エバークック(evercook)の口コミ評判をチェック!使ってみた感想とは?

テフロン加工(フッ素樹脂加工)されたフライパンは、焦げ付きにくく手入れも簡単なので使っている人も多いと思います。

でも肝心のフッ素樹脂がすぐに剥がれてしまって、使い方によっては数ヶ月でフッ素樹脂が剥がれてしまうものもあります。

今までの経験上、使い方を注意して使っても1年もてばいいほうです。

便利なんだけどもすぐにフッ素樹脂がはがれてしまうのでもう少し持ってくれないかなあと不満に思っていました。

そこで、本格的な鉄のフライパンも検討してみましたが、個人的には一生モノなのでいいなあと思ったのですが家族からは重すぎて不評、結構なブーイング(泣)。

そこで軽いフライパンとなるとフッ素樹脂加工のアルミベースのフライパンということになります。

なんとか良いフライパンがないかと口コミや評判を探して見つけたのが「evercook(エバークック)フライパン」です。

今回は、家族4人で十分な量が一度に作れる深型28cmのエバークックフライパン(IH対応)のレビューです。炒めものや煮物、茹でなどいろいろ使える便利サイズです。

約2年間使ってみた感想も正直にレポートしていきます。

早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

エバークック(evercook)の口コミ評判をチェック!

実際に手に持った感覚は、想定内の重さでした。今までのものよりも少しだけ重いかもという程度でした。家族もこの重さならいいかという感じでした。^^;

通販サイトの口コミから見ていきましょう。

楽天のレビュー

まずは楽天のレビューから見ていきましょう。楽天のみんなのレビューの総合評価は、4.53とかなりいいです。

★★★★★

2年は余裕で長持ちします!
初めてリピート購入したフライパンです!!2年以上ストレスなく炒め物をしてもくっつかず使うことが出来ました!!深さもあり冬のお鍋もこのフライパンで作っています。十分な量が出来て大満足です。また、リピート購入すると思います。

2年も長持ちするならコスパはいいですね。

後ほど実際に2年ちょっと使ってみた感想も紹介していきます。

★★★★★

リピ使用
こちらのシリーズのフライパンは我が家では数年前からリピ使いです。もちも良く軽いので料理しやすい。こびりつかないしまたそれも長期間持続する。もしこびりつくよーうになってもすぐに買い換えることのできるコスパ。とても良いです。

リピーターがいるのは、期待大です。コスパもいいですね。

★★★★☆

大きいサイズの買い増し
今すでに22cmのを使ってます。中々、よいです。今回は買い増し。保証もあるので安心です。

この価格で保証付きは安心感がありますね。

※エバークックの保証内容については、後ほど詳しく説明します。

Amazonのレビュー

引用:Amazon

Amazonのレビュー数は、600弱もありますね。すごい数です。

その6割が星5つという高評価です。

ただ1割ほどが星1つ~星3つです。悪いレビューもみてみましょう。

レビューで高評価だったので購入しました。早速使おうと思って、オリーブオイルを入れたらフライパンの中心からどんどん端に行ってしまい、これは真ん中が出っ張っているのだと気付きました。それでも何度か使用しましたが、1ヶ月足らずで焦げ付いてしまいました。アマゾンでかなりの数のフライパンを購入しましたが、焦げ付きがこんなに早かったのは初めてです。二度と買いません。

1ヶ月足らずで焦げ付いてしまうとは、早すぎますね。

あとエバークックのフライパンの中心はわずかにふくらんでいます。

これは不良品とかではなく、そのように作られているようです。

食材の余分な脂が周辺に落ちやすいようにという工夫だと理解しています。

実際に水を入れてみると中央がわずかにふくらんでいるのがわかりますね

続いての低評価の口コミです。

この会社の保証制度は、実質ないに等しいので購入される方はお気をつけください。
購入して二ヶ月程度でフッ素加工がなくなり、使えなくなったので連絡すると、写真をメールで送ってとの事で、送ったところ、保証の対象外だと言われました。
なんでも中火以下で使用してたら炭化しないそうで、一部に変色があるのは強火で使用したからだそうです。
この変色はフッ素加工がなくなってきて、餃子がくっつくようになり、焦げ付いたもので極端な使い方はしてないので、相当気をつけて使わないと(要は通常のフライパンのように使ってはいけない笑)保証されません。
普通のフライパンよりは高額なので、これから購入を検討する場合は、他のフライパンもよく比較された方が良さそうです。
自分はこの会社の製品は2度と購入しませんが…。

この人も2ヶ月ほどでフッ素樹脂がはがれてしまったようです。(・_・;)

メーカーの保証制度への過度の期待はしないほうがいいようです。

フッ素の剥がれは問題ないですが鍋底が剥がれてきました( ‘△`)やっぱり1年もたなかった⤵️
保証はフッ素部分だけのようです。

review imagereview image

底面の外側がはがれてくるとは驚きです。こんな状況になったのをみることは滅多にありませんでした。写真をみるかぎり相当に使い込んでいる雰囲気ですね。^^;
ちょっとどんな使い方をされていたのかと思ってしまいます。

エバークック(evercook)の特徴は?

商品の底面側のパッケージにわかりやすくエバークックの特徴が2点書かれていました。

エバークックのフッ素樹脂がはがれにくい構造について力説されています。

  • 特徴① 独自のアンカー構造
    • フッ素樹脂をコーティングするベースのアルミニウム表面に工夫されていてフッ素樹脂がはがれにくい構造になっている。
  • 特徴② アルマイトコーティング
    • フッ素樹脂をコーティングするアルミ表面を酸化させてベースアルミニウム面の腐食を防止して、フッ素樹脂面のキズからアルミニウムが腐食しずらくなるように工夫されている。

エバークック(evercook)の1年保証とは?

商品についている保証書ですが、細かく9項目が記載されています。

保証書のポイントは、赤字で書かれている保証対象の部分2項目です。

  • 保証対象となるのは、あくまでも取扱説明書の注意書に従った使用によって生じた内面フッ素樹脂のはがれだけです。

保証対象外となる事例も写真付きで資料が添付されています。

購入時に商品についていた資料

エバークックの1年保証は、電化製品などについている1年保証と同じですね。製造時のなんらかの不具合による故障が保証対象です。

これは消費者からすれば当たり前のことで、メーカー側の製造者責任を1年間保証しますよというものです。ある意味あって当然のものですね。

ですのでメーカー側も過度な期待を消費者にあたえるような宣伝広告のキャッチコピーに「1年保証」と大きくアピールするのはいかがなものかと思います。

結局のところ誤解を生じさせてクレーム対応に追われることになりかねませんね。(・_・;)

エバークック(evercook)の正しい使い方とは?

鉄のフライパンとは全く違うので取扱説明書をよく読む必要がありますが、ほとんどの人は読まずに使ってしまうケースが多いと思います。^^;

しかし長持ちさせるためにも正しく使うことが重要ですね。

使用時の注意点は3つ!

  • 空焚きしない!予熱時間はほとんど不要!
  • 火力は「中」以下!
  • 使用後熱い状態のまま水をつけない!※急激な温度変化でフッ素樹脂が傷んだり、底面の変形が起こる可能性があります。

フッ素樹脂加工のフライパンは、焦げ付きにくく手入も簡単なので鉄製のフライパンよりも扱いやすいですが、そのフッ素樹脂を長持ちさせるためにも使い方に注意が必要です。

どちらも一長一短がありますね。^^;

スポンサーリンク

エバークック(evercook)を使ってみた感想とは?

焦げ付きやすいベーコンエッグを作ってみました。

IHでの火力設定は弱火ですが十分に焼くことができました。※IHの火力設定はメーカーによって違うので弱目設定で焼け具合をみてみるのがいいでしょう。

焼き方は、蓋をして蒸し焼きにすることで火力を上げなくても表面側も早く火が通ります。

底面もまったく焦げ付くことなくスルッととれました。このスルッと感がいつまで続くのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

エバークックを2年間以上使ってみた感想を正直レポート!

この記事を書き出してから2年以上が立ちましたが、いよいよエバークックの使用レポートを追記する日がやってきました。

正直、はじめの記事を書いたことを忘れかけていたので思い出してよかったです^^;

では、早速2年半使ったエバークックの状態を見ていただきましょう。

2年半使用したエバークック

我が家は、IHで使用していましたがIHでも中央部は火力が強いので色がかなり濃くなり焼けている感じです。

使用方法は、エバークックの取説に書かれている使用方法をかなり意識して使用していました。

IHでは、強火になる赤いメモリでは使用していません。中火の範囲で使用していました。

それでもフライパンの中央部は、火力が強くなるのでこのような状態になりました。

さらに詳しく見ていただきましょう。

フライパン中央部の拡大

大小の傷が多数ついていますね。

大きい傷の部分は、表面のフッ素樹脂の剥がれも発生しはじめています。

大きめの傷から徐々に剥がれにつながっていくようで、最近剥がれが目立つようになってきました。

大きなキズの原因は、フライパンを洗うときについた可能性が高いです。

料理中は、木べらや樹脂ベラなどを使っていたのでこのようなキズはまずつきません。

フライパンを洗って水切りに乾かすときによく水を切るために裏返して起きますが、そのときに別の食器にかぶせるように置くこともあったのでそのときに他の食器と接触してキズがついた可能性が高いですね。

これは結構盲点でした。

洗い物のときは気をつけたほうがいいですね。

フライパンの縁の部分のフッ素樹脂の剥がれ

フライパンの縁が思った以上にフッ素樹脂が剥がれが起きていました。

これは、原因がわかっています。

縁の剥がれは、炒めもののときに使用する木べらの使い方の結果です。

木べらについた食材を落とすために木べらを縁によく叩きつけていたので、剥がれてしまったと思われます。

あとは、ガラス蓋も使用していたのでガラス蓋の縁の金属部分との摩擦によってもダメージが大きかったと思われます。

まあ、この部分剥がれても特に問題はないです。

続いて裏側を見ていただきましょう。

2年半使用したエバークックの裏面

なかなか年期が入った塗装の剥がれ具合です。

IHのガラス面との摩擦でこうなるのは仕方がないですね。

他の部分は、とくに剥がれなどはみられません。

最後にとって部分を見ていただきましょう。

取っ手の止め金具などのグラつきなどは全くありません。

まだまだ使える感じです。

2年半使った使用感、焦げ付き具合などは大丈夫なの?

はじめの頃にくらべると、スルッという感じではなくなりました。

その状況は、フライパンの中央部でとくに顕著です。

変色していないフライパンの周辺部はまったく問題ありません。

それでも焦げ付いてどうしようもないという状況ではありません。

炒め料理でもとくにストレスを感じるレベルではないので、まだ使える感じです。

ただフッ素樹脂の剥がれが目立ってきたのでそろそろ買い替えかなあという気もしています。

3年は使いたいと思っているのであと半年ぐらいは様子を見てみたいと思います。

また、半年後にフッ素樹脂の剥がれ具合をレポートしたいと思います。

実際に2年半使った感想は、今までの安いフッ素樹脂加工のフライパンに比べるとはるかに持ちはいいですね。

大きなキズさえつけなければ、3年は使えるのではないかと思っています。

まとめ

  • エバークック(evercook)の口コミ評判は、星4.5以上とかなりの高評価。
  • エバークック(evercook)の特徴はフッ素樹脂がはがれにくいアンカー構造とアルマイトコーティング。
  • エバークック(evercook)の1年保証は、製造時の不具合を保証するもので内面のフッ素樹脂のはがれのみが保証対象。
  • エバークックを2年半使った感想は、安いフッ素樹脂フライパンに比べるとはるかに長持ちする。

エバークック(evercook)だけでなくフッ素樹脂加工のフライパンは、中火以下で使うことが長持ちさせるコツですが、それでも1年もつことはなかったのでエバークックがどれくらいもってくれるのか気になるところです。

まだもう少し使ってみてフッ素樹脂の剥がれ具合をみていきますので、

半年後にまたレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク