浅田すぐるの最新本「紙一枚!独学法」の評判とは?読んで見た感想、レビュー

「紙一枚」にまとめる達人、浅田すぐるさんの最新刊「紙一枚!独学法」サブタイトル「すべての知識を20文字でまとめる」の評判や実際に読んでみた感想などを紹介していきます。

早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

浅田すぐるの最新本「紙一枚!独学法」の評判とは?

Amazonのレビューを見てみると「☆4.9」ですごい高評価です。

by Amazon

レビューを見てみても、「目からウロコ」、「役に立つ」、「人に勧めたい」などの言葉が目立ちます。いくつかAmazonレビューを見てみると、

この本で目からウロコが出たのが、
『学び』を活かす
=自分の言葉にする!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この本のワークをやっていくと
学びを自分の言葉で咀嚼する=20字で
要約できるようになります。
この練習を続ければ「人に説明する」
レベルが上がって、「伝わる」力も
つくと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とにかくオススメです。

この本は仕事とは何か?果ては人生とは何か?ということまで考えさせてくれる本です。

この本は、読者に多くの気付きを与えてくれる本のようです。これだけ高評価だとビジネスパーソンとすれば読んでみるしかありませんね。

Amazonや書店での売れ行きも好調のようです。Amazonのビジネス書の売れ行きランキングは、現在7位でした(2018年12月8日調べ)。

SNSでの評判をみてみると、

SNSでも悪い評判や評価はまったくないですね。凄い価値を提供してくれる本だということですね。

スポンサーリンク

浅田すぐるの最新本「紙一枚!独学法」を読んだ感想・レビュー!

実際に「紙一枚!独学法」を読んでみたので感想をまとめておきたいと思います。あくまでも個人的なものですのでご了承ください。

浅田すぐるさんの読者への価値提供姿勢が凄いなと思いました。読者が具体的に行動しやすいようにこれでもかと仕掛けが施されています。

読者にいかに行動させるのか考えぬかれた本です。ある種ワークブックのような本でもあります。

学びを20文字にまとめるための秀逸なフレームワークが提供されいて、読者が行動することで紙一枚の価値に気づかせて、読者の資産になるように作り込まれています。

本の最後の部分でも書かれている学びは「他者貢献」が前提という考え方を体現した本です。

この本は、すべてのビジネスパーソンにオススメですね。一生ものの学びの方法が体得できる本です。

自分なりの学びを20字前後にすると、

「消費型学習から投資型学習への転換には他者貢献力が鍵」(24文字)

となりました。読者それぞれの学びがあると思います。

そして、この本をこれほどまでに学びの多い本に仕上げた裏方さんである編集者を忘れてはなりません。

その敏腕編集者がSBクリエイティブの多根由希絵さんという人です。この多根さんはベストセラーのビジネス書を連発する編集者です。

詳しくは、こちらの記事にまとめていますので御覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

  • 浅田すぐるの最新本「紙一枚!独学法」の評判は、とても良い。
  • 浅田すぐるの最新本「紙一枚!独学法」からの学びは、「消費型学習から投資型学習への転換には他者貢献力が鍵」。

浅田すぐるさんの紙一枚にまとめる技術へのこだわりと自信というか信念は、ほんとに素晴らしいと思います。

この紙一枚の技術を広めることで多くの人の人生に影響を与えていると思うととても意義のある仕事をされていると思います。

これからも多くの人を学びの世界に導いていってほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク