鈴木瑛美子のフロントメモリの歌詞に共感!本家を凌ぐ出来栄え!?

鈴木瑛美子(すずき えみこ)さんと聞いてパッと思い浮かぶ人は、どれくらいいるだろうか。

まだまだメジャーとは言えませんが、湖池屋のCMやカラオケバトルですごい迫力の歌声の女の子と言えば、あー!あの娘かと思い出すかも知れません。

私も2018年5月から公開されている映画「恋は雨上がりのように」の主題歌「フロントメモリ」を聴いていて、いい歌で歌詞の内容もいいなあと思っていたら、この鈴木瑛美子さんが歌っているとわかり、あー!と思い出したくらいです。

今回は、鈴木瑛美子さんのカバー曲「フロントメモリ」を詳しくみていきたいと思います。

早速、行ってみましょう!

スポンサーリンク

鈴木瑛美子のフロントメモリの歌詞に共感!

まずは、歌・鈴木瑛美子さんと亀田誠治さん編曲・アレンジのカバー曲「フロントメモリ」を映画「恋は雨上がりのように」のMVで見て聴いてみましょう。

アップテンポの曲調と鈴木瑛美子さんのハイトーンなパワフルボイス、さらに映画で主演をつとめる小松菜奈さんのかわいい映像で、きっと前向きな気分になる動画です。

映画「恋は雨上がりのように」の世界観とこの曲がとてもマッチしていて、よく見つけてきたなというか、鈴木瑛美子さんの歌唱力と亀田誠治さんのアレンジがよすぎて、素晴らしいです。ついつい口ずさんでしまいますね。

フロントメモリの曲調も頭に残るものですが、歌詞にもなんだか共感してしまいます。

フロントメモリの歌詞はどんなもの?

フロントメモリの作詞・作曲は、神聖かまってちゃんのボーカル兼作詞・作曲も手がける「の子」さんです。

歌詞には、の子さんの世界観がよく出ていると思います。

ガンバロっかな 今日は それは 昨日のつづき
屋上でまた崩れかけてる
男女の電車は恋バナ 終電に乗った帰りは
Recしたこんな夕方です
急に アイスが 食べたい 真夏日
外は テカテカしてまぢあっちーし
僕はこの 恐怖症みたいなやつを 時々 感じちゃうから
42 キロの 重いは 絵文字使った 歪な 想いは
Recした 夕方の中
heybaby,yobaby,heybaby

いつまでも先に進めないのは
こんな夏さ また
きっついサイズシューズがさ
スリーポイント キメないでしょ
今日はやる気はないって ラッキーアイテムを持って
Hip Hopなフリして自分とギリ生きている
会話も了解ですメールすらも居留守して1人歩いた
iloveyouって英語で習ったんだっけ?
(So) ガンバレないよガンバレないよ
Yo,そんなんじゃいけないよ
I,m bloody girling 主役は boring です
Say Yeah!
急にアイスが食べたい真夏日 外はテカテカしてまぢあっちーし
扇風機に顔ぶんぶん当ててはカエルのようにこうなっちゃって
3時の感じにもたれて 窓の外をうとうと見るたび
自分なんて分からなくなってきた
heybaby, yobaby, heybaby
いつまでも先に進めないのは
こんな夏さ また
きっついサイズシューズがさ
スリーポイント キメないでしょ
そして夏さまた
Recした風景は再生せずに NEwBeat 朝はとても
夏 SUMMERTime
8月駅降りて
田んぼで叫んだりして
単純に
ガンバロっかな今日は それは昨日の続き
屋上でまた崩れかけてる
男女の電車は恋バナ 終電に乗った帰りは
Recしたこんな夕方です
(So) ガンバレないよガンバレないよ
Yo,そんなんじゃいけないよ
I,m bloody girling 主役は boring です
Say Yeah!
ガンバレないよ
ガンバレないよガンバレないよ
Yo,そんなんじゃいけないよ
I,m bloody girling So bloody happy で
Yeah!
先の 夏さまた
Say Yeah! Yeah! Yeah! Yeah! Yeah!
Yeah! Yeah! Yeah! Yeah!
先の夏さまた
Say Yeah! Yeah! Yeah! Yeah! Yeah!
そして夏さまた
Recした風景は再生せずに NEwBeat 朝はとても
夏 SUMMERTime
8月駅降りて 田んぼで叫んだりして
Comeonbaby yeah!yeah! yeah!,,,yeah!,,,,,,
引用:「フロントメモリ」作詞・作曲:の子

の子さんの学生時代の気持ちを思い出しながら作詞されているのかもしれませんが、若者の日々の頑張らないといけないというプレッシャーに対して、そんなに頑張れないないよという正直な気持ちを吐き出しつつ、何に対してがんばろうとしているのかもわからなくなってくる状態がイメージできますね。

そして、また同じ日常が繰り返されていくことに対して、とにかく「say Yeah!」と声に出して、ノリで気持ちのモヤモヤ感を吹き飛ばしてしまえ!というメッセージも感じます。

そもそも音楽には、そういう気持ちの不満やモヤモヤ感を音にのせて表現するものかもしれmせんが・・・。

そうすることで逆にストレスが解消され、前向きな気持ちになれる効果があるのかもしれません。この「フロントメモリ」を聴いているとそんな感じがします。

鈴木瑛美子さんてどんな人?

「フロントメモリ」をカバーしている鈴木瑛美子さんについて見ておきましょう。

引用:https://www.cinra.net/interview/201803-suzukiemiko

  • 名前 鈴木瑛美子(すずき えみこ)
  • 生年月日 1999年5月16日(19歳・2018年)
  • 出身 千葉県木更津市
  • 学歴 木更津市立波岡中学卒、千葉県立袖ヶ浦高校卒、大学進学
  • 家族 両親、姉の4人家族 家族でコーラスグループ「スギモトファミリー」を結成
  • 所属 フリー LINE MUSICからの配信が多い
  • 経歴 
    • 「全国ゴスペル甲子園2015」優勝
    • 2016年 関ジャニ∞のThe モーツァルト音楽王No.1決定戦 出演
    • 2017年 湖池屋CM出演

2018年3月に高校を卒業して、大学に進学しています。大学名は未公表です。語学の勉強をしたいということらしいので、東京外大か上智大学あたりに進学しているのかもしれないですね。いずれわかると思うので、分かり次第追記していきます。

家族でコーラスグループを作ってコンサートやCDも出しているので、その環境で育てば勝手に音楽好きになりますね。音楽好きというよりは、日常で当たり前になっているのかもしれません。

個人的に記憶に残っているのは、湖池屋のCMですね。

このCMが流れた時は、なんだこのパワフルな女の子はという感じで衝撃でした。このCMが高校2年の時ですから、歌のポテンシャルがすごいですね。

彼女の当面の夢は、2020年の東京オリンピックで歌を唄うことだそうです。なんか新しい国立競技場で本当に歌っていそうな感じがします。

ぜひ実現させてほしいですね。オリンピックで歌えば世界デビューです。

(関連記事)

亀田誠治さんてどんな人?

「フロントメモリ」の編曲アレンジを担当した亀田誠治さんは、とても有名な音楽プロデューサーだったんですね。

引用:https://twitter.com/seiji_kameda

亀田誠治さんは、1964年生まれ、音楽プロデューサー・ベーシスト。

これまでに手がけたミュージシャンは、椎名林檎、平井堅、スピッツ、GLAY、いきものがかり、JUJU、エレファントカシマシ、大原櫻子、GLIM SPANKY、山本彩、D-LITE、東京スカパラダイスオーケストラなどそうそうたるメンバーです。2004年椎名林檎らと東京事変を結成しますが、2012年に惜しまれつつも解散。2007年と2015年の2回、日本レコード大賞、編曲賞を受賞しています。

一流の音楽プロデューサーですね。この人が神聖かまってちゃんの「フロントメモリ」を鈴木瑛美子とアレンジするとこうなるのかというのが今回のMVを見るとよくわかりますね。

だから映画の世界観とマッチしているんだと納得です。

スポンサーリンク

本家の「フロントメモリ」はどんな感じ?

神聖かまってちゃんの本家「フロントメモリ」は、ちょっとイメージが違います。鈴木瑛美子✕亀田誠治「フロントメモリ」を聴いてからだとなおさらそう感じるかもしれません。

歌い手とアレンジの違いでこれほどイメージが違うとはという感じです。

まずは、オリジナルを聴いてみましょう。実は、オリジナルといっても2つあります。

1つ目は、歌い手は川本真琴さんです。

このMVに出ている女性が川本真琴さんだと思ってしまいますが、実はこの女性は元モーニング娘の新垣里沙さんです。

ところどころで女装しているの子さんが出ています。よくみないとわかりませんが^^;

ほんとに歌っているみたいですよね。

2つ目は、さらに尖った感じの曲です。

この曲のイメージは、神聖かまってちゃんのイメージそのものという感じです。

「フロントメモリ」がこれだけ楽しめるのもいいですね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 鈴木瑛美子✕亀田誠治「フロントメモリ」は、曲調や歌詞が映画「恋は雨上がりのように」の世界観とベストマッチ。
  • 神聖かまってちゃんのオリジナル「フロントメモリ」は、作詞・昨曲のの子さんの世界観がストレートに曲にでている。

鈴木瑛美子さんを掘り下げていくと、関係している人達がさらに凄い人達だとわかりました。すごい人達同士のシナジーが半端ないですね。

鈴木瑛美子さんのボーカリストとしての才能がそういう凄い人達を引き寄せているのだと思います。

彼女の歌に対する想いや情熱がどんな歌でも自分のものにしてしまう力を与えているのでしょう。

これからの活躍が本当に楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする