりしないと難しいでしょう。

ゆりあんのは、見た目とのギャップがありますが、かなりの高学歴です。^^;

ユリアンの英語力はどこで身につけた?

ゆりあんが英語やアメリカに興味を持ち出したきっかけは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』という映画だったそうです。

中学の頃は、この映画のDVDを毎日観て英語やアメリカに興味をもったのが今につながるスタートです。

確かに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は3部作ですが、面白くて全部観た記憶がありますね。

そして、今の芸風を作り出すきっかけを与えてくれたのが大学時代の帰国子女の友人だったそうです。

今は、その友人はドバイに住んでいるそうですが、その帰国子女の友人がアメリカ仕込みのオーバーアクションだったらしく、ツッコミどころ満載キャラでおもしろくて自分も真似するようになったというエピーソドがあります。

その帰国子女に会っていなければ今のゆりあんレトリバーはないですね^^;

スポンサーリンク

まとめ

  • ゆりあんレトリバーの英語力は、本物!英会話力は高い!
  • ゆりあんレトリバーの出身高校は、奈良県立高田高校。
  • ゆりあんレトリバーの出身大学は、関西大学文学部。
  • ゆりあんレトリバーが英語に興味を持ったきっかけは、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』だった。
  • ゆりあんレトリバーの芸風の生みの親は、大学時代の帰国子女だった!

ゆりあんレトリバーの今後の活躍に注目ですね。

アメリカに進出してくれることを期待しています。

追記

ゆりあんレトリバーのアメリカ進出に密着した番組がフジテレビで放送されます。

6月26日(水)の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』は、ゆりやんレトリィバァがついに世界進出!ワイドショー、ニュースなどでも多数取り上げられた、あのアメリカの人気オーディション番組出演の裏側に『梅ズバ』が独占密着!大成功の舞台裏が明らかに! 

梅沢富美男のズバッと聞きます!【ゆりやん話題の米番組出演!梅ズバ密着していた】
2019年6月26日(水) 22時00分~22時54分

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク