シトラスチョコレートケーキ(小堀紀代美レシピ)のまとめ!作って見た感想も!

冬場にコーヒーや紅茶と一緒に食べたいのがチョコレートケーキですね~(^q^)

自家製のチョコレートケーキは、ついつい食べすぎてしまうので危険ですが、レモンの風味が味わえるシトラスチョコレートがNHKの「きょうの料理」で紹介されていたのでおもわず作りたくなってしまいました^^;

シトラスチョコレートケーキのレシピは、料理・菓子研究家の小堀紀代美さん考案です。

シトラスチョコレートケーキのレシピと作って見た感想もレポートしていきます!

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

シトラスチョコレートケーキ(小堀紀代美レシピ)のまとめ!

この投稿をInstagramで見る

kiyomi kobori(@likelikekitchen)がシェアした投稿

自宅でこんなチョコレートケーキが作れるとは、テンションあがりますね。

番組でみていてもとても簡単そうだったので、思わず作れるかもと思ってしまいました(^^)

小堀紀代美のシトラスチョコレートケーキの材料(18cmのケーキ型の分量)

  • チョコレート 75g ※ブラックチョコがよく合う
  • バター 75g 無塩
  • 塩 一つまみ
  • 卵 3個
  • 砂糖 90g グラニュー糖
  • アーモンドパウダー 55g
  • ココア 15g
  • アマレット ※アーモンドの香りがするリキュール 入れなくてもOK
  • レモンの皮 1個分

アーモンドパウダー(アーモンドプードル)は、なかなか自宅に常備している人はいないと思うので、素焼きアーモンドとミキサーやコーヒーミルがあれば自作してもOKです。

小堀紀代美のシトラスチョコレートケーキの作り方

下準備は、チョコとバターを湯煎して溶かしておきます。

① チョコとバターを湯煎して溶かしたら、混ぜ合わせておきます。

※塩を一つまみいれると甘さが引き立ちます。

② 卵と砂糖をボウルに入れて、泡立てる。

※今回自作した時は、砂糖をてんさい糖を使用しています。

※泡だての目安は、泡立て器で角が立ち始めるくらい。

③ 泡立てたところに溶かしたチョコレートを2~3回にわけて入れて混ぜていく。

※チョコレートを一度に入れるとうまく混ざりにくいので、かならず分けて入れていく

③ チョコレートを投入したら、アーモンドパウダーとレモンの皮を2/3投入して混ぜ合わせる。

④ クッキングシートを敷いたケーキ型に③を入れる

⑤ 180度のオーブンで20~30分焼く

※オーブンによって熱の伝わり方が違うので様子をみながら時間を調整

※今回は、レシピにはないクルミを表面にチラしてみました

※表面にひび割れがでてきたら焼き上がりのサイン

⑥ 焼けたらココアを表面に振るって、残りのレモンの皮を振りかけて完成!

シトラスチョコレートケーキ(小堀紀代美レシピ)を作って見た感想も!

ほとんどお菓子作りをしたことがないので、実際に作ってみると準備から焼き上がりまで50分ぐらいかかりましたね。

ハンドミキサーがなくて泡だて器を使ったので結構疲れました。

アーモンドパウダーもなかったので、素焼きアーモンドをミキサーにかけて粉末状(ペースト状になってしまった^^;)にして代用しました。

それでもレモンの風味とチョコの甘さがちょうどよくてとても美味しかったです。

それほど甘くないので、パクパク食べてしまう危険なチョコレートケーキです^^;

まとめ

小堀紀代美さんのシトラスチョコレートケーキは、お菓子作り初心者でもとても作りやすく、しかも美味しいチョコレートケーキです。

混ぜるものをかえたりしてアレンジもしやすいし、材料も身近にあるものでできるのでぜひお試しあれ!

※小堀紀代美さんの塩チョコナッツクッキーのレシピまとめ記事はこちら↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク