台風3号(セーパット)令和初のたまごが発生中!名前の由来や予想進路は?

令和初の台風3号のたまごが発生中です。名前はセーパット。名前の由来や今後の予想進路などを見ていきましょう!

スポンサーリンク

台風3号(セーパット)令和初のたまごが発生中!

引用:https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

上の画像は、アメリカ海軍の台風情報の最新のものです。94Wとつけられた熱帯低気圧が台風3号(セーパット)のたまごです。

日本時間の6月27日(木)の未明にも台風3号になる予想です。

この台風が令和初の台風となります。

昨年(2018年)と比べると6月段階では、今年(2019年)は少ない状況です。昨年は、6月末の段階で7個の台風が発生していました。

2019年は、梅雨入も遅いし、気温も昨年よりも低いですね。太平洋高気圧が弱いようです。

スポンサーリンク

台風3号(セーパット)の名前の由来は?

台風3号は、セーパットという名前がつけられることになっています。

セーパットとは、マレーシアが付けた淡水魚の名前です。

台風の名前は、国際機関の「台風委員会」に予め登録した140個が順番に使われるルールになっています。140番までいくとまたはじめに戻って、繰り返し使われます。

登録の順番でいうとセーパットは、36番目です。  

※大きな災害をもたらした台風は、台風委員会加盟国からの要請を受けて、その名前を以後の台風に使用しないように変更することがあります。

セーパット(Sepat)は、どんな淡水魚なの?

引用:https://busy.org/@balefend505/kind-sepat-fish

セーパットは、いくつかの種類がいます。大半は淡水に生息していますが、海にいるものもあるようです。

大きさは、手のひらにのるぐらいで食用にされたり、観賞用として水槽で飼われることもあるようです。

スポンサーリンク

台風3号(セーパット)の予想進路は?

台風3号の今後の進路が気になるところです。6月26日18時現在は、下のような気圧配置です。

気圧配置を見るとちょうど東ある高気圧と中国大陸にある低気圧の境目で強い雨が降っていますね。

今後の予想をみるには、上が画像の左隅にある「」をクリックしてください。今週末ぐらいまでの天気の予想を見ることができます。

このwindy.comの予想によると27日(木)~28日(金)にかけて西日本~中部、日本海側と関東は大荒れになりそうです。

27日未明に台風3号に発達する可能性がありますね。九州上陸か日本海側で発達して東北東に進む予想です。

ちょうど6月28日は大阪G20が開催されていますが、午前中は少し雨が残りそうです。前日の27日が大阪は大荒れになりそうです。注意したいですね。

スポンサーリンク

台風3号発生しました!【情報更新】

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00009339-weather-soci

日本列島の太平洋沿岸を沿うように東北東に進行しています。スピードが早いので28日午前中には関東に到達して午後には太平洋の沖合に抜けている予報です。

まとめ

  • 令和初の台風3号(セーパット)のたまごが発生中!※2019年6月26日現在
  • 台風3号(セーパット)の名前の意味や由来は、マレーシアが名付けたもので淡水魚の種類
  • 台風3号(セーパット)の予想進路は、九州に上陸する可能性もあるが、日本海側で発達する可能性もある。

集中豪雨の可能性もあるので警戒が必要ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク