インフルエンザの全国流行状況2017-2018!予防に効く食べ物ランキングTOP3!

最近は季節に関係なくインフルエンザの発症例が出てきてますね。インフルエンザウイルスが強くなってきているのか、人間の免疫力が落ちてきているのか気になります。それでもインフルエンザが猛威を振るうのは冬場ですので注意したいですね。

そこで気になる2017-2018年にかけてのインフルエンザの全国流行状況を調べてみましたの見ていきましょう。

あわせてインフルエンザの予防に効く食べ物ランキングについても目からウロコの最新の研究成果とあわせて見ていきましょう!

スポンサーリンク

インフルエンザの全国流行状況2017-2018

2017年~2018年にかけてのインフルエンザの全国的な流行状況ですが、国立感染症研究所が発表している最新の状況(2018年1月1~7日)を全国マップで見てみましょう。

引用:https://www0.nih.go.jp/niid/idsc/Hasseidoko/Levelmap/flu/new_jmap.html

山形県を除いてほとんどの都道府県で注意報~警報が発令中です。特に九州と中部の警報レベルが高いですね。

2018年1月12日現在のインフルエンザ患者数は、79,930人。前年(2017年)同時期の患者数52,082人と比べると約1.5倍多い状況です。

インフルエンザウイルスの流行型は、検出状況をみると直近の5週間(2017年第49週~2018年第1週)ではAH1pdm09が最も多く、次いでB型、AH3型の順となっています。

2017年の同時期ではAH3型が多く、次いでB型、AH1型でした。毎年流行するインフルエンザウイルスの型は違ってきますし、とくにA型はどんどん変化していく性質があり事前に予測して作っておいたワクチンの型と違ってくる場合があります。A型は要注意ですね。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防に効く食べ物ランキングTOP3!

インフルエンザの予防や、発症してからのウィルスの増殖抑制をしてくれる食べ物があります。最強の食べ物を3つご紹介します。

ヨーグルト

引用:https://www.photo-ac.com

ヨーグルトはおなじみの食べ物ですね。近年の研究でヨーグルトに含まれる乳酸菌が免疫機能を高める働きがあることがわかっています。

いろいろな乳酸菌がありますが、なかでもインフルエンザに効果が高いという臨床結果が報告されているものが乳酸菌1073R-1株です。明治乳業と北里大学の共同研究報告によるとこの乳酸菌1073R-1株を含むヨーグルトを毎日食べたグループにインフルエンザウイルスの活性を抑制したり、予防ワクチンの効果を高める効果が認められています。

この研究結果から商品化されたヨーグルトがインフルエンザの流行時期になるとTVCMでよく見かける明治「R-1ヨーグルト」ですね。

引用:http://www.meiji.co.jp/dairies/yogurt/meiji-r1/

今やR-1シリーズは商品ラインナップも増えて好みに応じて食べやすくなってますね。

もちろんこれ以外のヨーグルトでも善玉乳酸菌が免疫力を高めてくれる効果はありますので、自分にあったヨーグルトを選んで毎日食べたい食べ物です。

納豆

引用:https://www.photo-ac.com

納豆といえば日本人にはむかしからお馴染みの食べ物ですね。人によって好き嫌いが分かれるようですが日本古来の伝統発酵食品です。この納豆も善玉菌である納豆菌のパワーによりインフルエンザウイルスの活性を抑制する効果が認められています。

納豆菌と一口にいってもその種類は、なんと2200種類以上!その中から免疫力upに効果がある「スーパー納豆菌」が発見されています。そのスーパー納豆菌が「S-903納豆菌」!通常の納豆の製造に使われている納豆菌よりも免疫に対する機能性が約1.5倍もあるそうです。

引用:http://www.natto-science.jp/s903.html

この研究成果は、「おかめ納豆」で有名な「タカノフーズ」さんが長年の納豆菌の研究から導きだしたものです。

この「S-903納豆菌」はノロウイルスなど他のウイルスにも予防効果を発揮することが確認されています。まさにスーパー納豆菌ですね。

さらに乳酸菌+S-903納豆菌をたべると効果倍増だそうです。つまりヨーグルトと納豆を一緒に食べるということが風邪やインフルエンザ予防に効果的ということになります。

このS-903納豆菌を使用した納豆も商品化されていますね。それが下のものです。

引用:http://www.takanofoods.co.jp/products/detail.php?id=114

まだあまり店頭ではみかけないのは気のせいでしょうか。普通の納豆もこのスーパー納豆菌で製造してほしいですね。タカノフーズさんお願いします!

はちみつ

引用:https://www.photo-ac.com

「はちみつ」もおなじみの食べ物ですが、むらしから滋養強壮として薬のような位置づけでもありますね。はちみつの主な成分は、消化吸収の早い果糖、ブドウ糖です。これは疲労回復に効き、腸内で善玉菌を増やして整腸効果も期待できます。

さらにはちみつには抗菌作用もありウイルスの活性を抑える効果も期待できます。ぜひヨーグルトにかけて食べたい食べ物ですね。はちみつヨーグルトはさっぱりした甘さでおすすめです。

まとめ

  • インフルエンザの全国流行状況はまさに流行シーズン中!九州~中部にかけて猛威!
  • 予防に効く食べ物ランキングTOP3はヨーグルト、納豆、はちみつで決まり!

2017-2018年にかけても11月から3月頃までは、インフルエンザの流行シーズンです。感染して発症しないために免疫力の強化が欠かせませんね。ぜひインフルエンザ予防効果の高いヨーグルト、納豆、はちみつをうまく組み合わせて食べる習慣を身に付けましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク