【満天青空レストラン】栃木県の宮ねぎとは?オススメの食べ方やお取り寄せ通販はある?

今回の「満天☆青空レストラン」は、栃木県栃木市吹上地区の宮町を中心に栽培されている伝統野菜「宮ねぎ」です。今まで見たことがないネギですね。どうやら江戸時代からの栽培されている地元の伝統野菜のようです。

どんなネギなのか、オススメの食べ方やお取り寄せ通販はあるのか調査してみました。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

【満天青空レストラン】栃木県の宮ねぎとは?

宮ねぎは、江戸時代から栽培される伝統野菜です。別名は「ダルマねぎ」というそうです。多分宮ねぎの形がずんぐりしているからでしょうね。

引用:満天青空レストラン番組予告

確かに変わった形のネギですね。肉厚で青い部分も美味しそうです。地中部分の白い部分も太く短く熱を加えると甘さが増しとろっとした食感が特徴です。うまそう!

引用:https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/12179

宮ねぎの旬は、11月後半から12月で霜にあたると甘さがさらにアップして美味しくなります。

主に贈答用(お歳暮)として出荷されてなかなか市場には出回らない逸品です。うーん!食べてみたい!

スポンサーリンク

宮ねぎのオススメの食べ方とは?

熱を加えると甘みが増すので加熱して食べるのが美味しく食べるコツです。冬場の定番といえば、鍋料理にいいですね。贅沢ですが、ネギ鍋は最高かも。

あとは、焼き鳥やすき焼き、天ぷらなどもオススメです。個人的には、すき焼きでいただくのがいいですね。下仁田ネギとも似た食感と甘みがあります。ただ宮ねぎのほうがより個性的な感じがします。

栄養的な観点では、緑の葉ネギ部分はあまり熱を加えると栄養価が下がるのであまり火を通さずに食べるほうが健康効果は高いです。

宮ねぎのお取り寄せ通販はある?

大手の通販サイト(楽天、Amazon、ヤフー)では取扱がありません。それでも調べてみると、JAの通販サイト・JAタウンに取扱がありました。

限定品ですが、5kgと2kgのラインナップですね。番組で放送されたらすぐに完売しそうです。確実にゲットするには、早めに注文したほうがよさそうです。

三つ編みチャーシューのお取り寄せ通販!

引用:https://www.ntvshop.jp/shop/g/g210-a000329-01/

三つ編みチャーシューのお取り寄せ通販は、日テレの通販サイト・ポシュレから購入可能です。

>>> 三つ編みチャーシューの通販をみてみる!(日テレポシュレ)

あと、わたせいさんの楽天ショップでも単品から購入可能です。

 

このチャーシューは、めっちゃうまそうでした!栃木市にいったら絶対食べたいものです。

スポンサーリンク

ネギの効果・効能とは?

ネギには緑色の葉の部分と白色の茎の部分がありますが、含まれる栄養素が変わるようです。

ネギ全体では、ビタミンA、C、カルシウム、βカロチンが含まれています。ただ、葉の部分のほうが栄養素が多いようです。

また、ネギ独特な玉ねぎににた匂いがありますが、その素は「アリシン」という物質です。アリシンは、ビタミンB1の吸収を助けてくれます。ただアリシンは、時間がたつと減ってしまうので食べる直前に調理するほうがいいです。このアリシンは、白ネギ部分に多く含まれています。

アリシンは、血行をよくして疲労物質である乳酸を分解してくれるので肩こりや疲労回復に効果的です。風邪を引いたときにネギを食べるというのは理にかなった伝統療法だったんですね。

まとめ

  • 【満天青空レストラン】栃木県の宮ねぎとは、栃木市内の宮町地区を中心に栽培されている江戸時代からの伝統野菜。
  • 宮ねぎの旬は、11月後半~12月。
  • 宮ねぎのオススメの食べ方は、鍋物、すき焼きが定番。
  • 宮ねぎのお取り寄せ通販は、JAタウンで数量限定で販売中。
  • 宮ねぎの効果・効能は、疲労回復、肩こりなどに効果あり。

宮ねぎは、一度は食べてみたいですね。各地には宮ねぎのような地域限定の伝統野菜が現代に引き継がれているので貴重な存在です。

ただ、宮ねぎも後継者問題に直面しているようでなんとか次世代につないでいく仕組みが必要ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク