原田麻子(かき氷の女王)のお店の名前や場所は?おすすめメニューとは!

2019年7月1日の「マツコの知らない世界」にかき氷の女王として名高い原田麻子さんという方が登場します。

原田麻子さんは、年間1800杯のかき氷を食べるまさに氷の女です。年間1,800杯って!毎日5杯は食べてる計算になりますね。ヤバイ人です。お腹冷え冷えで下痢したりしないのかなあ・・・と心配になります^^;

なんでそんなに食べられるのかというとかき氷が好きすぎて自分でかき氷屋を運営しているんです。

原田麻子さんのお店の名前や場所、おすすめかき氷メニューなどを調べてみました。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

原田麻子(かき氷の女王)のお店の名前や場所は?

引用:https://www.glam.jp/resume_asako_harada/

おいしそうなかき氷を目の前に笑顔の綺麗な原田麻子さんですが、こんな大きさかき氷1日何個も食べるとは、とても見えないですね。

それはさておき原田麻子さんのお店の名前は、かき氷専門店「氷舎mamatoko(ママトコ)」です。

引用:http://chanto.jp.net/special/kakigori20180725/44766/

  • 場所 東京都中野区弥生町3-7-9 メゾンモンターニュ
  • 電話 調査中
  • 営業時間 
    • [月・水・木]14:00~19:00(L.O.18:30)
      [土・日]13:00~18:00(L.O.17:30)
      早じまい不定休あり
  • 定休日 水、金
  • アクセス 丸ノ内線中野新橋より徒歩7分。新宿西口から永福町方面バスで弥生町三丁目下車、徒歩3分。

 

最新の情報はツイッターなどでチェックしてから出かけたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

原田麻子(かき氷の女王)がすすめるかき氷とは?

原田さんがはずせないかき氷といえば、「京はやしや」のかき氷です。

原田さんがはじめてかき氷に魅了されてしまったかき氷です。

京はやしやの「雪山」というかき氷がオススメです。

引用:食べログ

「マツコの知らない世界」では、2019年夏のオススメかき氷も紹介されるはずですので、追記していきます。

「マツコの知らない世界」原田麻子おすすめかき氷まとめ(2019年版)!

2019年の進化系かき氷はすごいですね。世界でも通用するんじゃないでしょうか。

KAKIGORI CAFE&BAR yelo(イエロ)東京

  • 場所 東京都港区六本木5-2-11 パティオ六本木 1F
  • 電話 03-3423-2121
  • 営業時間 
    • [月~土] AM11:00~AM5:00(L.O.4:30)
      [日・祝日] AM11:00~PM11:00(L.O.PM10:30)
  • 定休日 正月休み 2017/01/02確認
  • アクセス 六本木駅より徒歩3分
  •  

あんこバターのコッペパン風味のかき氷って、すごいですね。ここまで進化してきているとは、驚きです。

  • 場所 東京都杉並区天沼3-6-24
  • 電話
  • 営業時間  11時30分~14時00分 17時00分~20時45分
    • 最新情報は、ツイッター確認を!
    •  

  • 定休日  不定休
  • アクセス 荻窪駅から北へ徒歩5分程度
  •  

氷匠ル・クレール 奈良県

  • 場所 奈良県奈良市高天町48 森田ビル B1F
  • 電話 0742-27-6060
  • 営業時間 10:00~16:00 日曜営業
  • 定休日 木曜日
  • アクセス 近鉄奈良駅下車 徒歩1分
  •  

氷匠ル・クレールの整理券配布時間

引用:https://www.facebook.com/leclair.kakigori/photos/rpp.243790512741371/689158868204531/?type=3&theater

氷匠ル・クレールさんは、6月~9月までの期間限定でかき氷の提供をしています。

とても人気店なので開店前から行列ができるお店です。

9時半から整理券の配布を行っています。整理券は、時間帯別で一人様4枚まで。1グループ4名までです。確実に食べたい場合は、整理券をゲットしておきましょう。

番組で紹介された「南瓜チー」は、7月もあるようです。

 翠玉堂(すいぎょくどう) 埼玉県行田市

  • 場所 埼玉県行田市行田5-7
  • 電話 048-556-2640
  • 営業時間 11:00~19:00 日曜営業
  • 定休日 月曜日~水曜日
  • アクセス 秩父鉄道「行田市」駅南口から徒歩約5分
  •  

翠玉堂さんは、メインはパン屋でかき氷も販売しています。しかもかなり変わり種のかき氷を創作していて話題です。

例えば、ぎょうざのかき氷。ラー油もかけてます。餃子感が半端ないそうです。ちょっと食べてみたいかも^^;

でも店主いわく、玄人向けのかき氷だそうです。店主からツイートをみるとちょっとためらいますね。^^;

かき氷も進化してますね~。

慈げん 埼玉県熊谷市

メシ系かき氷の超進化形・カレーアイスがすごい!

カレーにはフルーツが入っていて、氷に合うように工夫されていますが、カレーそのものですのでご飯でもいける絶品カレーです。マツコさんはむしろご飯で食べたい!と言っていました(^^)

  • 場所 埼玉県熊谷市宮町2-95 間庭ビル 1F
  • 電話 048-526-1719
  • 営業時間 完全予約制
    • 10:00~16:00 一時預り金 1席500円
      例 2席×500=1000円のお預かり。
      入店時に交換になります。
      2018 9/2~
      ・整理券配布開始時間 09:00頃までには
       ※早めに配布の時も有り。
       ※急な変更、臨時休業などはツイッターにて 
      慈げんの業務連絡を確認!
  • アクセス 熊谷駅より徒歩約9分
  •  

とうとうカレーまでトッピングされるとは、メシ系かき氷の進化がすごいですね!

ちなみに原田麻子さんのお店最新メニューは、こちらです。

気になるメニューが多すぎて、ヤバイですね。全部食べてみたい。みんな少しづつ味見したい。氷を山盛りで蜜を少しづつフルコースで食べられるようなメニューもあったらいいなあ(^q^)

スポンサーリンク

かき氷の温かい〆メニューまで用意されている名店とは?

かき氷がデザートではなくなりつつあるんですね。

〆でお茶漬けを食べるまでになっていることにどこまで進化するんだろう!?

茶匠 清水一芳園(京都)のお茶漬けまぐろ丼が人気!

宇治抹茶氷 亀を食べたあとに温かいお茶漬けまぐろ丼を食べるという人が急増中のようです。このお茶漬けまぐろ丼がめちゃ美味い!

これ単品だけでも十分に存在感あるのに〆メニューとは!

もうなんかかき氷の世界がミラクルになりつつありますね。どこにいくんだろうという感じです。^^;

スポンサーリンク

原田麻子のおすすめ家庭用かき氷マシーン!

お値段的にもなかなかですね。

でもこのかき氷器を使うとお店のふわっとしたかき氷が作れてしまうというすぐれものです。

ヒーター搭載の本格派で、わた雪のようなかき氷ができちゃいます。

原田麻子の経歴とは?

原田麻衣子さんは、1983年生まれで現在(2019年)36歳です。多摩美大を卒業後は、新聞社に就職しています。

OLをしながら休みの日にかき氷の食べ歩きを始めていたそうです。

  • 2003年 20歳 学生時代に「京はやしや」のかき氷の出会い、かき氷に魅了される
  • 2007年 24歳 仕事をしながら、本格的にさまざまなお店のかき氷を食べ始める
  • 2012年 29歳 この頃には、普通にかき氷を年間1000杯以上食べるようになる
  • 2013年 30歳 かき氷店をオープンするために、貯金をスタート
  • 2014年 31歳 かき氷専門店を仮オープン
  • 2015年 32歳 「マツコの知らない世界」(TBS系)に出演し、“かき氷の女王”と呼ばれるようになる
  • 2016年 33歳 会社を退職、かき氷専門店「氷舎mamatoko」を正式オープン
  • 2019年 36歳 「マツコの知らない世界」(TBS系)に2回目登場
スポンサーリンク

まとめ

  • 原田麻子(かき氷の女王)のお店の名前は、かき氷専門店「氷舎mamatoko」
  • 原田麻子(かき氷の女王)のお店の場所は、東京都中野区弥生町3-7-9 メゾンモンターニュ、住宅街の中にある
  • 原田麻子(かき氷の女王)がすすめるかき氷は、京はやしやのかき氷

人間一つのものを突きつめていくと、それだけで第一人者になれて食べていけるようになるんですね。原田麻子さんをみているとなんだか勇気をもらえます。

純粋に好きだからこそ、大変なことでもやっていかれるのでしょう。原田麻子さんのかき氷食べてみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク