ブリの緑茶しゃぶしゃぶが免疫力アップに効果的!作り方を紹介!

冬に旬を迎える寒ブリは美味しいですね。

ブリ大根とか最高に好きですが、今回は免疫力をアップするのに効果的なブリしゃぶの食べ方を紹介します。

ブリを緑茶でしゃぶしゃぶすると免疫力がアップするという食べ方です。

詳しい作り方を紹介していきます。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

ブリの緑茶しゃぶしゃぶが免疫力アップに効果的!作り方を紹介!

ブリの緑茶しゃぶしゃぶの作り方はとても簡単です!

鍋に緑茶をいれて沸騰したらブリをしゃぶしゃぶするだけです。

めっちゃ簡単!

緑茶は、きゅうすでいれてもいいですし、お茶パックに茶葉をつめて鍋に2,3個入れて沸騰したら取り出すというのでもOKです。

粉茶でもいいですね!

個人的には、粉茶のほうが茶ガラもでないし茶葉の栄養素もまるまる摂れるので良いと思います。

ブリの緑茶しゃぶしゃぶのメリットとは?

緑茶でブリをしゃぶしゃぶすることで緑茶の殺菌、消臭効果でブリの生臭さがなくなり、香りも爽やかでさっぱりと食べられます。

さらに、緑茶にはテアニンという免疫力を高めるアミノ酸が豊富に含まれていて、ブリに含まれている免疫力を高める成分・シスチンとの相乗効果が期待できます。

緑茶に含まれるテアニンとは?

お茶の旨味成分がテアニンで、お茶に含まれるアミノ酸の半分以上がテアニンだそうです。

テアニンは、新茶や玉露などに多く含まれていてお茶特有の成分です。

テアニンは、お茶に含まれているカフェインの興奮作用を抑制する作用があることがわかっています。

さらに脳の神経細胞の保護やリラックス効果をもたらすこともわかってきています。

ブリに含まれるシスチンとは?

シスチンとは、アミノ酸の一種であるシステインが2つ結合したもので鶏肉などにも多く含まれています。

あと大豆などにも比較的多いアミノ酸です。

最近の研究では、このテアニンとシスチンを一緒にとると体の自然免疫力がアップすることがわかってきています。

それ故に、

緑茶とブリをかけ合わせることができるブリの緑茶しゃぶしゃぶが免疫力アップに最適な食べ方というわけです。

実際の夕食では、ブリをしゃぶしゃぶするだけだと物足りないので、水菜やお豆腐、きのこなどを一緒に煮て食べてもいいでしょう。

最後は、ご飯をいれてお茶雑炊(お茶漬け)にするのがおすすめです。

シメのときに昆布茶があればご飯と一緒にいれてお茶漬けにするとさらに美味しいです。

いろいろアレンジできるので試してみてほしいですね。

まとめ

免疫力がアップするブリの緑茶しゃぶしゃぶの作り方は、とても簡単ですね。

鍋に緑茶をいれてブリをしゃぶしゃぶするだけで、緑茶とブリに含まれる免疫力アップ成分を一度にとれるので最強です。

寒い冬場の風邪、インフルエンザ、コロナに打ち勝つだめに体の免疫力を高めていきましょう!

寝ても体がだるいとか口内炎ができやすいというのは、免疫力が低下しているサインなので、そんな時は、ブリの緑茶しゃぶしゃぶで免疫力を回復するのがいいですね。

緑茶を使った免疫力アップには、緑茶チャイもおすすめ!

緑茶のテアニンと牛乳のシスチンのダブル効果が期待できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク