【満天青空レストラン】新潟県南魚沼の黒舞茸が凄い!オススメ通販やレシピは?

今回の「満天☆青空レストラン」は、新潟県南魚沼産の黒舞茸です。今までは天然でしか採れなかった黒舞茸の栽培に成功したすごいきのこの匠が登場するようです。

黒舞茸は、通常のスーパーに売られている舞茸とは、香りも味も段違いにうまくて高級食材として、昔から取り扱われてきました。

この黒舞茸の栽培を可能にしたのですからほんとうに凄い栽培技術です。

栽培が可能となったことで今では、数量限定ですが市場にも流通したり、通販でも購入が可能です。とはいっても流通量は限られているので高級食材には違いありませんので価格は、普通の舞茸とは比べものにならないレベルですが・・・^^;

それでもお買い得なオススメの通販があるので紹介します。また、オススメのレシピについても一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

【満天青空レストラン】新潟県南魚沼の黒舞茸が凄い!

「黒舞茸」って近くのスーパーなどではなかなかみかけないですよね。高島屋や成城石井などのなどの有名百貨店や高級スーパーなどでしかお目にかからない食材です。

南魚沼産の黒舞茸は、世界で一箇所でしか作られていない貴重なものです。その場所は、大平きのこ研究所です。

大平親子2代で作り上げたきのこ栽培技術なくしては、この黒舞茸は天然でしか存在しなかったものです。

現在は、大平洋一さんという息子さんが、きのこの匠・茸士(きのこし)としてこの黒舞茸の栽培技術を開発しました。

by Rakuten

この大平親子のきのこ栽培にかける情熱は凄いものがあります。そのおかげで幻と言われた黒舞茸をいつでも食べることができるようになっているので素晴らしいことです。

大平きのこ研究所とは?

大平きのこ研究所は、大平洋一さんの父親で雪国まいたけの創業者である大平喜信さんが、雪国まいたけを追われてあらたに立ち上げた会社です。

引用:https://www.kuromaitake.jp/company.html

上の写真の中央の人が大平喜信さんです。彼の経験から舞茸の栽培技術は、すでに長年のノウハウの蓄積があったということになります。

  • 会社名 株式会社大平きのこ研究所
  • 設立 2015年6月
  • 代表取締役 大平 洋一
  • 本社所在地 新潟県南魚沼市余川876-1
  • 連絡 025-788-1025
  • 工場所在地 新潟県南魚沼市余川915-46
  • ホームページ https://www.kuromaitake.jp/

スポンサーリンク

南魚沼の黒舞茸のオススメお取り寄せ通販は?

大平きのこ研究所の黒舞茸を扱っている楽天ショップがあります。

家庭用と贈答用があり、家庭用はお買い得ですね。

家庭用

 

贈答用

 

南魚沼の黒舞茸のオススメレシピは?

黒舞茸の旨味をダイレクトに味わえるのは、網焼きです。

引用:Rakuten

網で炙ったあとに塩を軽くふって食べると黒舞茸の旨味をダイレクトに感じられる食べ方です。一番のオススメの食べ方はこの網焼きです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 【満天青空レストラン】新潟県南魚沼の黒舞茸が凄かった!
  • 南魚沼の黒舞茸のオススメ通販は、楽天ショップがオススメ!
  • 南魚沼の黒舞茸のオススメレシピは、網焼きがオススメ!

南魚沼にある大平きのこ研究所の黒舞茸をぜひ一度食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク