龍角散水が喉のイガイガを解消!?作り方やネットの評判は?

冬場は、部屋の中も外も乾燥して喉がイガイガしやすいですよね。のど飴が手放せない状態です。何かいい対策はないかと思っていたところに「龍角散水」というワードが目に止まりました。

これはなんだということで調べてみると舞台俳優さんの間でも愛飲しているとか、意外といいかもしれないと期待しつつ、作り方やネットの評判なども調査しています。

早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

龍角散水とは?喉に効くの!?

龍角散水が有名になったは、2017年のあるツイッターから話題になりました。

そのツイッターは、女優・ダンサーの宗山史(むねやま ちか)さんツイッターです。

龍角散水、めちゃ簡単にできそうです。舞台や役者さんの間では結構前から皆さん飲んでいるんですね。業界あるあるの一つでしょう。

宗山史さんも舞台をはじめてから龍角散水を知ったそうです。

スポンサーリンク

龍角散水の作り方は?

宗山史さんのツイートでは、500mlのミネラルウォーターのペットボトルに龍角散飴タイプ4~5個を入れて、30分~1時間放置しておくと完全に龍角散が完全に溶けるようです。

ただ冷たい水だと喉が締まるので、常温水かぬるま湯を使う方がいいというアドバイスもありました。

あるいは、魔法ビンなどにぬるま湯をいれて、そこに龍角散飴を溶かすと数分で完全にとけるので、冬の寒い時期にはいいかもしれないですね。

あと、龍角散飴の量は個人差があるので個人の塩梅でいいそうです。

2~3個で十分というリツートもありました。これは、自分で調節するのがいいようです。

粉の龍角散は、マズイのでやめましょう。しかも溶けずらいらしいです。

飲むときは、喉に当てるように、喉全体を湿らせるようにゆっくり飲むといいそうです。試してみよう。

ちなみに龍角散の袋タイプと携帯ステックタイプは、飴の大きさが違うので入れる個数は調整したほうがいいですね。袋タイプのほうが小さいのでやや多めがいいでしょう。

引用:https://www.ryukakusan.co.jp/productdetail/detail/10/14

スポンサーリンク

龍角散水の評判は?

この宗山史さんのツイートには、14万件のいいねがついて、7万5千件のリツートがついています。ヮ(゚д゚)ォ!

たしかに味は、かなりクセがありそうです。まあ、薬だと思って飲むと慣れるかもしれませんね。

宗山史さんもリツートの質問などにも丁寧に答えていて、誠実な人柄が感じられますね。おかげで龍角散水の活用の仕方がよくわかりました。

業界あるあるで一般に人は、意外に知られていなかったようですね。反響が大きいと思います。龍角散水を活用するひとが一気に増えたと思われます。

さっそく、作ってみたい気分です。

スポンサーリンク

まとめ

  • 龍角散水は、女優の宗山史(むねやま ちか)さんがツイートして話題に!
  • 龍角散水は、外出先でもミネラルウォーターに龍角散飴を数個いれて簡単にできる!

龍角散水はいいですね。飴をずっとなめていると口の中の上部分がザラザラしてくるので、何個も舐められないですからね。

龍角散水を一口ずつでもちょこちょこと飲むといいですね。

こまめに水を飲むのは、喉の乾燥を防いでウィルスなどの感染リスクを軽減するそうです。

病院の先生がインフルにかかりづらいのも患者を診察するたびに水を一口飲んでいるそうです。そうすると感染リスクが格段に下がるそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク