【月夜野きのこ園】しいたけ栽培キット(菌床)で育てた感想は?とれすぎてビックリ!

スポンサーリンク

こどものしいたけ嫌いが少しでもなくなればと思って、しいたけの菌床栽培キット通販で購入してみました。

購入したのは、日本ではじめて栽培に成功した雪割茸を栽培している群馬県にある「月夜野のきのこ園」さんの通販ショップからです。

実際に育ててみた感想・レビューをお届けします。

スポンサーリンク

【月夜野きのこ園】しいたけ栽培キット(菌床)で育てた感想(レビュー)とは?

月夜野きのこ園さんのしいたけ菌床栽培キットを購入して、育ててみましたが正直えー!こんなに採れるのー!!という感じでしいたけがニョキニョキでてきてビックリ!!ヮ(゚д゚)ォ!

上の画像は、マニュアルどおりに菌床をセットしてお風呂場の窓のところに放置しておいたものですが、設置して5日ほどでこの状態です!!

その間は、とくに何もしていなくてまったくの放置です。手間いらずでした!

子供といっしょにスゲーなと感心してしまいました!

正直簡単すぎるというのが感想です。

そして、ニョキニョキ生えてきて成長も早いので楽しい!

毎日お風呂に入るたびに成長を観察できて、「オー今日も大きくなってるー!」と面白かったです。

収穫も手でもぎ取るだけ!という簡単さです。

スポンサーリンク

どれくらい収穫できるの?

同梱されていた説明書によると、2~3回は収穫できると書いてあります。

この記事執筆時点で1回目に出てきたしいたけを完全に採り終えて、2回目の成長を待っているところです。

1回目の収穫量は?

1回目に出てきたしいたけの大きなものを6個収穫しました!

大きさは、5cm~8cm程度のものです。スーパーなどで販売されているものよりもやや大きいかと思います。

重さは、144.4g(6個)です。肉厚で立派なしいたけがとれました!

残りのしいたけは、2日後と3日後の2回にわけてすべて収穫しました。

中型のボウルにほぼ一杯になるぐらいにとれました。大小混ざっていますが、15個です。

重さは、258.7gでした。

その3の収穫では、しいたけ7個(90.4g)でした。

  • 1回目:その1の収穫 6個 144.4g
  • 1回目:その2の収穫 15個 258.7g
  • 1回目:その3の収穫 7個 90.4g

1回目の発生分のしいたけは、全部で28個(493.5g)です!

個人的な十分な量がとれてとても満足でした。

収穫のたびに新鮮なしいたけをソテーにしたり、鍋やお味噌汁に入れて美味しくいただきました(^q^)

それでも少し余ったので、干し椎茸にしました。

2回目でどれくらいでてくるのか?また後日追記していきます。 

栽培の注意点は?

きのこが発生してくるタイミングは、菌床を設置する環境に大きく左右されるので、置き場所に注意が必要です。

同梱されていた説明書には、直射日光を避けて人間が快適だとおもう環境に置いてくださいということと、気温差があるときのこが発生しやすいと書かれています。

設置場所については、この点に注意しておけばきのこが勝手に生えてきます。

しいたけ栽培キットの設置場所を変えて実験してみた!

月夜野きのこ園のしいたけ菌床栽培キットは、菌床が2つ入ってくるので、実験的に場所を変えて設置してみました!

一つは、お風呂場の窓のところ。

理由は、お風呂の時間は、とても快適な温度で湿度もたっぷりです。朝や昼間は逆に温度が下がるので、気温差はかなりある場所だからです。

もう一つは、玄関の内側のところ。

理由は、日中と夜~朝の気温差が出やすい場所で直射日光が入らない場所だからです。

実験の結果は?

お風呂場のほうが、きのこの発生が早かったです!

お風呂場に設置して2日目には、もう小さなキノコが発生していました!

玄関のほうも少し遅れて発生してきました。

結果的には、どちらも問題なくしいたけが成長してくれました。

ただ、お風呂場のほうがより発生条件的には良いといえそうです。

家庭で栽培するならお風呂場がおすすめでしょう。

収穫時の注意点!カビ発生に注意!

しいたけは、軸の根元から石づき部分をしっかり取りきりましょう!

しいたけの軸部分が残っているとそこからカビが発生しやすくなります!

上の画像は、収穫後の菌床です。しいたけが生えていた部分は、根元からごそっりともぎ取っています。

しいたけの根元をしっかりと指でつまんで回転させるようにもぎ取るとうまくコロッととれやすいです。

スポンサーリンク

【月夜野きのこ園】しいたけ栽培キット(菌床)の内容は?

月夜野きのこ園のしいたけ栽培キットの中身は、上の画像のものが同梱されてきます。

  • しいたけ菌床 2個
  • 杉板のトレー 2個
  • ビニール袋 2つ
  • 説明書(栽培方法) 1通

杉板のトレーは、本物の杉板を薄くスライスして貼り合わせたもので、とてもいい杉の木の香りがします。

一度使うとペラペラになってしまって、ひび割れてくるので強度がなくなるのが難点ですね^^;

スポンサーリンク

【月夜野きのこ園】しいたけ栽培キット(菌床)の価格は?

月夜野きのこ園ネットショップ しいたけ菌床販売
引用:https://www.tsukiyono.co.jp/onlineshop/

月夜野きのこ園では、しいたけの菌床を2個セットと5個セットで販売しています。

  • しいたけ菌床5個セット 4,360円(税込)
  • しいたけ菌床2個セット 2,539円(税込)

※調査時点では、送料込の値段です。

【月夜野きのこ園】しいたけ栽培キット(菌床)はもとがとれるの?

しいたけ菌床栽培キットは、2個セットで2,530円です。

このしいたけ菌床からどれくらいしいたけが収穫できると元がとれるんだろうと気になってしらべてみました!

まあ、元がとれるというのは単純に普段スーパーで購入する価格との比較です。

地元のスーパーで売られているしいたけの価格が参考値です。

地元スーパーでは、生椎茸(菌床)が100gあたり179円(1.79円/g)税抜でした。

この1.79/g(税抜)・税込1.93円/gを元に計算すると、

しいたけ菌床2個セット・2,539円(税込)÷ 1.93円/g(税込)=1315.5g

ということは、今回購入した2つのしいたけ菌床から約1.3kgのしいたけが収穫できれば金額的に元がとれたということになりますね。

現在、1個のしいたけ菌床から1回目の収穫で493.5gとれています。

単純に金額換算すると、493.5g × 1.93円/g = 952.5円分のしいたけが収穫できています。

なかなかいい感じの収穫量ですね。

2回目でどれくらい収穫できるのかわかりませんが、ほぼ同量が収穫できるとすれば十分に元がとれると言えそうです。

個人的には、すでにこれだけ収穫できれば栽培体験ができて子供と体験が共有できるという価値もいれると十分に元がとれているという感覚です(^^)

とても良い商品でおすすめですね。

>>> 月夜野きのこ園のしいたけ菌床栽培キットを購入してみる!

スポンサーリンク

まとめ

  • 【月夜野きのこ園】しいたけ栽培キット(菌床)で育てた感想(レビュー)とは?
    • → 簡単に栽培できて、十分に収穫できたのでとても良かった!
  • 【月夜野きのこ園】しいたけ栽培キット(菌床)の内容は?
    • → しいたけ菌床5個セットと2個セットがある。
  • 【月夜野きのこ園】しいたけ栽培キット(菌床)の価格は?
    • → しいたけ菌床5個セット 4,360円(税込)
    • → しいたけ菌床2個セット 2,539円(税込)
  • 【月夜野きのこ園】しいたけ栽培キット(菌床)はもとがとれるの?
    • → 十分に元がとれるとても良い商品

月夜野きのこ園のしいたけ菌床栽培キットは、実際そだててみてかなりおすすめだと思います。

自宅で簡単に栽培できて、おいしいしいたけを食べることができますよ(^q^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク