財前直見のありがとうファイルが気になる!通販やレビューをチェック!

2020年2月22日に放送された「世界一受けたい授業」で女優の財前直見さんが自身の本「ありがとうファイル」というものを紹介していました。

番組を見ていると自分でも「ありがとうファイル」を作ってみたくなったので購入して、やってみることにしました!

財前直見さんの「ありがとうファイル」購入先(通販)や他の人のレビューなどもチェックして紹介していきます!

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

財前直見の「ありがとうファイル」の通販は?

 地元の書店では、見かけなかったので通販で購入することにしました!

田舎なので本を購入するとなるとAmazonや楽天、ヤフーショッピングなどの大手通販サイトで購入することがほとんどです!

最近は、新刊でも電子書籍版がだいたいあるのですぐに読んでみたい人にはとても便利ですね。

今回の財前直見さんの「ありがとうファイル」もAmazonのKindle電子書籍版があったので購入してみました。

>>> 「ありがとうファイル」AmazonのKindle電子書籍版をみてみる!

AmazonのKindle電子書籍は、PC、タブレット、スマホでも読むことができるのでとても便利に利用しています!

電子書籍版と紙版ならどちらがいいの?

これは、好みも大きいので一概には言えないのですが、個人的には小説やビジネス書などは、紙版を購入することが多いですね。

ただ、今回の「ありがとうファイル」は内容をみてみると財前直見さんが「ありがとうファイル」を作るに至った経緯やファイルの具体的な作り方を解説しているガイド本という要素が強いので、じっくりと読むというよりは必要なところをパラパラ見る感じかなあと思ったので電子版でも十分かなあと思ったので価格も少し安い電子書籍版にしています。

結果的には電子版で十分だったかなあと思っています(^^)

スポンサーリンク

財前直見の「ありがとうファイル」のレビューや感想とは?

使いやすい、画期的
50代前半ですが、前にもエンディングノートを購入した事があるのですが、書き換えしたりする事も多く、汚くなるのが嫌でした。
これはファイルに挟めるので、便利です。
ですが、パソコン・プリンターが無いとかえって不便だとも思います。
財前さんの記載例があるのですが、財前さんのじゃなくても良いので、もう少しあると記載する意欲が増すと思います。
なかなか印刷画面が出ずに、出版会社に問い合わせましたが対応は親切で好感が持てました。
じっくり終活を進めたいと思います。

引用:Amazon

エンディングノートだと何となく重いな、と思っていたけれど、今を楽しく未来を楽しく生きるノートなので楽しく整理ができる。
もちろん、自分や家族が亡くなった時、残った人が困らない様に必要な事もまとめる事ができて、購入してとても良かったです。

引用:Amazon

自分の人生設計にもつかえるし、大事な書類の整理にも役に立ちます。
最初は、ダウンロード出来るフォーマットを使って書き込みをし、
自分仕様に作りなおしました。
いちからは思い付かない事もたくさんあったので、とても参考になりました。
終活用というより、家の整理に使えるので、どの年代にもお薦めです。

引用:Amazon

実際に購入した人のレビューは、参考になりますね。

Amazonのカスタマーレビューでは☆4.1と高評価です。

楽天ブックスのレビューでは、3.75とこちらも高評価ですね。

スポンサーリンク

財前直見の「ありがとうファイル」を読んで実際に自分のファイルを作ってみた感想!

この本を読むと財前直見さんの人となりがよくわかる気になるというか、財前直見さんてこんな人だったんだあと実感できますね~。

いつもドラマなどでちょっと怖いというか強い女性というイメージがありましたが、この本を読むとと財前直見さんの素の部分が出ていてとても好感がもてました!

そして、自分でも「ありがとうファイル」を作ってみたくなる本です。

実際に自分の「ありがとうファイル」を作ってみた感想!

正確には、作り出している最中の感想です。

いきなり全項目つくってやろうというのは、かなり無謀というか挫折しますね^^;

ですので記入できるところから少しずつ埋めていくのがいいです!

ライフプラン(自分年表)から作りはじめました。フォーマットがあるので記入しやすいです(^^)

自分で作ってみて思ったのは、今後の人生を見える化する作業はともて大事だなあと感じたことです。

自分の年齢や家族の年齢を書き込んでいくだけでも随分と考えることがでてきます^^;

そして、このままではヤベェ-と実感できます(・_・;)

今後の人生について考えさせられますねー^^;

時間を見つけてファイルを作って次のお正月ぐらいには、両親のファイルもヒアリングしながら書き込めたらなあと思っています。

この「ありがとうファイル」は、リングファイルにしておけば随時更新していけるのがいいですね!

家族分のファイルができればとても良い財産になるような気がします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク